今日は、福島大学として出展するイベントに、研究振興課からお声がけいただいて参加してきました。

20151209 (1)

場所は仙台国際センター展示棟。

20151209 (2)

つい先日、地下鉄東西線が開通し、目の前に国際センター駅ができあがりました。

20151209 (3)

初めてだったこともあり、仙台駅での乗り換えが分かりにくく面倒でしたが、それでもだいぶ便利になりました。

展示ブースに行ってみたら驚き。
LED照明でポスターが光り輝いているではありませんか(笑)。
特殊な用紙らしいですが、他のブースと比べても明らかに目立っています。効果覿面!といきたいところです。

20151209 (5)

20151209 (8)

いつも資料を撮影している様子を再現し、急遽パソコンで画像を見せることにしました。
報告書とか書籍を並べておけばよかったかな…。ちょっと失敗しました。

20151209 (6)

地域連携をアピールしたい研究振興課の意図もあって、声をかけていただきましたが、イベント自体は理系の研究がほとんどでした…。
反応はというと…正直、やはり寂しかったですかね。

話は変わりますが、すぐ近くには仙台市博物館があります。
今まではバスで訪れていましたが、地下鉄の開通で、だいぶ便利になった気がします。
昼食でレストランに行こうとしたところ、ちょうど「せんだい再発見!」展を開催していました。

20151209 (7)

仙台市史編纂室の菅野さんがいらしたので、ざっとですが、文書をご案内いただきました。
突然の訪問にもかかわらず、快くご対応くださり、ありがとうございました。
なかなかいい中世文書が出てますよ。足を運ぶ価値は大いにあります。
前半は1月17日まで、後半は1月19日~2月28日までだそうです。

結局のところ、肝心の出展の方は、残念ながら期待した層の来場者はあまりおらず、お役にたてなくて申し訳なかったのですが、大学としても初めての参加ということで、仕方ないところもあります。
何にせよ、やらないでおとなしく黙っているよりは、積極的に飛び込んでやってみる方が、はるかに意味があると思います。

帰りは地下鉄からJRに移動する効率よいルートを見つけたので、次に仙台市博物館に行くときは、もっと楽ができるでしょう。
参加された皆様、おつかれさまでした。

夜は大学に戻り、卒論の指導。
4年生も必死なんだから、こちらもできるだけ応えてあげないと。
それが当たり前だけど、指導教員というものです。
終電になる前に帰ります。自分にもおつかれさま。
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/172-0575e995