昨日は、着任以来の恒例行事となっている、福島県立博物館の見学実習に行ってきました。
目下、企画展「大須賀清光の屏風絵と番付」の開催中です。

20160604福島県博blog (1)

道路がすいていたこともあり、思いがけず1時間近く早く到着。
天気もよかったので、先に鶴ヶ城を散歩しました。
小中学生でしょうか、団体もたくさん来ていました。
震災と原発事故で減少した観光客(特に修学旅行)も、回復してきているのであれば喜ばしいことです。
天守閣をバックに記念撮影しているので、われわれも同様に。

20160604福島県博blog (4)

予定時刻となったので、博物館へ。
午前中は、着任以来ずっとお世話になっている高橋充学芸員のご案内で、企画展を見学。
屏風絵などが多いため、展示されている作品の数は決して多くはありませんが、城下絵図ということもあって、一つ一つをじっくり見ていると、あっという間に時間が経ってしまいます。

昼食を挟み、バックヤードの見学と説明を受けることに。

まずは内山学芸員より、第1収蔵庫で民俗資料についてご説明いただきました。
3日前に福大に講義に来ていただいたので、授業内容も記憶に新しいところです。
その際にお話しいただいた資料の実物も見せていただけました。
モノ自体も大切だけれど、それに付随する種々の情報も同等に大切であることを、あらためて教えられます。
それはまさにいま、県博が中心になって取り組んでいる「震災遺産」の展示でも生かされている研究手法なんですね。

20160604福島県博blog (7)

20160604福島県博blog (3)

続いて高橋満学芸員より、県博が中心になって取り組んでいる震災遺産と、第2収蔵庫の考古資料の収蔵と管理などについてご説明いただきました。
現在は白河の「まほろん」で「震災遺産と文化財」展が好評開催中ですが、それ以外にもまだまだたくさんの震災資料が県博で保管されています。
日常的にごくありふれたモノでありながら、なぜそれが震災遺産とされたのか、その意味をていねいに説明していただきました。
今では震災遺産も手作りの箱で梱包した上で収蔵・輸送するようになったそうで、残念ながら中身は見られませんでしたが、バックヤードに所狭しと並んでいる様子がわかります。

20160604福島県博blog (9)

20160604福島県博blog (6)

最後は7月に講義に来ていただく相田学芸員に、自然史資料(化石・鉱物)についてご説明いただきました。
博物館の収蔵庫の機能と意味、人文系資料と自然系の標本の根本的な違い、博物館が標本を収集する意義まで、一つひとつ懇切丁寧にお話しいただきました。
そのあと、化石や鉱物の標本を手に取って見せていただき、時間一杯まで収蔵庫内を自由に見学させていただきました。
また博物館資料論の講義でよろしくお願いいたします。

20160604福島県博blog (8)

20160604福島県博blog (5)

予定を少しオーバーしましたが、今年度もおかげさまで充実した見学実習となりました。
ご対応いただいた福島県立博物館の皆様には心より感謝申し上げます。
実習生の皆さんには、博物館の機能と社会的役割、学芸員の専門家としての仕事や社会貢献など、見学実習だからこそ学ぶことのできた貴重な経験の数々を、ぜひ今後の学びに生かしてもらいたいと思います。

20160604福島県博blog (2)
前回の続きです。

いよいよ本番当日。

20160124貝田宿まるごと博物館bg (0)

天気予報では、西日本を中心に全国的に荒れ模様とのことで、心配していたところ、窓を開けると雪がちらほら…。
自称晴れ男(?)の教員としては、何とかもってもらいたいと祈るばかりです…。

朝8時過ぎに貝田駅から会場に集合。

20160124貝田宿まるごと博物館bg (1)

雪が積もってはいましたが、新雪なので凍っておらず、歩きやすそうだし、何よりいい天気なので一安心。

20160124貝田宿まるごと博物館bg (2)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (3)

早速、みんなで配布資料の製本作業にとりかかりました。

20160124貝田宿まるごと博物館bg (5)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (6)

展示や報告の準備もOKです。

20160124貝田宿まるごと博物館bg (7)

時間前に直前の打ち合わせをしていると、10時受付開始前から早々に集まりはじめたため、急遽それぞれの持ち場に。
最寄りの貝田駅まで送迎にも向かいます。
待ち時間には展示物をご覧いただきました。

