前回の続きです。何と記念すべき?200号目の記事です。

第3日

博多でYちゃんと別れ、九州新幹線(個人的には初めて乗りました)で熊本を経由し、南の宇土市に向かいました。
誕生日祝いで見かけたのの本物に出会いました(笑)。

20161105熊本 (16)

cb65a1fd-6e08-4660-b13c-21c44fb080f3_medium.jpg

ご案内いただくのは宇土市教育委員会の大浪さん、そして約20年ぶりの再会となる、熊本県立図書館学芸員で地元出身の青木さんです。
横浜国大の有光友學先生のもとで出会った『静岡県史』編纂の補助作業者と大学院生が、熊本地震を機に再び「つながる」なんて、予想だにできませんでした。
不思議な縁ですが、きっと有光先生が天から引きあわせてくださったのでしょう。感謝申し上げます。

まず大浪さんに、城下町を歩いてご案内いただきました。

20161105熊本 (1)

歴史ある武家屋敷が被害に遭ったほか、屋根にビニールシートを被せた家屋が多くみられ、あらためて熊本地震の被害の深刻さを思い知らされます。
重要な歴史的建造物ということで、保全に動こうとされているそうです。

20161105熊本 (2)

宇土の城下町には轟水源から引いて来られた轟泉水道が今でも利用されています。
現役としては日本最古と言われているそうで、その水道を辿って宇土城跡へと向かいました。

20161105熊本 (3)

20161105熊本 (4)

特徴的な赤い石は馬門石といって、古墳時代には畿内などへも運ばれて石棺に使用されていたそうです。
10年ほど前に、実際に石を古代船に乗せて輸送する実験も行われたそうです。
ロマンがあって、面白いですよね。

今度は青木さんのご案内で、近世の宇土城跡を廻りました。
現在は宇土高校や住宅地などになっているため、一見さんがふらりと立ち寄っても何もわかりませんが、地元に精通した方にご案内いただくと、本当にわかりやすく、面白く巡検できます。

20161105熊本 (5)

20161105熊本 (6)

20161105熊本 (7)

20161105熊本 (8)

縄張図を片手に、城の痕跡を辿って歩きつづけると、ようやく城らしい雰囲気の場所に着きました。
ここでしばし、九州の戦国史についての講義をいただきました。

20161105熊本 (9)

20161105熊本 (10)

小西行長像のある本丸跡で、花見の時のようにシートを敷いていただいて昼食。

20161105熊本 (12)

お弁当を手配していただきました。たいへん助かりました。
有光先生との思い出話を交えた青木さんのお話しは、雑談のようでありながら、一人の研究者としての奥深い話で、それこそ授業で多くの学生たちに聞かせたいものでした。
一緒に聞いていたゼミ生たちはどう受けとめたでしょうか。

小西行長像の前で記念撮影。

20161105熊本 (11)

引き続き城内を巡り、今度は麓の西岡神社から中世宇土城跡に向かいました。

20161105熊本 (13)

もともとは宇土氏、名和氏が拠点とし、小西行長がその東側に新たに城を築いたことから、中世と近世の宇土城があります。
縄文と柵が復元してあったこともあってか、解説は中世の戦争、戦法の話に及び、よほど興味を引いたのか、学生たちは楽しそうに聞き入っていました。

20161105熊本 (14)

20161105熊本 (15)

宇土高校の構内に戻り、板碑などを見学したのち、歩いて城下町を巡検。
これまた随所にかつての名残りが見られ、歴史あるまちならではの面白さを体感しました。

20161105熊本 (19)

20161105熊本 (20)

途中、教育委員会にもお邪魔しました。

20161105熊本 (22)

ここでは大浪さんから、宇土市の多様な取り組みについてお話しいただきました。
『宇土市史』の編さん資料を市民に公開して利用できるようにしたり、公文書の保全整理を条例で定めたり、「うと学」を立ち上げて地元の人たちと地域を知り、学ぶなど、かなり積極的に取り組んでおられます。
公務員になる、これからめざす学生たちにとっては、現場の生きた声を聞かせていただけて、たいへん勉強になりました。

最後に、轟泉水道の終点でもあり、川舟の荷の集積場としても栄えた船場橋を見て、宇土駅まで送迎いただきました。

20161105熊本 (21)

20161105熊本 (23)

宿は玉名温泉、青木さんのご紹介の宿へ。
男組は送迎バスに大型荷物を預け、青木さんがぜひ見て欲しいと仰っていた繁根木八幡宮を見学。
またおみくじ引いてるよ…しかも恋愛運だって(笑)。

20161105熊本 (17)

20161105熊本 (18)

さすがに日も暮れて真っ暗になってしまったので、もう一つおすすめの高瀬津の見学は断念し、歩いて宿へ。
いつもはビジネスホテルばかりなので、こういう旅館に泊まりたかったんだそうです。
食後に男全員で露天風呂に入ったのが、もしかしたら一番嬉しかったかもしれないな…。

最終日

泣いても笑っても(?)この日で終わり。
全員で美味しい朝食をいただいたのち、熊本市内へ。
まずは加藤清正と一緒に(笑)。
その後はくまモンと(笑)。

20161106熊本 (1)

20161106熊本 (3)

部分的ですが、城内を見学できることがわかったので、コースに沿って加藤神社まで向かいました。
報道で見聞きしていたとはいえ、崩落した石垣を目の前にすると、地震の威力の凄まじさがよくわかります。
今さらながら、震災前に見ておきたかったですね。

20161106熊本 (2)

七五三の季節ということで、加藤神社は参詣の親子連れで賑わっていました。

20161106熊本城

ここでいったん解散し、自由行動。
私は神社からまっすぐ降りて、被災状況を外から見ながら、一周しました。

その途中、城彩苑で11時半から始まったという、イケメン武士たちのショー(?)をのぞいてみました。
この日は小西行長が出るんだそうです。
揃いも揃ってはしゃいでいる娘たちを見て、こんなゼミ教員で悪かったねぇ、この野郎と思いつつ(半分は作り話、半分は…?)、面白いのでステージではなく観客を撮影(笑)。

20161106熊本 (4)

20161106熊本 (5)

その後は城の残り半分を見てまわり、熊本駅へ。
全員集合ののち、現地解散。
入場券を買って、新幹線ホームまでお見送りしました。

20161106熊本 (6)

女子はまっすぐ福島に戻りましたが、男子は有志で長崎に向かったそうです。
あとで聞いたら、好天で海も穏やかで、目的の軍艦島に上陸できたそうです。よかったね。

とにかく4日間好天に恵まれ、上着を着ているのが暑いくらいの強い陽射しでした。
彼らに学んで欲しいことはたくさんありますが、何より堀本さん、青木さん、大浪さんがいい先生になってくださいました。
博物館の学芸員として、公務員として、あるいは歴史学を学んで地域に関わる者としてどうあるべきか、何が大事なのか、たくさんのことを教えてもらったはずです。
一人ひとりが自分で理解し、感じとったことを、ぜひ将来のキャリアに生かしてもらいたいものです。

4年生は学生時代最大の思い出を胸に、卒論まっしぐらで突き進んでください。
3年生はだんだん残り少なくなっていく4年生と共有する時間を大切にしてください。
学生時代の忘れられない、かけがえのない思い出の一齣となったのであれば幸いです。
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/200-dcf7d1d9