昨日と今日は、東日本大震災で倒壊した神社の解体撤去にともなう、 福島県文化財等救援本部の文化財レスキューがありました。
昨日は(財)福島県文化振興財団の本間宏さんが参加され、そのときの様子を写真で送ってくださいました。

20130819神社①

20130819神社②

震災からまもなく2年半が経とうというのに、原発20km圏内では、震災当時のままほとんど状況が変わっていないところが少なくありません。
この神社もそうしたものの一つで、今回は関西と福島の神道青年会の皆さんや氏子さんたち(地元を離れ、避難生活を続けられているそうです)の手で解体撤去作業が進められることになりました。

昨日はだいぶ精力的に取り組まれたとのことで、今朝着いた時には、拝殿はほぼ解体されていました。

20130820神社③

周囲を見回すと、震災の爪痕があちこちに見受けられます。

20130820神社⑤

20130820神社④

今日はあいにくの雨模様でしたが、多くの参加者たちの熱心な作業によってまたたく間に片付けられていきました。

20130820神社⑦

倒れていた石灯籠も重機で持ち上げられ、元の位置に戻されていきます。

20130820神社⑧

文化財担当グループは並行してレスキューした棟札や絵馬を整理し、一部については放射線量を測定しました。

20130820神社⑥

ちょっと珍しいものですが、近くの海岸に打ち上げられた鯨に刺さっていた銛が奉納されていました。
昭和30年代の話で、皆で鯨を食べた話など、住民の記憶に残っているそうです。
もの自体の保存とともに、それにともなう記憶の伝承も大切であることがよくわかります。

20130820神社⑪

雨が強くなってきたこともあり、作業はお昼で終了し、残りは地元の氏子さんたちによって続けられるということで解散しました。

今回は解体撤去作業にともなう文化財レスキューでしたが、手つかずのまま救出を待っている文化財等はまだまだたくさんあります。
一つでも多くの歴史・文化遺産を救い出し、後世に伝えていくために何が必要なのか、その中で自分にできることは何か、いろいろなことを考えさせられた1日でした。
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/22-04d89b5f