このところ多忙だったので、とてもブログを書いている余裕も元気もありませんでした(今も仕事に追われている最中です)。
22日の日曜日に実施した国見町での資料調査の記事は、近いうちに掲載したいと思っています。

さて、昨日は福島市教育委員会に依頼されての講演でした。
「文献から見る戦国時代の福島」と題して、久しぶりに2時間(笑)しゃべらせていただきました。

福島にきてもうすぐ3年経ちますが、これまで依頼されたのは歴史資料保全活動の話ばかりで、専門に近い話をしたのは初めてです(^◇^;)
準備がかなりたいへんでしたが、とてもいい勉強の機会を与えていただきました。

昼に講演を終え、その足で、博物館実習(第二回)の行われている福島県歴史資料館にお邪魔しました。
学生たちには、スーツ姿にかなり驚かれました(~_~;)

今回は、展示制作実習でした。担当は、後期に博物館展示論をお願いする、渡邉智裕先生です。

20130927パネルづくり02

午後の一番目はパネルづくりでした。
ハレパネは学内でも一度やったことがありますが、意外と難しいというか、手こずっていたようです。
職員の方にもご指導いただきながら、何とか完成させました。

20130927パネルづくり01

20130927パネルづくり03

20130927パネルづくり04

20130927パネルづくり05

20130927パネルづくり06

20130927パネルづくり08

20130927パネルづくり07

パネルづくり(9)_convert_20130927134604

続いて、展示準備です。
9月28日(←明日!)から開催される「描かれた江戸時代の信夫郷」です。

2013歴史資料館収蔵資料展

既に作業は進んでいましたが、学生たちも実習のお手伝いです。

まず、限られた条件(設備など)の中で展示をどうやって工夫したらよいか、展示ケースと展示品を前に、学生たちが昼休みの宿題として考えてきたことを発表しました。
ここでは答えは明かしませんが(笑)、学生たちの意見に、先生が一つひとつコメントしてくださいました。

20130927展示制作01

続いて、展示準備です。
まず、挨拶文の掲示と、案内板の作成です。
裏に両面テープを貼り、位置を決めたら貼り付けていきます。
まっすぐ貼ろうとすると、意外と難しそうです。

20130927展示制作02

20130927展示制作03

20130927展示制作04

20130927展示制作05

次に、先ほど作成したパネルを柱として貼り付けていきます。
これも高さを決めたあと、一つひとつ計測して揃えていきます。

20130927展示制作06

あわせて、キャプションも所定の位置に貼っていきます。

20130927展示制作07

展示環境について説明を受けたところで休憩に入ったので、ここで失礼しました。

博物館実習で文化財に間近に接し、その取り扱いのルールを実体験することで、博物館や文化財に対する見方もずいぶんと変わってくると思います。
そういえば、3年前に受けた早稲田大学の学芸員資格夏期集中講座で、大橋一章先生が「文化財に対するよき理解者を育てていくこともこの講座の大切な役割だ」といったようなことをおっしゃっていましたが、彼らがどのような道を歩むにしても、歴史や文化へのよき理解者、応援団になってもらいたいものです。
福島県歴史資料館の皆様、引き続きご指導をよろしくお願いいたします。

明日からの収蔵資料展も、特に地元の方にとってはおなじみの景観や地名がたくさん登場しますので、面白いと思います。ぜひ足をお運びください。
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/28-22d4d9c7