2013.08.03 パネルづくり
8月になったというのに、福島は雨ばかり降っていて、気分はすっきりしません。

明日4日の日曜日には大学のオープンキャンパスがあります。
多くの高校生や保護者の方々を歓迎するような好天に恵まれることを願うばかりです。

さて、昨日は試験期間の合間をぬって、オープンキャンパスで使用するパネルづくりをしました。
広報委員の長谷川先生が声をかけてくださり、行政政策学類の歴史資料保全活動について紹介させていただけることになりました。
さしずめ博物館実習の番外編といったところです。

まず、学類の印刷機でポスターを作りました。

20130802パネルづくり-01

次に「ハレパネ」と呼ばれる糊つきの台紙に慎重に貼り付けていきます。

20130803パネルづくり-02

20130803パネルづくり-03

周りをきれいにカットすれば完成です。

20130803パネルづくり-04

20130803パネルづくり-05

続いてもう1枚、今度は学生たちにやってもらいました。

20130803パネルづくり-06

20130803パネルづくり-07

今回は、3月にいただいた文化庁長官からの表彰状(もちろんコピーです、念のため)もパネルにしました。

20130803パネルづくり-08

厚みのあるパネルをカットするのは、意外と難しいんですね。

20130803パネルづくり-09

でも、さすがは学生。飲み込みも早く、最後は自信作の完成です。

20130803パネルづくり-10

並行して、いつも古文書学実習でお世話になっている撮影台の貼り替えです。
20130803撮影台づくり-01

実はこれ、ホワイトボードの表面に、古文書を入れる中性紙封筒を貼り付けているんですね。

20130803撮影台づくり-02

ホワイトボードだと、古文書撮影のときに磁石を使って押さえることができるんで、とても便利なんです。

切り開いた封筒を重ねあわせて、接着力の強いスプレー糊を使って貼り付けたら、あとはボードに固定して出来上がりです。

20130803撮影台づくり-03

20130803撮影台づくり-05

20130803撮影台づくり-06

20130803撮影台づくり-07

試験期間の忙しい中、手伝ってくれた皆さん、おつかれさまでした。

20130803パネルづくり-11

宮城ネット伝承の技術をご指導いただいた徳竹先生もおつかれさまでした。
後期になったら、博物館実習の授業として、みんなでパネルづくりをやりましょうね。
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/18-4aaddcef