つかの間の春休みもどこへやら、新年度の開始ととともに忙しさに翻弄されています。
教務委員の仕事から解放されたはずなのに、どうしてなんでしょう…。

新年度のゼミや授業の様子は追い追いご紹介することにして、取り急ぎご案内です。

********************

ふくしま歴史資料保存ネットワークでは2014年度より、被災歴史資料のデジタル記録撮影作業を定期的に開催することにいたしました。
以下の要項をご覧いただき、皆様のご参加をお待ちしております。

①作業場所:福島大学うつくしまふくしま未来支援センター(FURE) 2階 資料保管室
   FURE  周辺地図  大学構内図

FURE20130819-01
  
②開催日時:原則として第2・4水曜日 18:00~20:00頃
  ※初回は4月16日(水)とします。5月以降、メールニュース等で随時お知らせします。

③実施形態:行政政策学類専門科目「古文書学実習」と合同で実施します。

④募集人数:機材、作業スペースの関係上、当面は5名程度といたします。

⑤作業内容:被災資料のデジタル撮影・整理など
  ※初心者の方でも基礎から作業手順をご説明しますので、ご安心ください。

⑥参加資格:歴史・文化遺産の保全に関心をお持ちの方であれば、資格・経験等は問いません。
        万一に備えて、事前にボランティア保険にご加入されることをお勧めいたします。
   
⑦参加方法:お名前と電話番号(携帯・スマホ)を明記の上、ふくしま史料ネット shiryo-net*
        ipc.fukushima-u.ac.jp(*=@)まで、開催日当日の午後1時までにメールにてご連絡くださ
        い。
        ご案内の返信メールを p113*ipc.fukushima-u.ac.jp(*=@)よりさしあげます。
        携帯・スマホで受信される方は受信許可設定をお願いします。
        万一受け入れ人数をオーバーした場合は、次回以降の参加をお願いする場合もあります。

⑧ご持参いただくもの:特にありません。

⑨交通手段:できるだけ公共交通機関をご利用ください。構内は車の駐車スペースが不足して
        いますが、夜間ですので幾分かは空いていると思います。

⑩問い合わせ:ふくしま史料ネット事務局までメールにてお願い致します。即日回答できない場合が
          ありますので、あらかじめご了承ください。

ちなみに、古文書学実習の様子はこちらをご覧ください。


TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/49-942b09d7