最近、古くからの友人である大石泰史さんから、ご著書をご恵送いただきました。
全く知らなかったんですが、来年の大河ドラマの時代考証を担当されるんですね。
久しぶりに連絡を取って、御礼とともにお祝いを伝えさせていただきました。

20161101.jpg

この本を贈っていただいたのは、古くからの友人だということもありますが、約20年前に井伊次郎法師直虎の唯一の関連史料といってもよい、遠州井伊谷徳政についての論文を書いたことにあると思っています。
大石さんのご著書でも、拙稿への批判や異論はもちろんありますが、大筋で積極的に評価して取り上げてくださり、光栄に思っています。
史料としては遠州井伊谷徳政関連ぐらいしかなくて、系図類に女性だという記述がある以外はよくわかっていない人物を主人公に、1年間どうやって話をもたせるのか、そもそも何でこの人物が選ばれたのか、部外者には全く以て理解できません。
時代考証のお役目には、きっとご苦労も多いのではないかと拝察します。
大石さんにはぜひよいお仕事をしていただき、今後のご活躍に結びついていけるよう、心から願っております。

大石さんは30年近く、今川氏と駿遠豆についてご研究を積み重ねられてきた研究者ですから、便乗商法(失礼)のように次々と出てくる類書に比べれば、これまでの研究の蓄積をきちんと踏まえ、理解されたうえで書かれているはずだという信頼感があります。
その大石さんによれば、遠州井伊谷徳政については、1995年までの「通説」、1995年の拙稿の新解釈、そして2001年初出の大石論文を踏まえた今回のご著書というのが、これまでの研究の推移であるようです。
研究史的にみても、そんなに注目されてきたわけでもないんですよね…。
だとすれば、ますますいったい何で…。

拙稿については、初出の『静岡県史研究』はもう入手困難でしょうから、拙著『戦国期の徳政と地域社会』(吉川弘文館、2001年、ただし品切れ)、あるいは池上裕子・稲葉継陽編『展望日本歴史12 戦国社会』(東京堂出版、2001年)にも採録されていますので、関心のある方はご一読いただければ幸いです。

いま振り返ってみても、この論文はその後の自分の研究の方向性を確立したという点で、重要な意味を持つものになりました。
戦国大名の行う徳政とそれを受け止める在地社会、徳政令のはざまで生き残りをはかる銭主、それぞれの動きを地域社会の中でとらえようとした研究視角と方法は、徳政、蔵、有徳人、村・町の在地社会をテーマに、地域社会の中でその実態と歴史的意義を追究する拙著へと展開していきました。

遠州井伊谷徳政の論文は、もともとは修士論文の中心テーマにしたかったものですが、構想段階で後北条氏の徳政令と蔵の問題に大きくシフトしたため、棄ててしまうのはもったいないと、補論のかたちで修士論文に組み込んで提出したものです。
D2のときに、指導教員である村井章介先生のご推薦で静岡県史編纂委員会に加えていただいた際に、『静岡県史研究』への掲載を薦めていただいた記憶があります。
同時に、委員のお一人であった有光友學先生には、夏の戦国・織豊期研究会での報告を薦めていただき、当時はまだ中堅・若手でもあった、戦国期研究者であれば誰もが知っている錚々たるメンバーたちと面識を得ることができました。
ある意味で、駆け出しの研究者の名前を知ってもらう、名刺代わりのような報告でした。
そして『静岡県史』通史編の執筆の際に大石さんと知り合い、豪華な執筆陣に交じって仕事をすることになります。

大石さんのおかげで懐かしく思い出した、約20年前、まだ20代の頃(笑)の話です。
今日は恒例のオープンキャンパスでした。
昨今は年に何度も開催する大学も珍しくないのですが、福大は年1回、前期の正規試験も終わった、8月初旬の日曜日に開催されます。
(ただし、今年度から秋にもミニオープンキャンパスがある…という噂も)

昨年度は初めて「古文書学実習」として参加しました。
今年度は行政政策学類のほか、福島大学うつくしまふくしま未来支援センター(FURE)でも、歴史資料保全支援担当の柳沼特任准教授の発案により、同様の企画を実施することになりました。
さらにCOC事業「ふくしま未来学」のコーナーでも、富岡町との歴史資料保全活動の紹介をお手伝いすることになったため、協力を申し出てくれた15名の学生たちを三手に分けてのフル回転です。

開始は9時50分のはずですが、8時半前に到着した電車からは既に見学の高校生らしき集団が…。
われわれは9時に集合し、行政政策学類大会議室とFUREの両方の準備に着手しました。

20160807オープンキャンパスbg (5)

20160807オープンキャンパスbg (1)

行政棟では、古文書の撮影体験を中心に、関連図書類を展示することにしました。
ノーマルな撮影台と、スライダーによって横帳を一度に撮影する台と2種類を用意しました。

20160807オープンキャンパスbg (15)

