3月末となり、まもなく新年度です。
わが文化史ゼミも、おかげさまで5人が無事に卒業しました。
うち1名がたまたまですが、行政政策学類の総代を任されるという名誉なこともありました。

山形ネットからは、歴史資料保全活動に従事した卒業生たち全員に、慰労の花とメッセージを送っていただきました。
黄色いカーネーションの花言葉は「感謝・慰労」なんだそうです。





そして3月は別れの時期でもあります。
福大から他大学に異動される職員の方に頂戴しました。
このセンス、とても好きです(笑)。



あと2日で、2年にわたる教務委員もお役御免となります。
特にこの1年間、非力な教務委員長を全力で支えてくださった教務課の方々、頼れる教務委員の仲間に、この場を借りて心より感謝申し上げます。
本当にきつい1年でしたが、これでようやく自分も福島大学の一員になれた気がしています。



さて、相変わらず前置きが長いですが、今日はいわきでの資料レスキューの続編です。
2月に一時保管場所に搬入した民具類の整理作業です。

今日は徳竹先生と学生8名、4月から仲間になる編入生も参加してくれました。

午前中は打ち合わせのあと、作業場所の環境整備です。
資料を保護する意味もあり、遮光カーテンを取り付けました。



続いて、記録整理前のクリーニングです。
木箱に収められたお膳やお腕などを1つ1つ取り出し、埃をはらっていきます。





中にはレコードなどもありました。今となっては懐かしいものです。



お昼はリクエスト通りに唐揚げ弁当です。みんな感激のまいう~でした(・ω・)





資料の点数がかなり多いため、クリーニングは午後も続きました。
みんな集中力を切らさず作業を続けてくれて、感心します(パノラマで撮ってみました)。



福島県立博物館の内山大介さんには、民具の整理や記録調査について終始ご指導いただきました。有難うございました。
そして参加された地元いわきの関係者の皆様、福大と茨大の学生の皆さん、本当におつかれさまでした。
次の機会にまたよろしくお願いします。





TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/48-482742d5