前回の続きです。

いよいよ本番当日。

20160124貝田宿まるごと博物館bg (0)

天気予報では、西日本を中心に全国的に荒れ模様とのことで、心配していたところ、窓を開けると雪がちらほら…。
自称晴れ男(?)の教員としては、何とかもってもらいたいと祈るばかりです…。

朝8時過ぎに貝田駅から会場に集合。

20160124貝田宿まるごと博物館bg (1)

雪が積もってはいましたが、新雪なので凍っておらず、歩きやすそうだし、何よりいい天気なので一安心。

20160124貝田宿まるごと博物館bg (2)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (3)

早速、みんなで配布資料の製本作業にとりかかりました。

20160124貝田宿まるごと博物館bg (5)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (6)

展示や報告の準備もOKです。

20160124貝田宿まるごと博物館bg (7)

時間前に直前の打ち合わせをしていると、10時受付開始前から早々に集まりはじめたため、急遽それぞれの持ち場に。
最寄りの貝田駅まで送迎にも向かいます。
待ち時間には展示物をご覧いただきました。

20160124貝田宿まるごと博物館bg (9)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (4)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (8)

午前の報告会は予定通り10時半開始。
120名以上(!)の方にお越しいただいたそうです。会場はそれなりの広さですが、入りきれないくらいの盛況ぶりです。
国見町の広報ととともに、大学の定例記者会見を新聞で取り上げていただいたことも大きかったのでしょうが、反響の大きさにとにかく驚きました。

20160124貝田宿まるごと博物館bg (10)

教育長、町内会長のご挨拶と教員からの趣旨説明ののち、①貝田の信仰と祭礼について、②貝田地区に見られる産業~国見石と養蚕、③新聞と県庁文書から見る貝田の鉄道火災、の3報告がありました。
質疑応答では、地元の地名についての発言が相次ぎ、地元ならではの関心の高さがうかがわれました。

20160124貝田宿まるごと博物館bg (11)

終了後には新聞取材もありました。
  読売新聞  福島民報

20160124貝田宿まるごと博物館bg (12)

昼食では「伝統的食文化」と題し、地元の婦人会の皆様のご協力で、かまど炊きのおにぎりなどがふるまわれました。

20160124貝田宿まるごと博物館bg (13)

片づけなどでその様子は見られなかったのですが、かまど炊きごはんの美味しいこと美味しいこと(・ω・)
いかにんじんとたくわん、味噌汁もあって、心身ともに温まりました。ごちそうさまでした。

20160124貝田宿まるごと博物館bg (14)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (15)

午後からは「貝田宿まるっとお見通し」じゃなくて「貝田宿まるっと見学ツアー」。
博物館でいえば展示を見るのと同じことを、地域を歩くことでやってみようというものです。
晴天に恵まれ、前日のリハーサルと注意点の確認もあって、概ねうまくいったと思います。
貝田宿の歴史・文化の魅力を楽しんでいただけたでしょうか。

20160124貝田宿まるごと博物館bg (16)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (17)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (18)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (19)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (23)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (22)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (20)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (24)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (25)

1時間半ほどで終了し、スタート地点の秋葉神社に戻って解散しました。
後片付けののち、県美の伊藤匡先生に頂戴した差し入れのお菓子をみんなでいただいて、終了となりました。

20160124貝田宿まるごと博物館bg (26)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (27)

貝田地区の皆様、国見町教育委員会の関係者の皆様、そしてご来場いただいた多くの皆様に、この場を借りて感謝申し上げます。
そして、学生たちのがんばりを心から誉めてあげたいと思います。
特に本番直前、教員が何も言わなくても、自分たちで何度も必死にリハーサルを繰り返している姿を見て、随分と自覚ができてきたものだと、頼もしくすら感じました。
ぜひこの日の生きた学びを、これからのキャリアで生かしてもらえることを願っています。
来年度も新しいメンバーを迎えて企画を継続できるよう、がんばっていきます。
それにしても、みんないい笑顔ですね(・ω・)

20160124貝田宿まるごと博物館bg (28)
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/177-248bdb89