昨日は今年度3回目(4回目だったかな…)、そして年度内最後の富岡町資料の整理作業でした。
学期末試験が終了して授業がないこともあってか、30名以上の学生が参加してくれました。
人数が多いことがわかっていたので、ボランティアは少なめで募集したのですが、それでも4名の皆様にご参加いただきました。ありがとうございます。
卒業を間近にした4年生たちもたくさん来てくれました。
わが文化史ゼミはから3年生全員、進学予定の2年生もほとんどが参加してくれました。4年生も5名来てくれました。
教員からは菊地先生が参加してくださり、本学の日本史の4教員が勢揃いしました。

道が混んでいたようで、10時を少しまわったころ、大型バスが会場に到着し、現地集合組と合流。
徳竹先生が事前に上級生と初めての参加者のペアを組んでシフトを用意してくださり、午前中は撮影と目録作成に分かれて作業にとりかかりました。

20160223富岡町資料整理bg (7)

20160223富岡町資料整理bg (4)

それにしても、毎度のことながら、学生たちの成長ぶりは目を見張るものがあります。
ついこの間まで何をしていいのか右往左往していた連中が(失礼)、2年生に付き添ってしっかり指導してくれているんですからね。
そんなふうに感じるのは、年齢を重ねるともに異常なまでのスピードであっという間に過ぎ去っていく時のせいかもしれません。
2年生ものみこみ早く、上級生のサポートなしにひとり立ちするようになっていました。

20160223富岡町資料整理bg (1)

20160223富岡町資料整理bg (2)

菊地先生とボランティアの皆様には、埃を被った資料のクリーニングという一番たいへんな作業に取り組んでいただきました。
これがなければ撮影には入れません。ありがとうございます。

20160223富岡町資料整理bg (3)

いつものように全員で丸く椅子を並べてとはいきませんでしたが、3つぐらいの輪になって仲良く昼食。
心なしか、会話も弾んでいるように聞こえます。

午後はメンバーを入れ替え、撮影、目録作成、パソコンのデータ入力の3グループに分かれて作業。
手の足りないところ、余ったところで臨機応変に入れ替わり対応してくれました。

20160223富岡町資料整理bg (8)

最終的に、目録カードは約60枚、1枚あたり約10件を記載しますから、単純計算で600件の資料を撮影し、目録をとったことになります。点数にすれば1000点を越えていたかもしれません。

20160223富岡町資料整理bg (6)

帰りの挨拶で、富岡町の門馬さんが「富岡町の成り立ちと富岡・夜の森」同時開催「富岡町震災遺産展~複合災害とこれから~」展についてご紹介くださいました。
「展示が開催できたのは、福大の皆さんに資料を整理していただいたおかげです」というあたたかいメッセージとともに、今まで参加してくれた学生たち一人一人に、感謝のこもった展示の案内をいただきました。

富岡町の成り立ち_チラシ (1)

富岡町の成り立ち_チラシ (2)

学生たちも、自分たちが関わってきたことの意義について捉えなおす、いい機会を与えていただけたのではないでしょうか。
こういうのがまさに「生きた学び」なんだろうと思っています。
福島市内からだと、同じ県内でもいわきは意外と時間がかかり、交通費も決して安くはないのですが、富岡町役場プロジェクトチームの皆さんの思いを受け止めて、一人でも多くの人に足を運んでもらえたらと思っています。

来年度以降も継続していけるよう、教員もがんばりますので、またよろしくお願いします。
おつかれさまでした。

20160223富岡町資料整理bg (9)
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/180-a2e8e7b5