20160124貝田宿まるごと博物館bg (9)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (4)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (8)

午前の報告会は予定通り10時半開始。
120名以上(!)の方にお越しいただいたそうです。会場はそれなりの広さですが、入りきれないくらいの盛況ぶりです。
国見町の広報ととともに、大学の定例記者会見を新聞で取り上げていただいたことも大きかったのでしょうが、反響の大きさにとにかく驚きました。

20160124貝田宿まるごと博物館bg (10)

教育長、町内会長のご挨拶と教員からの趣旨説明ののち、①貝田の信仰と祭礼について、②貝田地区に見られる産業~国見石と養蚕、③新聞と県庁文書から見る貝田の鉄道火災、の3報告がありました。
質疑応答では、地元の地名についての発言が相次ぎ、地元ならではの関心の高さがうかがわれました。

20160124貝田宿まるごと博物館bg (11)

終了後には新聞取材もありました。
  読売新聞  福島民報

20160124貝田宿まるごと博物館bg (12)

昼食では「伝統的食文化」と題し、地元の婦人会の皆様のご協力で、かまど炊きのおにぎりなどがふるまわれました。

20160124貝田宿まるごと博物館bg (13)

片づけなどでその様子は見られなかったのですが、かまど炊きごはんの美味しいこと美味しいこと(・ω・)
いかにんじんとたくわん、味噌汁もあって、心身ともに温まりました。ごちそうさまでした。

20160124貝田宿まるごと博物館bg (14)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (15)

午後からは「貝田宿まるっとお見通し」じゃなくて「貝田宿まるっと見学ツアー」。
博物館でいえば展示を見るのと同じことを、地域を歩くことでやってみようというものです。
晴天に恵まれ、前日のリハーサルと注意点の確認もあって、概ねうまくいったと思います。
貝田宿の歴史・文化の魅力を楽しんでいただけたでしょうか。

20160124貝田宿まるごと博物館bg (16)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (17)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (18)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (19)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (23)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (22)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (20)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (24)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (25)

1時間半ほどで終了し、スタート地点の秋葉神社に戻って解散しました。
後片付けののち、県美の伊藤匡先生に頂戴した差し入れのお菓子をみんなでいただいて、終了となりました。

20160124貝田宿まるごと博物館bg (26)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (27)

貝田地区の皆様、国見町教育委員会の関係者の皆様、そしてご来場いただいた多くの皆様に、この場を借りて感謝申し上げます。
そして、学生たちのがんばりを心から誉めてあげたいと思います。
特に本番直前、教員が何も言わなくても、自分たちで何度も必死にリハーサルを繰り返している姿を見て、随分と自覚ができてきたものだと、頼もしくすら感じました。
ぜひこの日の生きた学びを、これからのキャリアで生かしてもらえることを願っています。
来年度も新しいメンバーを迎えて企画を継続できるよう、がんばっていきます。
それにしても、みんないい笑顔ですね(・ω・)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (28)
日曜日に標記の催しがありました。

貝田まるごと博物館リーフレット

国見町とは、2011年の東日本大震災後の文化財レスキューがきっかけとなり、長らく歴史資料保全活動などで連携を続けてきました。
2014年度には、国の歴史的風致維持向上計画に応募する町を側面から支援する一環として、大学院の「地域特別研究」で歴史的風致の調査と掘り起こしを進めました。
国見町は1年目で見事に国からの認定を受け、2015年度から10年間にわたり、国からの財政支援を得て歴史的風致の維持向上をはかっていくことになります。
そこでは、歴史的風致そのものだけでなく、歴史的風致を護ろうとする地域の人々の営みも重要になります。
だとすれば、地域の人々が少しでも多く地元の歴史・文化遺産に関心を持っていただき、その価値を再評価していただくことで、主体的な歴史的風致の維持向上に結びついていけるのではないか(それは、自らの手で歴史資料を護ることにもつながっていく)、という思いから、「地域特別研究」のとりくみを継続し、発展させていこうということになりました。

そこで思い立ったのは、町全体を博物館に見立て、住民が学芸員の役割をはたす「エコミュージアム」の理念と方法に学び、地域の中に有形無形の歴史・文化遺産を再発見する試みを授業の中でやってみようということでした。
その最初の舞台に選ばせていただいたのは、近世の宿場町の一つで、最初の歴史資料現況調査以来の縁がある貝田地区でした。

