大学は、12月20日で授業が終わりました。
20日の夜は、福島大学東京サテライトにて単発の講師をつとめてきました。
大学院生の皆さんに、歴史資料保全活動に関する話をしてきました。
福島は朝から雪で、東北線が停電で止まるなど、 一時はどうなることかと危ぶまれましたが、何とか予定通りに到着できました。



東京サテライトでは、素敵なクリスマスツリーが出迎えてくれました。



この日は、来年度のゼミ生の所属希望者が教員向けに内示されました。
これから調整さらに2次募集、正式決定の段取りになりますが、おかげさまで来年度もゼミ生が来てくれることになりました。

さて、本題です。
木曜日に、学内にて古文書の裏打ち実習を行いました。
いつも館園実習でお世話になっている郡山市歴史資料館から講師をお招きしました。
最初は、裏打ちのもつ意味や注意点などについて講義を受けました。

20131219裏打ち実習03

続いて裏打ちの実習です。
予め和紙を裁断し、裏打ち紙と、それより一回り小さい本紙をつくります。
本紙には古文書をコピーし、虫食い穴をつくっておきます。
せっかくなので、本物が学生たちの実習に登場することなどありえない、伊達と後北条と武田の文書のコピーを用意しました(笑)。

20131219裏打ち実習01

20131219裏打ち実習02

一つ目は、裏打ち紙に糊をつけて、本紙に貼り付ける方法を学びました。
噴霧器を使って本紙を湿らせたあと、糊を塗布した裏打ち紙を重ねて貼り付けていきます。

20131219裏打ち実習04

20131219裏打ち実習05

20131219裏打ち実習06

20131219裏打ち実習07

20131219裏打ち実習08

20131219裏打ち実習09

20131219裏打ち実習10

20131219裏打ち実習11

裏打ちのできたものは、板などに貼り付けて、丸一日乾燥させたあとに剥がします。

20131219裏打ち実習12

20131219裏打ち実習13

もう一つ、本紙に糊をつけて裏打ち紙を貼る方法です。
こちらは仕上がったものを台の上に載せて乾燥させます。

20131219裏打ち実習15

20131219裏打ち実習16

20131219裏打ち実習17

20131219裏打ち実習18

最初はおっかなびっくりだった学生たちも、だんだん調子に乗って、何枚もやり始めるようになりました(笑)。

20131219裏打ち実習14

20131219裏打ち実習19

20131219裏打ち実習20

20131219裏打ち実習21

20131219裏打ち実習22

最後はきちんと後片付けをして、終了です。

20131219裏打ち実習23

翌日、乾燥させたものを剥がしました。
本来ならば周囲を裁断して終了なのですが、今回はここまでにしました。

道具もいろいろ揃えたことですし、来年度以降もお願いして、続けていきたいと思っています。
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/36-1c973b51