約半年間にわたって構想し、準備を重ねてきたシンポジウム「ふくしまの未来へつなぐ、伝える」が無事開催の運びとなりました。

ふくしま_A4_表

ふくしま_A4_裏

思えば昨年12月、愛媛での全国史料ネット研究交流集会で、史料ネットと県ネットがそれぞれ活動しながら連携を模索している岡山の話をうかがいました。3月の郡山集会での静岡、三重の報告と同じく、行政主導型のネットという、従来の大学主導型とは異なる新しい取り組みを、個人的にはかなりの衝撃を以て受け止めました。そして、本来ならば震災・原発事故災害という未曽有の経験をしたところが他に先駆けてやらなければならないのに、どうしてできないのか、旧態依然として変わることのない福島のことが、一県民として恥ずかしく、情けなく思えてなりませんでした。

同じ愛媛集会で、県の文化財担当が現場教員からの人事異動でまかなわれていて、発掘などの現場経験のある教員が高齢化して後継者問題が深刻であるという宮崎の話は、内実は違うのかもしれませんが、福島とよく似た話だと感じました。
ここまで来ると、福島県という組織全体の文化財行政に対する姿勢や構造的矛盾を解消しない限り、どんなに時間をかけても、何を言っても変わらないし、根本的な解決は図れないのかもしれません。
それでも、何もしないでいるよりは何かしらアクションを起こそう、そんな思いを抱きながら福島に帰ってきたことを覚えています。

もう一つ、普段から顔を合わせる機会の多い福島県博、まほろん、富岡町の関係者がとりくんでいる活動の話は、研究者としていつも教示をいただいているばかりでなく、歴史や文化に関心を寄せる一市民としても刺激的で、知的好奇心に満ち溢れていて、誤解を恐れずに言えば純粋に面白いなと思って聞かせていただいています。
そうした話を関係者だけの中にとどめておくのはあまりにももったいない、こんな刺激的で興味深い話は少しでも多くの方に聞いてもらいたい、だったら一堂に会して紹介してもらえたら、行政の文化財担当者や一般市民など、もっとたくさんの方たちに届くのではないか、そういう思いもありました。

そしてせっかくなら、話や映像だけでなく、実物のモノを持ってきて見せてもらえたら、もっとわかりやすく親しみやすくなるだろうし、こういうものが大事なんだということもダイレクトに伝わり、何より学芸員の皆さんの熱い思いを直接感じ取っていただけるだろう、僭越ながらそんな思いで、関係機関にはわがままなお願いをして、快くご協力いただきました。

シンポジウムの名称は「ふくしま再生と歴史・文化遺産2017」とかでもよかったのですが、全幅の信頼を寄せている本間宏さんから、明るく前向きな感じにした方が人は集まりやすいですよというアドヴァイスを頂戴し、思い付きでメインタイトルは「ふくしまの未来へつなぐ、伝える」とし、サブタイトルに「歴史・文化・震災遺産の保全と活用の今」としました。
正直言えば、昨年10月の富岡町と福大のシンポジウム「ふるさとを想う まもる つなぐ」にインスパイアされたところもありましたけれど(笑)。

本来ならば考古学の遺物・遺産や美術品、動植物などの自然史資料も、地域を語る上では外せないところですが、今回は民俗芸能の記録保存と維持再生に尽力されている懸田弘訓先生に基調講演をお願いし、震災遺産、富岡町、無形民俗文化財(伝統工芸の製作技術)の各分野からご報告をお願いしました。
あとで誰かから指摘されて気づいたのですが、今回は期せずして5名中3名が民俗学の専門家でした。結果的にはそれもよかったのかもしれません。

いつものことながら、学生たちには「勉強だからね」といって(笑)力を貸してもらいました。
今回は時期的に就活と重なったこともあり、いつもほどではありませんでしたが、それでも準備段階を含めれば20名以上は関わってくれたでしょうか。有難いことです。

20170617シンポジウム@郡山bg (12)

20170617シンポジウム@郡山bg (4)

