11月21~24日までゼミ旅行に行ってきました。
例年ならば23日は福大史学会の日なのですが、今年は10月に合同大会があったため、連休が取れました。



ちなみに例のしおりですが、男子はマッチョバージョンを裏表紙にしたそうです。わかっています(笑)。
本当に塗り絵をしたアホもいました(≧∇≦)
そんなことしてる暇があるなら勉強しろよ(笑)



1日目

教員は1限の「文化史」の授業をちゃんとやってから、新幹線で東京へ。
学生たちは夜行バス、高速バス、新幹線…思い思いの手段で東京駅で集合。
新幹線で一路福山へ。
天気がよく、車窓から見える富士山に大興奮の一行でした(taken by TmTm)。



この日は基本的に移動日で、夜はめいめいで食事に。
徳竹先生とおとな組(?)は、隣の研究室にいる社会学の川端先生おすすめのお店へ。
かなり長居させてもらいましたが、料理も美味くて、和洋何でもあり?のいいお店でした。









2日目

朝から試食用にもみじ饅頭を購入。
「生もみじ」は米粉を使っているんだそうです。



午前中は鞆の浦へ。
中世以来の港町で、近年は「崖の上のポニョ」の構想の舞台となり、さらに架橋の是非をめぐる景観問題でも知られるようになりました。
個人的には、大学院M1のときだったかな、五味先生・村井先生とのゼミ旅行で来て以来のことです。
美しい景観と街並みは変わっていませんでした。









「日東第一形勝」と評された対潮楼です。



学生たちが瓦の寄付をしていました。いい記念になりますね。





お昼にOGと合流し、これまた川端先生のご紹介で、尾道ラーメンの元祖の店の福山店へ。





午後からは尾道に移動。
尾道は中世の荘園年貢の積出港としても発達した町です。
千光寺までロープウェイで登り、みんなではっさくみかんソフトを味わいながら、眼下の港町の光景を満喫。





尾道はねこちゃんの多いところなので、人懐っこいねこちゃんたちと楽しく交流(・ω・)(・ω・)(・ω・)
(taken by TmTm)



少数精鋭部隊で「猫の細道」を散策したのち、港から商店街を散歩して駅で合流。

DSCF5896_convert_20141124230438.jpg



DSCF5901_convert_20141124231221.jpg



夜は幹事さんセレクトの串焼き店へ。
地鶏の店でしたが、新鮮なのでどれも美味。
苦手なレバーが美味しかったという声も随所で聞かれました。







鍋は特別に頼んで雑炊にしてもらいました。
それにしてもこの指はいったい…(笑)。



最後にお店で集合写真を撮ってもらいました。

DSCF5925_convert_20141124230644.jpg

あまりにも長くなったので、3・4日目は続編に(笑)。
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/93-23df4794