2014.10.10 ゼミ生たち
後期が始まって1週間。
相変わらず忙しい毎日ですが、合間をぬって4年生の面談をしました。
就活もまだまだ続いているようですが、朗報を待ちたいと思います。
もちろん、卒研も大いに期待しています。

ありがたいことに、今年も心やさしき学生たちが祝ってくれました。
人数が多いので、ケーキも2つになりました。
クラッカーの祝福付きでした(笑)。













また一つ、蝋燭の数字が増えてしまいました(笑)。
誕生日に自分でケーキを食べることはしませんでしたので、こうして学生たちと一緒に食べると、いっそう美味しく感じられます(^ ^)

そういえば、この前の三学会合同シンポジウムには、恩師である村井章介先生に来ていただくことができました。
時間の余裕がなく、福島大学をご案内できなかったのが残念でしたが…。
古代史の佐藤信先生は史学会の理事長になられ、挨拶をされていました。
母校の新宿高校での教育実習でお世話になった今野日出晴先生(現在は岩手大、社会科教育)とも旧交をあたためることができました。
今振り返っても、石井進先生、五味文彦先生、勝俣鎮夫先生をはじめ、多くの立派な先生方に師事することができ、本当に恵まれた学生時代でした。
それに比べ、今の自分が学生たちに何一つ還元できていないことを思うと、忸怩たるものがあります。
そんな自分でも、たくさんのゼミ生が集まってくれて、こうやって誕生日を祝ってもらえることは、本当に幸せなことです。

来週は、地域史ゼミ、考古学ゼミ、博物館実習生を誘って、大芋煮会の予定です(笑)。
博物館実習、福大史学会を経て、和気あいあい度が格段に高まってきたところにこのイベント、歴史系ゼミの交流を深めるよい機会になればと思っています。
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/81-40940b1e