12月15日、マスコミが一斉に、来年の大河ドラマの主人公である「女地頭」井伊直虎が男ではないかという新史料が発見されたと報道しました。
朝日 毎日 読売 日経 産経

当然のことながら、マスコミや世間は「井伊直虎は男か?」と大騒ぎしていますが、かつて遠州井伊谷徳政の論文を書いた一歴史研究者としては、新出史料によって、戦国期の井伊氏と井伊谷地域の実態解明が進展する可能性が出てきたことを歓迎したいと思います。

報道によれば(日経)、井伊家の跡取り候補が次々と亡くなり、領内が混乱したことをうけて、今川氏真は家臣関口氏経の子で、氏経弟の新野左馬助の甥にあたる人物を井伊次郎として、井伊家の領地を与えたと記述されているといいます。

次郎直虎の名が登場するのは、永禄9年にいったん出されながら施行が停止されていた徳政令を、永禄11年11月になって再試行を命じた書状です。
論文を書いた当時は、関口氏経と次郎直虎が連署して出している理由がうまく説明できずにいました。
ここに出てくる次郎直虎が、関口が送り込んで「井伊次郎」とした人物であるとするならば、父が子をサポートしたものと解せることになり、スムーズに理解できます。

また拙稿では、永禄9年の最初の徳政令の試行を停止した「井主」を「井伊家の主人=直虎」とする通説に対し、永禄11年9月の瀬戸方久宛今川氏真判物に出てくる「主水佑」に比定し、背景に永禄期の井伊家の家督と家中の混乱があることを想定しました。
今回の新史料でも、井伊家の家督と家中の混乱が記述されているようで、拙稿の推定が裏付けられることになります。

その意味で、井伊家の筆頭家老木俣氏の聞書は、一次史料から想定される史実を説明するのにうまく符合することもあり、信ぴょう性は高いと考えてよいのではないかと思います。
あとは、読んでみないと何といえないので、史料の全容が公開されることを期待したいところです。

それにしても、井伊美術館が50年前に購入しておきながら放っておかれた史料が読み返されることになった(日経)こと自体もそうですし、マスコミがこぞって大きく報道したのも、すべては大河ドラマの主人公だからです。
そうでなければ、いずれ読み返されることはあったとしても、一部の戦国期研究者の間で話題になった程度だったはずです。
ある意味で、大河ドラマさまさまといったところでしょうか。

なお、付言すれば、井伊次郎が関口氏経の子、新野左馬助の甥であるとする聞書の叙述を前提に、井伊次郎と次郎直虎が同一人物であると解するならば、次郎直虎は男性ということになります。
一方、先の瀬戸方久宛今川氏真判物に「次郎法師年寄誓句幷主水佑一筆」と出てくるように、先立って方久に買地安堵状を出している「次郎法師」は、本来の井伊家の人物(当主か)で、関口の送り込んだ「井伊次郎」とは別人であった可能性も想定されます。
事実、一部報道でもそのように解釈できることが伝えられています。

かつて拙稿では、井伊次郎法師が女性であるという前提で、「年寄誓句」という語句をもとに「家老を中心とした一族・家臣団が強い後見を以て次郎法師を支えていただけでなく、政治的決定権についてもかなりの影響力を持っていたと推察される」と説明しました。
女性だから後見が必要だったなどと言うと、「おんな地頭」のイメージを崩すものだ、女性を軽視していると批判されそうですが、もしこの推論が妥当であるならば、井伊家の流れを引く「次郎法師」が女性で、関口氏経の子の「井伊次郎」が「次郎直虎」であり、別々の人物の話が一人の話になってしまったと解する余地もあります。

考えてみれば、江戸時代になって次郎法師が女性だという話が出てくるのもやや唐突で、根拠となるそれなりの伝承があったものと推察されます。
それこそ齋藤道三の親子二代美濃攻略が道三一代の事績にまとめられた話ではありませんが、二人の人物の事績が一人のものにまとめられてしまったのであれば、井伊次郎法師が女性であったとする可能性も全く捨てきれないところです。
もちろん、次郎法師が男性であっても、歴史像が解明された結果であれば、それはそれでよいと思います。

