今週は3週間ぶりの古文書整理です。
といいつつ、11日に富岡町の歴史資料整理、12日に恒例の古文書学実習、そして14日に月1回金曜日の古文書整理…。
週に3回…無計画さが露呈し、学生たちにはちょっと申し訳ない気持ちです。

でも、そんな教員の心など知ってか知らずか、学生たちは誰彼となく勝手に盛り上がっているようです。
わたしの頭の中では、EUROPEの“The Final Coutdown”の荘厳なキーボードのイントロが流れてきました♪





ゼミ旅行のしおりもようやくできました。
なぜか毎年、福島市のキャラクター「ももりん」が表紙になります。
*作者の快諾を得てブログに掲載しています♡

2014ゼミ旅行しおり+(1)_convert_20141113223254

今年度はゴージャスに、裏表紙はリバーシブルタイプです。
自分で好きな方を裏表紙にできます(^_-) 塗り絵もできます )^o^(

2014ゼミ旅行しおり+(2)_convert_20141113223326

2014ゼミ旅行しおり+(3)_convert_20141113223350

個人的には大爆笑で迎え入れられた下図を学生向けにし、自分だけかわいい上図にしようと目論んでいたのですが、心中を見抜かれたか、強硬な反対意見にあい(笑)、やむなく妥協案でリバーシブルにしました。
学生たちがどっちを裏表紙にするか、当日が楽しみです。

閑話休題。

水曜日は1年生2名に加え、初めての参加となる4年生、そして社会人の方を数名迎えて行われました。





気のせいか、火曜日の経験を経て、目録取りも随分スムーズになったような気がします。



この日の差し入れは京都の阿闍梨餅。
いつもはやさしく微笑んで学生たちを見守っている徳竹先生が、とても嬉しそうに反応してくださいました。
ということは、今回のセレクトは当たりだったということか?



金曜日は社会人にも参加していただけるよう、実験的に始めてみたのですが、いまいち反応がありません。
もう少し我慢して続けてみようと思います。



目録づくりも随分進むようになって、学生たちの吸収の早さと成長ぶりには感心するばかりです。
「目録づくりをするようになってから、写真の撮り方に気を配るようになった」なんて、さりげなく言えるようになるんだから、たいしたものです。



今日の差し入れは、先日訪れた長浜で見つけた「芋きんつば」。
いま長浜土産では大人気だそうです。





自分でハードルをあげまくっていて、毎回ネタに困りつつありますが、それでも学生たちがあんなにがんばってくれて、しかも美味しい美味しいと喜んでくれるなら、何もいうことはありません。

実習が終わっても、尽きない話になかなか帰ろうとしない学生たちを見ていて、ただでさえ細い目をさらに細める自分がいました。

次回はゼミ旅行後の26日です。
広島で何か美味しい差し入れに出会えるかな…楽しみです(・ω・)
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/90-36b9bbe3