昨日の土曜日、今年も博物館実習の授業の一環として、日本のエコミュージアムの先駆けでもある山形県朝日町を訪れました。

 第1回(2013年度) 第2回(2014年度) 第3回(2015年度)  第4回(2016年度)

いつもの通りに、大学の借上げバスで福島駅西口を出発し、約2時間で到着。
午前中はNPO法人朝日町エコミュージアム協会の長岡理事長の講義を受けました。

20170715朝日町エコミュージアムbg (1)

学生たちは熱心に講義を受けていたので気づかなかったようですが、外は突如として大雨に。
あとで聞いたところ、いわゆるゲリラ豪雨のように、周辺地域だけ15分くらいどっと降ったようです。
幸いなことに、質疑応答が終わって出発する頃にはすっかり青空となっていました。

午後のサテライト見学の前に昼食。
今年も初めてのところで、東京から移って来られたご夫婦が開いたKaRaKaRaさんにご用意いただきました。
ドライカレーが美味しくて、食後にはデザートもついて大満足でした(^o^)
さくらんぼは時期的にもう終っていたのですが、今では珍しくなったナポレオン品種が手に入ったんだそうです。

20170715朝日町エコミュージアムbg (2)

20170715朝日町エコミュージアムbg (4)

今年は定番スポットと寺社信仰を軸にサテライト見学を設定しました。
最初は椹平(くぬぎだいら)の棚田に向かう途中で下車し、能中地区の信仰の場である二渡神社へ。
ここは西五百川(いもがわ)三十三観音の第二十八番札所となっています(あれ、神社だけど…)。

20170715朝日町エコミュージアムbg (5)

そのまま歩いて、椹平(くぬぎだいら)の棚田へ。

20170715朝日町エコミュージアムbg (6)

いつ来てもいい眺めです。学生たちもそれぞれカメラを向けていました。

20170715朝日町エコミュージアムbg (7)

20170715朝日町エコミュージアムbg (20)

ここで収穫されるお米は棚田米としてブランド化されて流通しているそうです。

20170715朝日町エコミュージアムbg (8)

次は第三十番札所の夏草観音堂へ。

20170715朝日町エコミュージアムbg (9)

その奥にある佐竹家住宅も、外から少しだけ拝見させていただきました(見学には事前申し込みが必要)。

20170715朝日町エコミュージアムbg (10)

つづいて第一番札所の水口十一面観音堂へ。
ここも中まで入って拝観させていただきました。

20170715朝日町エコミュージアムbg (11)

この裏手には、戦国時代の水口館跡があります。
2013年に初めて来たときにご案内いただいたことを思い出して、皆で登ってみました。
たまたま地元で草刈りをしてくださっておかげで、草むらをかきわけずにすみました。
いずれは花を植えて、地元でも親しまれる公園としても整備したいのだそうです。

20170715朝日町エコミュージアムbg (12)

20170715朝日町エコミュージアムbg (13)

そして最後に、忘れてはならない空気神社へ。
来るたびに参道がきれいに整備されていて、今年は途中にベンチも新設されていました。

20170715朝日町エコミュージアムbg (14)

20170715朝日町エコミュージアムbg (21)

しばらくなくなっていた「参拝の方法」の説明版も復活したことから、皆で空気神社の正式な方法で参拝しました。
その後はいつも通り、自分の姿を映しながらの記念撮影ですが、ちょっと表面が曇ってたかな…。

20170715朝日町エコミュージアムbg (15)

最後は創遊館コアセンターで記念撮影。

20170715朝日町エコミュージアムbg (22)

それぞれがどんなことを学びえたのかは、今後の活動の中でだんだん明らかになってくることでしょうが、やはり座学だけではわからない、現地に行って話を聞いて、質問して、実際に歩いてみたからこそ感じ取れることが多々あったことと思います。
今年も国見町でのまるごと博物館づくりに向けて、今回の経験をいろいろなかたちで生かしてくれることを期待しています。
末筆ながら、いつもお世話になっている朝日町エコミュージアム協会の皆様、ありがとうございました。
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/215-31e847bf