ということで、久しぶりに(?)20年以上前に書いた旧稿を少しばかり読み返してみました。
あらためて既知の史料を読み返してみる必要がありそうですね…。
機会があれば、ぜひ新出史料の内容も知りたいところです。

珍しくブログで自分の研究のことにふれた(笑)雑感でした。

阿部浩一『戦国期の徳政と地域社会』
前回の続きです。何と記念すべき?200号目の記事です。

第3日

博多でYちゃんと別れ、九州新幹線(個人的には初めて乗りました)で熊本を経由し、南の宇土市に向かいました。
誕生日祝いで見かけたのの本物に出会いました(笑)。

20161105熊本 (16)

cb65a1fd-6e08-4660-b13c-21c44fb080f3_medium.jpg

ご案内いただくのは宇土市教育委員会の大浪さん、そして約20年ぶりの再会となる、熊本県立図書館学芸員で地元出身の青木さんです。
横浜国大の有光友學先生のもとで出会った『静岡県史』編纂の補助作業者と大学院生が、熊本地震を機に再び「つながる」なんて、予想だにできませんでした。
不思議な縁ですが、きっと有光先生が天から引きあわせてくださったのでしょう。感謝申し上げます。

まず大浪さんに、城下町を歩いてご案内いただきました。

20161105熊本 (1)

歴史ある武家屋敷が被害に遭ったほか、屋根にビニールシートを被せた家屋が多くみられ、あらためて熊本地震の被害の深刻さを思い知らされます。
重要な歴史的建造物ということで、保全に動こうとされているそうです。

20161105熊本 (2)

宇土の城下町には轟水源から引いて来られた轟泉水道が今でも利用されています。
現役としては日本最古と言われているそうで、その水道を辿って宇土城跡へと向かいました。

20161105熊本 (3)

20161105熊本 (4)

特徴的な赤い石は馬門石といって、古墳時代には畿内などへも運ばれて石棺に使用されていたそうです。
10年ほど前に、実際に石を古代船に乗せて輸送する実験も行われたそうです。
ロマンがあって、面白いですよね。

今度は青木さんのご案内で、近世の宇土城跡を廻りました。
現在は宇土高校や住宅地などになっているため、一見さんがふらりと立ち寄っても何もわかりませんが、地元に精通した方にご案内いただくと、本当にわかりやすく、面白く巡検できます。

20161105熊本 (5)

20161105熊本 (6)

20161105熊本 (7)

20161105熊本 (8)

縄張図を片手に、城の痕跡を辿って歩きつづけると、ようやく城らしい雰囲気の場所に着きました。
ここでしばし、九州の戦国史についての講義をいただきました。

20161105熊本 (9)

20161105熊本 (10)

小西行長像のある本丸跡で、花見の時のようにシートを敷いていただいて昼食。

20161105熊本 (12)

お弁当を手配していただきました。たいへん助かりました。
有光先生との思い出話を交えた青木さんのお話しは、雑談のようでありながら、一人の研究者としての奥深い話で、それこそ授業で多くの学生たちに聞かせたいものでした。
一緒に聞いていたゼミ生たちはどう受けとめたでしょうか。

小西行長像の前で記念撮影。

20161105熊本 (11)

引き続き城内を巡り、今度は麓の西岡神社から中世宇土城跡に向かいました。

20161105熊本 (13)

もともとは宇土氏、名和氏が拠点とし、小西行長がその東側に新たに城を築いたことから、中世と近世の宇土城があります。
縄文と柵が復元してあったこともあってか、解説は中世の戦争、戦法の話に及び、よほど興味を引いたのか、学生たちは楽しそうに聞き入っていました。

20161105熊本 (14)

20161105熊本 (15)

