今夜は、恒例となった考古学・文化史・地域史3ゼミ合同の新ゼミ生歓迎会でした。
お気に入りのお店を会場とするのは、これで3回目でしょうか。

残念ながら若干の欠席者もいましたが、それでも教員を含めて約40名の参加者を得ました。
着任した6年前は、考古学・文化史で10名程度しかいなかったことを思えば、ここまで大きくなったかと、隔世の感があります。
それはやはり、今までの卒業生たちがわれわれのゼミを評価し、選んでくれたおかげでもあるので、あらためて感謝しないといけないですね。

20160414新ゼミ生歓迎会blog (1)

最初は3年生の緊張した表情も散見されましたが、美味しい料理とビールを堪能し、全員の自己紹介の一言が終わった後はリラックスしたようで、あちこちでテーブルを移動しては、ゼミや学年の枠を超えて楽しく交流し、盛り上がっていました。

20160414新ゼミ生歓迎会blog (3)

歴史系ゼミは他ゼミと比べても、ゼミ・実習・学内外活動と、一緒に過ごす時間が圧倒的に多いせいか、緊密な関係になるんでしょうね。

これから時間をかけて、卒業する頃には「このゼミを選んでよかった」と心から言ってもらえるようなゼミ大好きっ子にできるよう、たっぷりと愛情をかけて指導していきたいと思っています。

卒業生のむーさんが「うちのゼミは、思いっきり楽しむときと真剣に取り組むときのメリハリがしっかりできているところがいいところだと思います」と言ってくれました。
何年経ってもみんなに変わらず同じことを言ってもらえるよう、気を引き締めてがんばっていきます。

20160414新ゼミ生歓迎会blog (2)
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/185-8987cd64