余談ながら、シンポジウムには卒業生・修了生も4人ほど、一般参加で来てくれました。
こうやって社会に出て活躍する卒業生たちが、歴史学を学んだことを忘れずに顔を出してくれることは本当に嬉しいですし、ささやかながらも明るい希望がもてる瞬間でもあります。

20170617シンポジウム@郡山bg (1)

シンポジウム開催に先立ち、会場設営や展示準備が行われました。

20170617シンポジウム@郡山bg (5)

20170617シンポジウム@郡山bg (9)

20170617シンポジウム@郡山bg (10)

20170617シンポジウム@郡山bg (3)

20170617シンポジウム@郡山bg (11)

準備が早めに終わったので、福島県博・富岡町・まほろんの学芸員さんたちに開場前の特別解説をお願いしました。
学生の皆さんにとっては、これこそまさに現場でしか学べない貴重な経験、そしてぜいたくな時間なのですから、手伝ってくれたことへのご褒美の一つだと思ってください。

20170617シンポジウム@郡山bg (2)

20170617シンポジウム@郡山bg (8)

20170617シンポジウム@郡山bg (7)

どのくらい来ていただけるのか、まったく予想もできなかったのですが、始まってみるとかなりの座席が埋まっていて、追加で椅子を出すような状態でした。
会場である郡山市の品川市長には、公務でご多忙のところ、来賓としてご挨拶を賜ることができました。心より感謝申し上げます。

20170617シンポジウム@郡山bg (18)

不手際もあって報告者、参加者の皆様にはご迷惑をおかけしましたが、懸田弘訓先生の基調講演と4本の個別報告の終了後の展示解説と研究発表、体験コーナーの時間も盛況でした。

20170617シンポジウム@郡山bg (16)

20170617シンポジウム@郡山bg (15)

20170617シンポジウム@郡山bg (17)

意見交流の時間はだいぶ予定時間を超過しましたが、司会の本間宏さんに手際よくさばいていただきながら、大事な論点を的確に抽出していただけたので、これまでの達成や共通の問題意識、また今後の課題や指針もかなり鮮明になったと思います。

20170617シンポジウム@郡山bg (14)

なお、おそらくはもっと発言の機会がほしかったという方も多数おいでだと思いますので、よろしければぜひ事務局までメールにてご意見・ご感想をお寄せください。

 ふくしま史料ネット事務局 shiryo-net※ipc.fukushima-u.ac.jp 
   ※=@に変更してください

今回のシンポジウムは、「ふくしまの未来へつなぐ、伝える」ためにどのような取り組みがなされているのか、どんなことが必要なのかを、原発事故災害の被災地の事例を中心にともに考え、かたちは違えども、その成果をそれぞれの地域に持ち帰っていただき、福島県内での歴史・文化・震災遺産の保全と活用に関わる活動の普及につなげていきたい、そういう意図がありました。
その目論見がうまくいったかどうかはわかりませんが、ご講演いただいた懸田弘訓先生、ご報告いただいた内山大介さん、門馬健さん、大山孝正さんの、それぞれの活動にかける熱い思いは十二分に伝わったものと思います。
また、福島県立博物館の高橋満さん、(公財)福島県文化振興財団の國井秀紀さんの展示解説は、ともすれば難しさ、とっつきにくさを感じさせてしまう活動の内容と意義を親しみやすく、わかりやすく伝えるものであったと思います。
裏方として支えてくださった方々を含め、関係者各位にはこの場を借りて感謝申し上げます。

「ふくしまの未来へつなぐ、伝える」活動は、原発事故災害の被災地だけではなく、福島県内のどこであっても取り組まなければならない課題です。決して他人事ではありません。
地域の歴史・文化は自分たちの手で護り伝える、それを行政や専門機関、地域の大学が支えていくという、当たり前のようでいて実現の難しいことが、福島県では震災・原発事故災害を機に当たり前の文化として定着していった、後世の人々にそんなふうに評価してもらえるようになるために、これからも連携と発信・共有を続けていきたいと思います。

すでに次のシンポジウムでやりたいことは、頭の中でイメージが膨らみつつあります。
それを実現するためには、また多くの関係者のご理解とご協力が必要です。
そんな意味も含めて、変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/210-f695b5c4