宇土高校の構内に戻り、板碑などを見学したのち、歩いて城下町を巡検。
これまた随所にかつての名残りが見られ、歴史あるまちならではの面白さを体感しました。

20161105熊本 (19)

20161105熊本 (20)

途中、教育委員会にもお邪魔しました。

20161105熊本 (22)

ここでは大浪さんから、宇土市の多様な取り組みについてお話しいただきました。
『宇土市史』の編さん資料を市民に公開して利用できるようにしたり、公文書の保全整理を条例で定めたり、「うと学」を立ち上げて地元の人たちと地域を知り、学ぶなど、かなり積極的に取り組んでおられます。
公務員になる、これからめざす学生たちにとっては、現場の生きた声を聞かせていただけて、たいへん勉強になりました。

最後に、轟泉水道の終点でもあり、川舟の荷の集積場としても栄えた船場橋を見て、宇土駅まで送迎いただきました。

20161105熊本 (21)

20161105熊本 (23)

宿は玉名温泉、青木さんのご紹介の宿へ。
男組は送迎バスに大型荷物を預け、青木さんがぜひ見て欲しいと仰っていた繁根木八幡宮を見学。
またおみくじ引いてるよ…しかも恋愛運だって(笑)。

20161105熊本 (17)

20161105熊本 (18)

さすがに日も暮れて真っ暗になってしまったので、もう一つおすすめの高瀬津の見学は断念し、歩いて宿へ。
いつもはビジネスホテルばかりなので、こういう旅館に泊まりたかったんだそうです。
食後に男全員で露天風呂に入ったのが、もしかしたら一番嬉しかったかもしれないな…。

最終日

泣いても笑っても(?)この日で終わり。
全員で美味しい朝食をいただいたのち、熊本市内へ。
まずは加藤清正と一緒に(笑)。
その後はくまモンと(笑)。

20161106熊本 (1)

20161106熊本 (3)

部分的ですが、城内を見学できることがわかったので、コースに沿って加藤神社まで向かいました。
報道で見聞きしていたとはいえ、崩落した石垣を目の前にすると、地震の威力の凄まじさがよくわかります。
今さらながら、震災前に見ておきたかったですね。

20161106熊本 (2)

七五三の季節ということで、加藤神社は参詣の親子連れで賑わっていました。

20161106熊本城

ここでいったん解散し、自由行動。
私は神社からまっすぐ降りて、被災状況を外から見ながら、一周しました。

その途中、城彩苑で11時半から始まったという、イケメン武士たちのショー(?)をのぞいてみました。
この日は小西行長が出るんだそうです。
揃いも揃ってはしゃいでいる娘たちを見て、こんなゼミ教員で悪かったねぇ、この野郎と思いつつ(半分は作り話、半分は…?)、面白いのでステージではなく観客を撮影(笑)。

20161106熊本 (4)

20161106熊本 (5)

その後は城の残り半分を見てまわり、熊本駅へ。
全員集合ののち、現地解散。
入場券を買って、新幹線ホームまでお見送りしました。

20161106熊本 (6)

女子はまっすぐ福島に戻りましたが、男子は有志で長崎に向かったそうです。
あとで聞いたら、好天で海も穏やかで、目的の軍艦島に上陸できたそうです。よかったね。

とにかく4日間好天に恵まれ、上着を着ているのが暑いくらいの強い陽射しでした。
彼らに学んで欲しいことはたくさんありますが、何より堀本さん、青木さん、大浪さんがいい先生になってくださいました。
博物館の学芸員として、公務員として、あるいは歴史学を学んで地域に関わる者としてどうあるべきか、何が大事なのか、たくさんのことを教えてもらったはずです。
一人ひとりが自分で理解し、感じとったことを、ぜひ将来のキャリアに生かしてもらいたいものです。

