今日はNHK福島放送局の取材がありました。
栗原望アナウンサーから、歴史資料保全活動について取材したいとのお申し出をいただいたのが9月のこと。
10月には自ら資料整理作業に参加してくださり、たまたまですが学生たちと一緒に皆既月食を楽しむなど、交流を深めていただきました。
そして今日、FUREにて収録がありました。

栗原さんとカメラマンさん、音声さんがお見えになったのが3時すぎのこと。
それから約1時間、会場準備と入念な打ち合わせ、リハーサルが行われました。
放送自体は6分ほどとのことですが、資料の並べ方、大まかな流れの確認、カメラの映し方など細かくチェックします。

DSCF5548_convert_20141027185753.jpg

DSCF5555_convert_20141027190017.jpg

DSCF5576_convert_20141027190801.jpg

そうこうしているうちに学生たちも集まり、着々と準備に取り掛かります。
学生たちはいつも通りの実習です。

DSCF5563_convert_20141027190324.jpg

DSCF5572_convert_20141027191300.jpg

DSCF5571_convert_20141027191534.jpg

DSCF5575_convert_20141027191712.jpg

さて、いよいよリハーサルです。
情けない話ですが、たとえリハーサルであっても、カメラを向けられると本当に頭の中がきれいに真っ白になり、言葉が出てこなくなります(まぢに笑えない)。
そうしたやり取りの中で、だんだん慣れて言葉も出てくるようになり、会話を通じて話の流れもよりよいものになるように練られていきます。

2回本番撮りがありましたが、さすがにリハーサルを繰り返したこともあって、話もスムーズにできました。
10月28日(火)の18:10~の「はまなかあいづ」にて放送される予定です。

栗原さん、スタッフさん、徳竹先生、そして学生の皆さん、おつかれさまでした。

DSCF5581_convert_20141027192006.jpg
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/85-c9c8a344