昨日に引き続き、集中作業の2日目です。
若干のメンバー交代はありましたが、新たに遠方から駆けつけていただいた方々、卒業生など、昨日からさらに参加者が増えました。
ありがたいことです。







今日も仲良くお昼ご飯です。
かーちゃんふるさと農園のお弁当、今日も美味でした(^o^)





お昼過ぎから外は激しい雨となりましたが、作業は着々と進んでいきました。
資料のクリーニング作業が追いつかなくなるくらい、写真撮影は快調に進みました。
目録作りも、博物館実習でお世話になっている柳田先生のご指導のおかげで、学生たちもだいぶコツがつかめてきたようです。
午後からは専門家の支援も入って、パワーアップしました。





今日のおやつです。アイスも用意しました。
さて、1番人気は何だったでしょう?



作業もかなり進み、最後の大物(?)にも整理の手が入るまでになりました。



2年ぶりの開催となった今回の集中作業ですが、思うように参加者が集まらない焦燥感と、ここで中止してしまったら、ふくしま史料ネットの活動は立ち行かなくなるという危機感の間で苦悶することも少なくありませんでした。
自分自身が大きな仕事を抱えるプレッシャーと思うように進まないあせりの中で、全く余裕もないのに無理をして貴重な週末の2日間を費やしてしまっていいのかという迷いもありました。

でも、終わってみると、やはりやってよかったという大いなる満足感と、今後とも続けるべきだという確信を得ることができました。

それはひとえに、3年半が経とうという今もなお、被災地の歴史資料や文化財の保全に高い関心をもち、遠方からわざわざ足を運んでくださった方々、水曜日のレギュラー作業からご支援いただいている有志の方々、いつも力になってくれる徳竹先生、そして呼びかけに快く応じてくれた心やさしい学生たちのおかげです。

今回の作業を通じて、歴史資料保全活動が同じ志をもつ仲間とのつながりによって支えられているという、ともすれば見失いがちな原点、そして善意のありがたみを再確認することができました。
2日間にわたってご参加いただいた皆様には心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/76-674669c7