20160807オープンキャンパスbg (9)

一方のFUREは、古文書の記録撮影体験とあわせ、クリーニングのための器材や道具を展示しました。

20160807オープンキャンパスbg (8)

20160807オープンキャンパスbg (7)

20160807オープンキャンパスbg (11)

20160807オープンキャンパスbg (2)

学内では各学類のイベントや関係部門の企画が目白押しで、次第に来場客も増えてきました。
どんなことをするかは全くの学生任せです。
見ていると本当に面白いもので、来場者に声をかけ、ビラを配って呼び込みをしたり、辞書を持ち出して古文書を読んでもらったり、興味関心を持ってくれた方をさらにFUREに案内したりと、放っておいても自分たちでいろいろ考えてくれます。

20160807オープンキャンパスbg (10)

20160807オープンキャンパスbg (12)

20160807オープンキャンパスbg (14)

行政政策学類の見学ツアーが始まると、あっという間の人だかりになります。

20160807オープンキャンパスbg (6)

FUREはやや離れた場所にあるため、人の流れを呼び込むのは難しいのですが、それでも見学者が来られると、同様に撮影体験をしてもらうなどしました。

20160807オープンキャンパスbg (3)

COC企画の紹介スペースでは、いろいろな自治体がグッズの配布による宣伝に力を入れていました。
富岡町も「とみっぴー」のグッズが並べられていました。
休日にわざわざお越しいただいた三瓶学芸員さんには恐縮するばかりです。
学生たちとともにグッズ配布と説明をお手伝いさせていただきました。

20160807オープンキャンパスbg (4)

昼過ぎからは学生生活委員の公務(学生相談の対応)で拘束されましたので、様子がわからないところがあるのですが、撮影してもらったスナップ写真を見る限りでは、午後もしっかりやってくれたようです。
本来ならば休日のところ、多くのゼミ生たちに手伝ってもらうことができました。
みんなのおかげです。本当にありがとう。
来場していただいた方々は勿論のこと、口コミでもいいので、われわれ歴史系ゼミと歴史資料保全活動の存在を少しでも認知してもらえるようになることを期待しています。
6月13日は、当ブログを開始した日で、丸3年になります。
すっかり忘れていて、気づいたらとっくにもう4年目に入っていました…(^_^;)

1年前はfacebookページを開設してまもない頃で、まだ慣れていないこともあり、情報発信ではなおブログの比重が大きかったのですが、この1年ですっかり様変わりしてしまいました。
わたしが管理するふくしま史料ネットの情報発信ツールがfacebookページなので、研究室の情報発信も自然とfacebookページにシフトしていった感じです。

facebookを始める前はものすごい抵抗感があり、本当に半年間迷って(笑)、それこそ「清水の舞台から飛び降りる」くらいのつもりで始めました。
やってみると情報をシェアできるのが手軽だし、情報がどの程度広まっているのかが何となくつかめるのもいいところかもしれません。
気軽に更新できるホームページという感じで重宝しています。
ただし、たとえweb上で反響があったとしても、現実は全く違うということもよくわかりましたけど(笑)。
いまは、Facebookページは写真などを主体にして、まとまった長い文章になりそうなときはブログを使うようにしています。

このブログの「はじめに」でも書いたように、「福大行政政策で歴史が学べることを知ってほしい」「ふくしま史料ネットはこんな活動をしている」という情報発信のために開設したものです。
その結果、3年も経つと、ずいぶんといろいろな情報が集積されるようになりました。
たまに調べものがあるときに該当する記事を読みなおしたりすると、けっこう役に立ちます。
いつまで続くかわかりませんが、これからも福大行政文化史ゼミ、そしてふくしま史料ネットの活動のあゆみの記録として、細々とでも投稿を続けていこうと思っています。
これからもよろしくお願いいたします。
今日は3限の古文書講読を30分早く開始し(受講生の皆さん、申し訳なかったです)、徳竹先生の教養演習(1年次ゼミ)が大学近隣の松川地区の巡検に行くというので、お邪魔させていただきました。
主目的は、松川スマートICを経由する際に素通りするだけで見たことのない、伊達氏の「八丁目城跡」です。

大学前から路線バスで松川市街地に。
地域史ゼミ4年のYくん、Wくん、文化史ゼミ4年のMちゃんも参加しました。
現地で政治思想史の小島先生も合流されました。

スタートは「こでらんに福島通 八丁目宿」のスタート地点でもある、松川支所・学習センター。
真新しい看板を前に、地元の郷土史家、文化財愛好家など、たくさんの出迎えをうけました。

20160609松川巡検bg (1)