4年生は学生時代最大の思い出を胸に、卒論まっしぐらで突き進んでください。
3年生はだんだん残り少なくなっていく4年生と共有する時間を大切にしてください。
学生時代の忘れられない、かけがえのない思い出の一齣となったのであれば幸いです。
今年度は隔年で、学生のプレゼンにより行先を決定する年度にあたります。
小西行長LOVEという不思議少女M子さまの推す九州案が、5月の投票で下馬評通り(?)最多得票数を獲得しました。
行先を決定したのが4月の熊本地震のあとで様子が分からなかったこともあり、今回は福岡とあわせて廻ることにしました。
長いので(笑)、福岡編と熊本編の2回に分けます。

第1日
地域史ゼミのYちゃんが博多まで参加するため、総勢23名という大所帯です。
そのため、初めての現地集合方式を採りました。
団体での飛行機利用、成田からのLCC、新幹線、中には東京から夜行バス(!)という猛者もおりました(笑)。

午後2時に宿泊先に集合し、最初の目的地である福岡市博物館に。
最寄の西新駅からのルート上にはサザエさん発祥の地があるということで、サザエさん通りを経由して向かいました。
いまでは埋め立てられて景観がわかりませんが、かつては海岸線が随分中寄りにあったんですね。

20161103博多blog (3)

20161103博多blog (5)

博物館では、古くからの友人である学芸員の堀本さんに懇切丁寧にご案内いただきました。
5年前に訪れた後、展示をリニューアルしたそうです。
初めて見る金印はどうだったでしょうか。
『蒙古襲来絵詞』の話もずいぶん勉強させていただきましたね。
中世の国際都市博多の魅力も存分に伝わったのではないかと思います。
わたしはたぶん、「刀剣女子」なるものがなぜいるのか、わからないなりにわかったような気がしたのは収穫だったかもしれません(笑)。

20161103博多blog (1)

20161103博多blog (4)

その後、駅まで戻りがてら、西新地区の元寇防塁もご案内いただきました。
途中、西南学院大学のキャンパス内にある防塁の一部も見学させていただきました。
最後はかなり日も落ちてきましたが、詳しくご説明いただき、ありがとうございました。

20161103博多blog (6)

20161103博多blog (2)

夜は各自で食事に。
あとで聞いたところ、もつ鍋、ラーメンなど、思い思いに地元の名物を楽しんだそうです。
教員は5年前に考古学ゼミの旅行に交じって博多を訪れたときと同じお店で、堀本さんと久しぶりに楽しいひとときを過ごしました。

20161103博多blog (7)

第2日

最初は電車で行けるところということで、生の松原地区の元寇防塁へ。
前日に堀本さんにご説明いただいていたので、イメージが喚起できたのではないでしょうか。
せっかくなので記念の1枚を。

20161104福岡blog (1)

その後、天神に戻り、西鉄線で太宰府へ。
大宰府政庁跡は、5年前に考古学ゼミ旅行に交じって初めて訪れた場所です。
今回は文化史ゼミ生たちと一緒に来ることができました。久しぶりに戻ってきた感覚です。
全体、学年、男女別と(笑)さまざまな集合写真を撮って楽しみました。

20161104福岡blog (2)

20161104福岡blog (3)

20161104福岡blog (4)

20161104福岡blog (5)

20161104福岡blog (6)

日本三戒壇の一つである筑紫観世音寺をまわって、太宰府駅までは恒例の「ひたすら歩き」です(笑)。

20161104福岡blog (7)

夜の懇親会で、足が相当疲れたと言ってた人が多かったですが、うちのゼミ旅行はとにかく歩き通すのが伝統なんですから、今さら何を言っているんでしょう。しかも20歳前半の学生たちなのに。
でも、予想していたよりは確かに遠かったです(笑)。

各自で昼食をとったあと、太宰府天満宮へ参詣。
毎年そうなんですが、何でみんな、あんなにおみくじが大好きなんでしょうか(笑)。

20161104福岡blog (8)

その後、九州国立博物館へ。

20161104福岡blog (9)
20161104福岡blog (10)