学生たちは「博物館実習」の事前・事後指導の一環として、この1年間、さまざまなことを学び、主体的に調査に取り組んできました。
山形県朝日町の「エコミュージアム」にも、多くのことを学ばせていただきました。
貝田地区にも幾度となくお邪魔し、住民の方々から懇切丁寧にご教示をいただきました。
その成果を地元で報告する機会がようやく訪れました。

今回は広報にも力を入れました。
大学の定例記者会見で興味をもっていただいた福島民報朝日新聞(福島版)にも記事にしていただきました。
国見町からは地元FM局も取材に来てくださいました。

20160120国見町FM取材

前日の準備です。
男連中は1本早い電車で観月台文化センターに集まり、パネルなどの備品を運ぶ力仕事に取り組みました。

20160123貝田宿まるごと博物館準備 (1)

会場に早めに着くと、先にパネルの組み立て。

20160123貝田宿まるごと博物館準備 (2)

夏の震災遺産展で2度経験しているので、手慣れたものです。
その後は女性陣の到着まで、会場周辺の雪(というより氷)かきにいそしみました。

20160123貝田宿まるごと博物館準備 (3)

女性陣の到着後、まずはポスターの展示。

20160123貝田宿まるごと博物館準備 (4)

町教委が今回のために特注した(!)幟を組み立てました。

20160123貝田宿まるごと博物館準備 (5)

手が空いた人たちは雪かきに全力投球(笑)。
自分たちで会場づくりをしようという意気込みなのか、雪国の血が騒いだのか(笑)、かなり熱が入っていました。

20160123貝田宿まるごと博物館準備 (6)

明日の見学コースの確認と、展示する資料の選定。

20160123貝田宿まるごと博物館準備 (7)

2012年の歴史資料所在調査で初めて確認された、貝田駅建設のために集めた寄付金の目録と古写真を拝借しました。
もう4年も経つんですね…。一緒に調査した学生たちも皆立派な社会人です。なつかしいです。

20160123貝田宿まるごと博物館準備 (8)
(2012年資料調査当時の写真)

昼休みには、だれが言いだしたわけでもなく、各グループが発表の最終打ち合わせを始めていました。
教員が何も言わなくても自発的にやってくれる、これこそが今はやりのアクティブ・ラーニングってやつですかね。

20160123貝田宿まるごと博物館準備 (10)

20160123貝田宿まるごと博物館準備 (11)

20160123貝田宿まるごと博物館準備 (12)

午後からは、実際に町内をご案内するルートに従ってリハーサルです。
まだ雪が残っており、足元の悪いのが不安ですが、実際に話すことをチェックしつつ、気づいたことについて意見を出し合いました。

20160123貝田宿まるごと博物館準備 (13)

水雲神社までの道は雪に埋もれていたので、明日の現地説明会で行くことはあきらめ、せっかくなので(笑)登ってきました。
記念写真です。

20160123貝田宿まるごと博物館準備 (14)

20160123貝田宿まるごと博物館準備 (15)

終了までおよそ2時間でした。
当日は水雲神社にはまわらないので、1時間半くらいで済むでしょうか。
気がかりなのは当日の天気です。
さて、どうなることでしょうか…。

※長くなったので、記事を2回に分けます。
今日はセンター試験の会場準備で大学が休講になるのを利用して、学外に古文書学実習に出かけました。
昨年度は米沢市の上杉博物館にお願いしたのですが、今回は一昨年以来、久しぶりに(といっても、個人的にはよくお邪魔していますが)仙台市博物館にお願いしました。

雪が降った福島駅を朝9時に出発し、10時過ぎには仙台市博に到着。
午前中は学芸員の佐々木徹さんに、貴重な原文書を前にして講義をお願いしました。

20160115仙台市博 (1)

20160115仙台市博 (2)

普段はガラスの展示ケース越しにしか見られない古文書を目の前で広げて見せていただけるのは、館園実習ならではの貴重な経験です。
裏打ちをしてあったとはいえ、普段なら見ることの難しい、起請文に使う牛玉宝印を表側から見られたのは感激でした。
(⇒といっても、専門的な勉強をしていないと、何のことだかさっぱりわからないでしょうが…すみません)
展示の際のさまざまな工夫なども説明していただき、勉強になりました。
佐々木さん、どうも有難うございました。

