9月も下旬となり、そろそろ涼しくなってきた福島ですが、秋分の日の昼間は半袖でもいいかと思うくらい汗ばむ陽気でした。

今週から博物館実習の館外実習(その2)が始まりました。
前回の6月は、比較文化ゼミ生3名が郡山歴史資料館でお世話になりました。
今回は文化史ゼミ生のうち、学芸員資格取得を希望する学生7名が対象です。

2日目の今日の午後は、歴史資料館所蔵の行政文書を活用しての資料整理です。

DSCF4924_convert_20140923172326.jpg

実習の様子を見学させてもらいましたが、普段見ることのない明治期のくずし字の解読に悪戦苦闘していました。
それでも、皆でたった一字を読むために一所懸命辞書類をひっくり返して調べたり、頭をひねりながら考えを出し合っている様子を見て、ちょっと微笑ましく思いました。
普段はこんなに真剣に勉強している姿はあまり見ない気が…(失礼)。

DSCF4929_convert_20140923172830.jpg

DSCF4931_convert_20140923173047.jpg

ご指導いただいている渡邉先生から、史料について解説していただきました。
1888(明治21)年の磐梯山噴火の際に集められた義捐金に関する史料だそうです。
9月27日から始まる収蔵資料展でも展示されるようです。

DSCF4944_convert_20140923173341.jpg

DSCF4950_convert_20140923173648.jpg

続いて、その収蔵資料展の展示室に場所を移しての実習です。
準備中なので、シャッターを開けていただいてから中に入ります。

DSCF4952_convert_20140923174724.jpg

既に運び込みが終わっている展示品を前に、展示の目的や意図、資料ごとの展示の工夫などを順次説明していただきました。
指示されなくても先生のお話をきちんと書きとめているようで、指導教員としては一安心です。

DSCF4962_convert_20140923174935.jpg

DSCF4967_convert_20140923175056.jpg

明日の実習ではキャプション用のパネル作成などが予定されているようです。
その後は文献・考古資料を使った実習や、梱包実習なども予定されているとのことでした。
実習最終日の土曜日には収蔵資料展が開催され、そこでは実習の成果も人前に出ることになります。
展示自体も楽しみですが、学生たちがこの1週間の実習を経てどのくらい変わるものなのか、10月からの授業での再会も楽しみにしたいと思います。
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/78-675e7a4c