ちょうど企画展で鳥獣戯画を展示しているところだったのですが、当日は「50分待ち」。
京都国立博物館で数時間並んで見たときに比べれば、50分なんて何てことはありません。
学生たちに聞いたら全員「行きたい」というので、予定を変更して見ていくことに。
何度見てもいいです。大好きです(笑)。
みんなものせられて(?)グッズをいろいろ買っていました。

20161104福岡blog (11)

20161104福岡blog (12)

20161104福岡blog (13)

集合まで思い思いの時間を過ごし、夜は懇親会場へ。
博多の名物である水炊き鍋を中心とした料理を美味しくいただきました。

20161104福岡blog (14)

20161104福岡blog (15)

20161104福岡blog (16)

終了後はそのまま残る人、宿に帰る人もいる中で、男4人で連れ立って長浜ラーメンに。
これまた美味しかったです( ^ω^ )

20161104福岡blog (17)

その2は熊本編です。
最近、古くからの友人である大石泰史さんから、ご著書をご恵送いただきました。
全く知らなかったんですが、来年の大河ドラマの時代考証を担当されるんですね。
久しぶりに連絡を取って、御礼とともにお祝いを伝えさせていただきました。

20161101.jpg

この本を贈っていただいたのは、古くからの友人だということもありますが、約20年前に井伊次郎法師直虎の唯一の関連史料といってもよい、遠州井伊谷徳政についての論文を書いたことにあると思っています。
大石さんのご著書でも、拙稿への批判や異論はもちろんありますが、大筋で積極的に評価して取り上げてくださり、光栄に思っています。
史料としては遠州井伊谷徳政関連ぐらいしかなくて、系図類に女性だという記述がある以外はよくわかっていない人物を主人公に、1年間どうやって話をもたせるのか、そもそも何でこの人物が選ばれたのか、部外者には全く以て理解できません。
時代考証のお役目には、きっとご苦労も多いのではないかと拝察します。
大石さんにはぜひよいお仕事をしていただき、今後のご活躍に結びついていけるよう、心から願っております。

大石さんは30年近く、今川氏と駿遠豆についてご研究を積み重ねられてきた研究者ですから、便乗商法(失礼)のように次々と出てくる類書に比べれば、これまでの研究の蓄積をきちんと踏まえ、理解されたうえで書かれているはずだという信頼感があります。
その大石さんによれば、遠州井伊谷徳政については、1995年までの「通説」、1995年の拙稿の新解釈、そして2001年初出の大石論文を踏まえた今回のご著書というのが、これまでの研究の推移であるようです。
研究史的にみても、そんなに注目されてきたわけでもないんですよね…。
だとすれば、ますますいったい何で…。

拙稿については、初出の『静岡県史研究』はもう入手困難でしょうから、拙著『戦国期の徳政と地域社会』(吉川弘文館、2001年、ただし品切れ)、あるいは池上裕子・稲葉継陽編『展望日本歴史12 戦国社会』(東京堂出版、2001年)にも採録されていますので、関心のある方はご一読いただければ幸いです。

いま振り返ってみても、この論文はその後の自分の研究の方向性を確立したという点で、重要な意味を持つものになりました。
戦国大名の行う徳政とそれを受け止める在地社会、徳政令のはざまで生き残りをはかる銭主、それぞれの動きを地域社会の中でとらえようとした研究視角と方法は、徳政、蔵、有徳人、村・町の在地社会をテーマに、地域社会の中でその実態と歴史的意義を追究する拙著へと展開していきました。

遠州井伊谷徳政の論文は、もともとは修士論文の中心テーマにしたかったものですが、構想段階で後北条氏の徳政令と蔵の問題に大きくシフトしたため、棄ててしまうのはもったいないと、補論のかたちで修士論文に組み込んで提出したものです。
D2のときに、指導教員である村井章介先生のご推薦で静岡県史編纂委員会に加えていただいた際に、『静岡県史研究』への掲載を薦めていただいた記憶があります。
同時に、委員のお一人であった有光友學先生には、夏の戦国・織豊期研究会での報告を薦めていただき、当時はまだ中堅・若手でもあった、戦国期研究者であれば誰もが知っている錚々たるメンバーたちと面識を得ることができました。
ある意味で、駆け出しの研究者の名前を知ってもらう、名刺代わりのような報告でした。
そして『静岡県史』通史編の執筆の際に大石さんと知り合い、豪華な執筆陣に交じって仕事をすることになります。

