水曜日に行われた大学の定例記者会見で、『ふくしま再生と歴史・文化遺産』の刊行について報告してきました。
詳しくはこちらをご覧ください。

定例記者会見に出るのは3回目ですが、記者さんたちから初めて質問をうけ、しかも本を持って写真まで撮っていただきました。
翌日の地元紙(福島民報、福島民友)にはカラー写真入りで取り上げていただきました。
正直恥ずかしかったですが(笑)、記者さんも重要な記事として扱ってくださったのだとすれば、光栄なことです。
これを機に、より多くの方に読んでいただけるよう、次は本屋さんもプッシュしてくれると嬉しいのですが…。

さて、行政ブログでは、夏休みの学生たちの活躍の記事を掲載していただきました。
こちらもぜひご覧ください。

震災当初に比べると、行政ブログも投稿もめっきり減ってしまい、いささか寂しい感じがします。
奇しくも『ふくしま再生と歴史・文化遺産』の中で、五味文彦先生が『方丈記』を引き合いに出し、ひどい災害があっても時間が経つと皆忘れてしまう、だからこそ鴨長明は忘れないように書きとめたのだ、そして震災を経験したものは絶えず発信していくことが大事なんだとおっしゃっています。
とりあえず歴史系ゼミは、行政ブログの場をお借りしてこれからも発信しつづけるつもりでいます。
今は米沢と相馬の資料レスキューのボランティアについて、学生たちに原稿を書いてもらっています。
掲載されたら、またここでも紹介します。

そういえば、もうまもなく師走を迎えます。
大学では各種ガイダンスが目白押しで、まず1年生の専攻選択が終わりました。
おかげさまで社会と文化専攻は、昨年に引き続き約60名の学生に集まってもらうことができました(それ以前は例年30名くらいだったんです)。
そして昨日は3専攻ごとに、専攻入門科目(2年次ゼミ)の説明会がありました。

来週はいよいよ、2年生の演習ガイダンスです。
はたして来年度もゼミ生が来てくれるのかどうか、毎年この時期は心配で心配で、胃が痛くなります(その割には日々快眠ですが・笑)。
とりあえず、来週からのゼミ見学に少しでも来てくれることを祈りましょう。
教務委員としては時間割の作成もあるし、そちらはそちらで頭の痛いところです。
そういえば、12月第2週からは3人でオムニバスの授業の最後5回分がまわってくるんだった…。

いずれもどうなることでしょうか…。

*12/1の追伸:定例記者会見に来ていただいた朝日新聞(地域面・福島)でも、記事が掲載されたようです。
 朝日新聞デジタルで見ることができます(こちらもカラー写真入り・笑)。
 全文を読むには会員登録しなければなりませんので、ご注意ください。
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/34-1146a5ba