全国的に台風の影響もあって、あいにくの天気です。
明日は本学もオープンキャンパスですが、来客や盛り上がりに影響が出ないか、心配なところです。

行政政策学類では、授業などさまざまな活動を紹介するコーナーを設置しています。
広報委員の先生方ががんばってくださいました。
われわれも実習の写真や活動報告のポスターを用意し、掲示してもらいました。
一足お先に、準備ができたところを見学させていただきました。





夜は、県内外で就職した卒業生たちが集まってのプチ同窓会(というより、ただの飲み会?)がありました。

社会人になったからというわけでもないのでしょうが、学生時代に比べると、料理もレベルアップした気がします(笑)。
まぢに美味い鯛でした(・ω・)



それぞれが別々の道を歩みながら、たった数ヶ月でもさまざまな経験をして、社会人としての責任を自覚し、しっかりと仕事をしている様子がよくわかりました。
ついこないだまで学生だったのに、不思議なものですね。

そして皆、相変わらずののりで、同世代の仲間たちとの再会のひとときを心ゆくまで楽しんでいるのをみていると、教師冥利に尽きるっていうのはこういうことなのかなって思います。

みんなが自然と集まりたくなる、そんな関係が長続きするようなゼミの伝統ができたら、教員としてこれほど嬉しいことはありません。
また次回も誘ってくださいね(笑)。

TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/73-3a187f01