大石さんのおかげで懐かしく思い出した、約20年前、まだ20代の頃(笑)の話です。
今日は恒例のオープンキャンパスでした。
昨今は年に何度も開催する大学も珍しくないのですが、福大は年1回、前期の正規試験も終わった、8月初旬の日曜日に開催されます。
(ただし、今年度から秋にもミニオープンキャンパスがある…という噂も)

昨年度は初めて「古文書学実習」として参加しました。
今年度は行政政策学類のほか、福島大学うつくしまふくしま未来支援センター(FURE)でも、歴史資料保全支援担当の柳沼特任准教授の発案により、同様の企画を実施することになりました。
さらにCOC事業「ふくしま未来学」のコーナーでも、富岡町との歴史資料保全活動の紹介をお手伝いすることになったため、協力を申し出てくれた15名の学生たちを三手に分けてのフル回転です。

開始は9時50分のはずですが、8時半前に到着した電車からは既に見学の高校生らしき集団が…。
われわれは9時に集合し、行政政策学類大会議室とFUREの両方の準備に着手しました。

20160807オープンキャンパスbg (5)

20160807オープンキャンパスbg (1)

行政棟では、古文書の撮影体験を中心に、関連図書類を展示することにしました。
ノーマルな撮影台と、スライダーによって横帳を一度に撮影する台と2種類を用意しました。

20160807オープンキャンパスbg (15)

20160807オープンキャンパスbg (9)

一方のFUREは、古文書の記録撮影体験とあわせ、クリーニングのための器材や道具を展示しました。

20160807オープンキャンパスbg (8)

20160807オープンキャンパスbg (7)

20160807オープンキャンパスbg (11)

20160807オープンキャンパスbg (2)

学内では各学類のイベントや関係部門の企画が目白押しで、次第に来場客も増えてきました。
どんなことをするかは全くの学生任せです。
見ていると本当に面白いもので、来場者に声をかけ、ビラを配って呼び込みをしたり、辞書を持ち出して古文書を読んでもらったり、興味関心を持ってくれた方をさらにFUREに案内したりと、放っておいても自分たちでいろいろ考えてくれます。

20160807オープンキャンパスbg (10)

20160807オープンキャンパスbg (12)

20160807オープンキャンパスbg (14)

行政政策学類の見学ツアーが始まると、あっという間の人だかりになります。

20160807オープンキャンパスbg (6)

FUREはやや離れた場所にあるため、人の流れを呼び込むのは難しいのですが、それでも見学者が来られると、同様に撮影体験をしてもらうなどしました。

20160807オープンキャンパスbg (3)

COC企画の紹介スペースでは、いろいろな自治体がグッズの配布による宣伝に力を入れていました。
富岡町も「とみっぴー」のグッズが並べられていました。
休日にわざわざお越しいただいた三瓶学芸員さんには恐縮するばかりです。
学生たちとともにグッズ配布と説明をお手伝いさせていただきました。

20160807オープンキャンパスbg (4)

昼過ぎからは学生生活委員の公務(学生相談の対応)で拘束されましたので、様子がわからないところがあるのですが、撮影してもらったスナップ写真を見る限りでは、午後もしっかりやってくれたようです。
本来ならば休日のところ、多くのゼミ生たちに手伝ってもらうことができました。
みんなのおかげです。本当にありがとう。
来場していただいた方々は勿論のこと、口コミでもいいので、われわれ歴史系ゼミと歴史資料保全活動の存在を少しでも認知してもらえるようになることを期待しています。