今回は、このブログでも何度か予告のように取り上げてきた、いわきでの資料レスキューです。

思い起こせば、私が初めてこの件に関わったのが、2012年5月のことでした(詳しくは行政ブログをご覧ください)。
茨城ネットを中心として、全国から集まったボランティアが救出した歴史資料の一部が、ようやく記録整理される段階になりました。

時間がかかりすぎだとの意見もあるかもしれません。
しかし、ようやくここまでたどり着いたのも、地元で各方面と粘り強く交渉しつづけてきたYくんやBQさんの努力の賜物だと考えています。

さて、われわれ福大勢は、朝から高速バスに乗って一路いわきに。
いわき駅に集結した9名は送迎の車に分乗させていただき、一時保管場所へ。

まずは資料を迎え入れるための大掃除からスタート。
その後、軽トラックに載せられた民具類が次々と運ばれてきました。
相馬でのレスキューで手慣れたもの?と言わんばかりに、人海戦術であっと言う間に搬入作業は終わりました。





さて、労働のあとのお楽しみはお昼ご飯。
今日はBQさん一押しの唐揚げ弁当。
容器からあふれんばかりに唐揚げが入っていて、しかもかなりまいぅ~でした(・ω・)
箸袋の「とりなべ」というのが、大いに気になりますねぇ…。
また次回もこのお弁当にしましょう(笑)。



まるで小学校の遠足のように、福大勢と茨大勢、そして大人たちが仲良く円くなって、屋外のシートの上で(笑)昼食です。



午後からはエアキャップを外して、リストと中身を照合しながら、1点ずつ名札をつけていく作業です。









襖にはカビが発生していましたが(気分を害した方がいたらごめんなさい)、よく見ると下張りに使った文書も透けて見えます。
応急措置として、カビを拭き取りました。







最後に、湿気や虫害対策として簀の子を敷き、民具を並べ替えました。



参加してくれた学生の皆さん、地元ならびに茨城・ふくしまネット関係者の方々、本当におつかれさまでした。
多くの学生たちのおかげで、思った以上に作業もはかどりました。感謝感謝です。
次は3月に記録整理作業をする予定ですので、また学生たちの積極的な参加を期待したいと思います。
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/45-7d76f24d