わたし自身は今日はおまけなので、最後尾で「殿(しんがり)」をつとめつつ、いつも通り?自発的に写真係に徹しました。

モデルコースに従い、街道の分岐点である「六地蔵道標」から市街地の巡検をスタート。

20160609松川巡検bg (2)

20160609松川巡検bg (3)

要所要所で詳しい説明を受けながら、いよいよ八丁目城へ。

20160609松川巡検bg (4)

故小林清治先生の文章が掲載された説明板が出迎えてくれました。

20160609松川巡検bg (5)

20160609松川巡検bg (6)

20160609松川巡検bg (7)

当初は登る予定はなかったようですが、小島先生とわたしだけでも登ろうとしたら、結局は全員で本丸まで登ることに(笑)。
わがままにつきあわせてしまったかたちになりましたが、やさしい徳竹先生は「ここまで来たらやはり登らないと」と仰ってくださいましたし、何より若者たちが先頭を切って元気に登っていくので、まあいいかなと(笑)。

とりあえず本丸まで登りました。
奥州街道の交通の要衝に臨み、二本松(畠山氏)方面への抑え、戦略拠点としても重要なところだと、あらためて感じました。
なかなか見晴らしもよかったです。

20160609松川巡検bg (9)

20160609松川巡検bg (8)

その後は旧奥州街道に沿って、めがね橋から天満宮へ。
中世、近世、近代のさまざまな歴史・文化遺産が息づいた、古い伝統ある宿場町であることを実感できます。

20160609松川巡検bg (10)

20160609松川巡検bg (11)

地元の皆さんが地元の歴史・文化遺産に誇りを持ち、大切にしようと積極的な活動を展開し、若者たちを巻き込んで街の活性化につなげようという意気込みには圧倒されるばかりです。
まだ初々しさの残る1年生たちが、これからの成長とともに、きっといい学びの成果を生み出してくれるでしょう。
期待していますので、ぜひがんばってください。

今日は長年の夢であった八丁目城をざっと見学できただけでも、充実した一日となりました。
お誘いいただいた徳竹先生、ご案内いただいた地元の皆様には心より感謝申し上げます。
昨年度から実施している、春の文化史ゼミ旅行。
今年度は、思いつきでいくつか候補をあげた中から、ゼミ生たちの投票で日光に決まりました。
寺社だけでなく、華厳の滝なども見たいというので、宇都宮から貸切バスをチャーターすることにしました。
まとまった人数で利用すると、思ったよりリーズナブルなんですね。

今回は考古学ゼミから2名、地域史ゼミからは徳竹先生と3年生、また文化史ゼミの卒業生も2人参加してくれました。
e美ちゃん、k織ちゃん(笑)、ありがとうね。

9時半に宇都宮を出発。
いろは坂を登って、11時前には華厳の滝に到着。
エレベーターで観瀑台まで降りました。

栃木に田舎がある割には、記憶の中では小学生の頃に観たきりじゃないかな…。
なかなかの光景でした。

20160514ゼミ旅行@日光 (1)

中禅寺湖にまわったときには小雨がちらほら。
でも、それ以外は好天に恵まれました。



そのまま市街地に行き、大型駐車場を備えた観光施設で昼食。
輪王寺強飯式を模した器に盛られた湯波料理の数々と栗おこわに満足しました。

20160514ゼミ旅行@日光 (4)

日光の寺社は目下修理中のところが多いのですが、むしろ今しか見られないのが、修理現場の様子です。
輪王寺は7階まで登って作業風景を見ることができます。

20160514ゼミ旅行@日光 (8)

20160514ゼミ旅行@日光 (7)

せっかくなので、ゼミとして檜皮を寄進してきました。

20160514ゼミ旅行@日光 (6)

東照宮は中1以来かな…。そのくらい昔?の話です。

20160514ゼミ旅行@日光 (3)

20160514ゼミ旅行@日光 (2)

ちなみに、現代の眠り猫と見ざる言わざる聞かざるです(笑)。





帰りがけに集合写真をお願いしました。

20160514ゼミ旅行@日光 (9)

台紙もしゃれています。



思いの外、見学に時間を要し、東照宮を出る頃にはバスの出発予定時刻に。
予定を急遽変更し、慌ただしく大猷院廟を見てお土産を買い、宇都宮へ。
懇親会をしてから、それぞれの帰路につきました。

都合がつけば来たかったと言ってくれた卒業生たちが何人もいました。
それだけ、ゼミ旅行って楽しい思い出なんですよね。
いつまでも共有できる楽しい思い出づくりの一齣にしてもらえたら嬉しいです。

そんなゼミの一大イベントである、秋のゼミ旅行。
金曜日のゼミで希望者のプレゼンがあったのですが、「1週間熟慮したい」という3年生の要望があり、投票は来週となりました。
さて、今年度はどこに行くことになるのでしょうか…?