昨日は、双葉町・富岡町から搬出された文化財のレスキュー支援(その1)について書きました。
昨日と今日の(その2・3)は明日の夜にでも書こうと思っていたのですが、今日の作業が思いのほか早く終了したので、もう書いてしまいます(笑)。

(その2・3)として、埼玉県加須市に避難していた双葉町役場がいわき市内に移転するにあたり、併設する避難所の分を含めて、関係資料を保全する取り組みに参加した話をご紹介します。

双葉町役場(加須)

この事業は、筑波大学の白井哲哉さんと双葉町役場教育委員会の吉野高光さんが中心となり、双葉町の了解のもとで、全史料協の林貴史さんの指導により、茨城ネット、神奈川ネット、宮城ネット、NPO法人歴史資料継承機構などのメンバーや有志、そして学生たちが参加して行われました。

東日本大震災以降、震災の記録、経験、記憶をさまざまなかたちで後世に伝えようとする取り組みが行われています。
よく知られたものに、東北大学震災アーカイブプロジェクト みちのく震録伝があります。

その基礎資料となるのは写真であり、映像であり、証言記録であったりするわけですが、紙資料ももちろん重要です。
中でも、被災者の生活の様子を克明に伝える避難所の資料は、過去の災害の経験からもその保存の重要性が指摘されています。
しかし、掲示物や配布物などは、日常の光景の中に当たり前に溶け込んでいて、誰しもが目にし手に取るありふれたものだけに、後世に残せば貴重な資料となるという発想は、その場にいてもなかなか出てこないでしょう。
そもそも、生活するのがやっとというあの混乱の中で、後世のために資料を残そうなどという気持ちの余裕は、当事者にはなかったはずです。
また、個人情報を多く含むものであるために、使い終わったらしっかり廃棄しなければという意識も強いのだと思います。
だから、外部からのはたらきかけと関係者の理解がなければ、簡単には残らない資料だと言えます。

確認をとったわけではありませんが、福島県内の避難所関係資料はほとんど廃棄されてしまったと思います。
よほどのことがなければ、今から見つけ出そうとしてもほとんど無理でしょう。
ちなみに、福島大学では避難所が開設されたときの資料が残されていると聞いています。
一方、県外では、南相馬市の住民の避難先の一つである新潟県長岡市で、図書館職員の尽力により避難所の資料が保全されています。
そういう意味でも、約2年に及ぶ双葉町役場および避難所の資料は、両者が同じ建物内で近接していたという特異な状況も含めて、貴重なものになるはずです。

詳しくは白井さんたちの今後の成果に委ねることとして、このブログでは、こんな作業があったという簡単な紹介をしたいと思います。
なお、作業していると写真はなかなか撮れません。また、撮影した写真は基本的に資料であって、個人情報の保護も含めて厳重に管理されなければなりませんので、むやみに転載すべきでないと思います。
差し障りないものは写真を載せましたが、しばらくは味気ない文章で御勘弁ください。

① 現状記録の写真撮影
 壁に貼ってある掲示物などがどこにあったのかなど、あとで現状確認ができるように写真を撮っておきます。
 なお、避難所の一部住民の方には、ご理解とご協力を得て、生活の様子を記録させていただいたとのことです。

②資料の回収
 使わなくなった掲示物などをきれいに剥がして、保存箱に収めます。各地から寄せられたメッセージ類も大事に保全されていました。
 所定の箱の大きさに収まりきれないものは、文書箱を2つ重ねて横長にしたり、段ボール箱を組み立てて特製箱を作ったりと、工夫していました。

加須作業風景20130629①

加須作業風景20130629②

③梱包
 それでも収まりきれない大きな作品、絵画類などはエアーキャップで包んで保護します。

加須作業風景20130629③

④保存状況の確認
 各階、各部屋、施設ごとに集積したのち、保存箱などに現状記録がきちんと記載されているか、資料がきちんとした状態で保全されているかなど、搬出前の確認を取ります。

おおよそこのような作業を6月前半と月末で計5日間、延べ70名くらいでしょうか、皆で取り組みました。
私もうち4日間参加しましたが、いろいろな意味でいい勉強をさせていただきました。

さて、ここからは雰囲気を変えて、おまけコーナーです。

今日はたまたま支援団体の炊き出しがあり、我々もお相伴にあずかりました。
カレーとナンです。ラッシーもついています。

昼食20130630①

何とデザートもありました(食いかけマンゴーで失礼)。
サクランボはみんな双子ちゃんです(・ω・)。

昼食20130630②

昼食20130630③

上の写真のライチかあんず、はたまた巨峰か梅干し(笑)みたいなもの、インドのお菓子だそうで、ネットで調べたところ「グラブジャムン」というのだそうです。
「世界一甘いスイーツ」「一言で言うと『ドーナツのシロップ漬け』」と書いてありましたが、そこまででないにせよ、たしかに甘いお菓子(というよりシロップ)でした。

歌と音楽のプレゼントもあったりして、アットホームなひとときをご一緒させていただきました。

昼食20130630④

最後にもう1枚。
作業場所には双葉町の航空写真が掲示されていますが、自宅付近を撮影する茨城大院生のIくんです(イニシャルにしても意味ないぐらい、皆さんご存知でしょうが…)。

加須作業風景20130630①

彼は震災がなければ、全く違った進路を歩んでいたのかもしれません。
今は出身地である双葉町、そして福島県の歴史資料と文化の保全に関わりたいという強い使命感をもちながら、茨城ネットを支える頼もしい人材の一人です。
彼のような若者が、将来の福島県の歴史と文化財を支える担い手となってくれることを期待し、現在鋭意製作中の『ふくしま再生と歴史・文化遺産』でも急遽寄稿してもらうことにしました。

ちなみにIくんは、このブログの読者なのだそうです。物好きですねぇ(^_^;)。
拍手をもらおうと彼をよいしょしたわけではないので(笑)、念のため。
昨日の福大行政の学生たちもそうですが、こういう若者たちがいることが本当に心強い限りです。

参加した4日間の活動を通じて、また新しい「人とのつながり」ができました。
象牙の塔に閉じ籠っていては、一生出会うことのなかった方たちとの不思議な縁です。
福大に着任した当時は、3年も経たないうちに、こんなに人間関係が広がっていくなんて想像すらできませんでした。
歴史や文化に対する熱い思いを同じくする仲間たちとの出会いに感謝するとともに、このご縁を今後とも大事にしていかなければと思っています。
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/9-94f74c8b