今日は卒業研究中間報告会Part2です。

昨年度、自分の非力を省みずに教務委員長などという激務職の大役を引き受けたこともあって、4年生に卒検指導の十分な時間が取れず、何もしてあげられなかったという後悔の念が未だにあります。
だからといって、今年はきちんとやってあげられているのかと問われれば、疑問符がつきますが…。

でも、何かしないと…ということで、こうやって週2回のゼミを開きました。

12時から5時まで4本の報告があり、やはりハードでした。
途中で休憩を挟みました。金谷川のたまごカフェのシフォンケーキです。







そのあとは休みなく大学院の打ち合わせ、そのまま6時から地域特別研究で、正直へたりました。
気分はまさに「ぐでたま」って感じです。
それにしても「ぐでたま」、わたしの日常の気持ちを見事に表現してくれるので、お気に入りで重宝(?)しています。

ところで、最近とみに、うちの3年生がいい感じに壊れつつ(?)あります。
それにしても、こんなキャラの連中ばかりだったかな…。おかしいなぁ…。

「文化史ゼミって変な奴らばかり集まってるよな」なんて、自分で言うなよ(笑)。
「いままでよく猫をかぶっていたな」といったら、「先生、猫はかぶれません」だって。
リラックマだって猫をかぶる時代(?)なんだけどな…。

とかいいつつ、「類は友を呼ぶ」ともいいますから、こんなゼミ教員ゆえに、あんなゼミ生たちなのでしょう(笑)。
何にしても、笑いの絶えないゼミはやはりいいものです(^o^)

ただ、この調子でいくと、今週のゼミ旅行はいったいどこまで壊れてしまうのでしょうか…。ちょっと不安。
きっとまた数々の伝説を作って、歴代のゼミ生に語り継がれていくんだろうな…って、語り部の張本人は自分だけど(笑)。
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/92-f11b93be