午後は展示の見学です。
ちょうど「せんだい再発見!」展をやっていて、17日まで前半、展示替があって19日から2月28日までは後半になります。
先日、産学官連携フェアの際の昼食休憩を利用して、ざっとご案内いただいたのですが、今日はじっくり古文書を見ることができました。

その後は仙台城の天守閣へ。
まずは博物館の裏手にある伊達政宗像の前で記念撮影。

20160115仙台市博 (4)

そして天守閣の政宗像の前でも。

20160115仙台市博 (3)

こちらの伊達政宗さんとも「ずんだもち」を合言葉に記念撮影(笑)。
米沢市や伊達市にも自称政宗さんがいるらしいですよ。

20160115仙台市博 (5)

そこになぜか真田幸村さんも交じって(笑)、しばし交流。

20160115仙台市博 (6)

楽しい思い出と心地よい疲れとともに、帰路につきました。

日曜日は福島県歴史資料館で古文書学実習をお願いしています。
しっかり勉強してきてくださいね。
11月下旬頃から、気持ち的に全く休んだ気のしない毎日が続いています。
スケジュールを見たら、びっくりするぐらい予定が詰まっていて、我ながら茫然としています…。

卒論提出まで1か月余りとなりましたが、11月後半から平日の夜に続けてきた4年生たちとの卒論相談会も、残すところ1名となりました。
不安を言い出したらきりがないですが、とりあえず背中を押せるところまで辿り着いたので、あとは各自で迷わず、ひたむきに走っていってもらいたいものです。

今日は授業の年内最終日でもありました。
学生たちは早くも冬休み期間に入ります。
1月から4年生は卒論に集中する時期になるので、この顔ぶれでゼミとして顔を合わせるのも、今日が最後です。
今の4年生たちが3年生のときも、頼りにしていた4年生がゼミを離れた途端、「自分たちが上級生としてゼミを引っ張っていけるんだろうか…」とでも言いたそうな、不安げな表情をしていました。
でも、約2年間のゼミを経験して、ずいぶんと成長したと思います。
「おつかれさま」というにはまだ早いけれど、とりあえず「ありがとう」とだけ言っておきます。

そんなゼミの最中に、また来年度も新しい仲間を迎えられることが判明しました。一安心一安心…。
年明け早々に顔合わせの機会を設けたいと思っています。
きっとまた、いい学生たちが集まってくれることでしょう。

さて、夜からは年内最後の古文書学実習、古文書記録整理でした。
3年生だけになってさびしくなったと思いきや、学外から何人ものボランティアが来てくださり、けっこうにぎやかになりました。

20151218古文書学実習b (8)

20151218古文書学実習b (4)

今日は何と言っても、半年近くかけて固着した紙を剥がしながら撮影を続けてきた横長帳の作業が、ようやく終了しました\(^o^)/
関わってくれた皆さん、どうもありがとう。

20151218古文書学実習b (1)

20151218古文書学実習b (3)

20151218古文書学実習b (2)

年内最終だったからでしょうか、大人たちがたくさんの差し入れを持ってきてくださいました。
さながらクリスマス前夜祭のようです(笑)。
お心遣いに感謝申し上げます。

20151218古文書学実習b (11)

20151218古文書学実習b (6)
(S藤さんからいただいた熊本みかん)

20151218古文書学実習b (7)
(K野さんからいつもいただいている福島りんご)

20151218古文書学実習b (9)
(K家さんにいただいた、たくさんのお菓子)

20151218古文書学実習b (5)

20151218古文書学実習b (10)
(そしてわたしからは、時宗総本山遊行寺の門前町で買った和菓子)

そういえば、FUREのキャラクターのめばえちゃんもクリスマス仕様でした。

めばえちゃん クリスマス (1)

めばえちゃん クリスマス (2)

2015年も残すところ約2週間となりました。
自分自身のやるべきことはまだまだたくさん残っていますが、とりあえずゼミ生そして博物館実習・古文書学実習の履修生の皆さん、いろいろと手伝ってくれて、どうもありがとう。
いつも足を運んでくださるボランティアの皆さんにも、この場を借りて感謝申し上げます。
古文書学実習は1月から再開しますので、またよろしくお願いします。