9月26日(土)~10月6日(火)まで、今度は福島大学うつくしまふくしま未来支援センターにて、震災遺産展が開催されます。
あわせてシンポジウムも開催します。

ふくしま震災遺産保全プロジェクト アウトリーチ事業「震災遺産を考えるⅡ」
福島大学セッション「震災遺産とふくしまの記憶」

主催 ふくしま震災遺産保全プロジェクト実行委員会、福島大学
共催 福島大学資料研究所
後援 ふくしま歴史資料保存ネットワーク、福島民報社、福島民友新聞社

会 期 平成27年9月26日(土)~10月6日(火) 9:30~16:30 入場無料
      ※初日は10:30~のオープニングセレモニー終了後に開場
会 場 福島大学うつくしまふくしま未来支援センター3階・4階

関連事業
○オープニングセレモニー
  9月26日 10:30~
  中井勝己福島大学学長、中田スウラ福島大学うつくしまふくしま未来支援センター長、赤坂憲雄福島県立博物館長

○展示解説会(各30分)
  ①10月3日(土) 13:30~,15:00~ ②10月6日(火) 12:30~,14:00~

○シンポジウム「ふくしまの震災関連資料の保全と活用」

日 時 2015年9月26日(土) 13:00~16:30
会 場 福島大学 M4教室 入場無料、事前申し込み不要
内 容 司会進行 阿部浩一(福島大学)
     講演1 高橋満(福島県立博物館)「ガレキから「我歴」へ
            -ふくしま震災遺産保全プロジェクトの活動-」
     講演2 白井哲哉(筑波大学)「双葉町と筑波大学による震災資料保全の取り組み
            -何が残されているのか―」
     講演3 鈴木典夫(福島大学)「避難所の記録が後世に活かされるために
            -福島大学避難所48日間-」

開催趣旨
 福島大学では、ふくしま震災遺産保全プロジェクト実行委員会のアウトリーチ事業である「震災遺産を考えるⅡ」展を、9月26日(土)~10月6日(火)の11日間にわたり、福島大学うつくしまふくしま未来支援センターを会場に開催する運びとなりました。それを記念して、開催初日の9月26日にシンポジウムを開催することにいたします。
 シンポジウムでは、震災の歴史を後世に伝えるさまざまな資料について理解を深め、その保全・活用の意義について考えるため、3名の方にご登壇いただきます。
 福島県立博物館の高橋満氏は、先の実行委員会の中心メンバーとして、旧警戒区域での震災遺産の保全活動および展示での普及活動に取り組まれてきました。現場での体験を通じて考えた「震災遺産」とはいかなるものか、そしてそれらを保全することの意義と課題についてお話しいただきます。
 筑波大学の白井哲哉氏は、2013年に双葉町役場が埼玉県加須市からいわき市に移転するにあたり、役場内に残された震災関連の資料や、併設されていた避難所の資料保全と整理に関わってこられました。最近では双葉町内での避難所の現状記録にも乗り出されており、こうした震災関連資料を保全することの意義についてお話しいただきます。
 福島大学の鈴木典夫氏は、東日本大震災後に福島大学内において学生ボランティアとともに避難所を立ち上げ、多くの避難者を受け入れてきました。その活動の紹介を中心としながらも、保全された避難所資料についても適宜ご紹介いただき、大学にとっての震災関連資料のもつ意味についてもお話しいただきます。
 以上の3名のご報告をいただいたのち、ふくしまの震災関連資料の保全と活用の意義について議論を深めていければと考えております。多くの皆様のご来場をお待ちしております。

震災遺産を考えるⅡ福島セッション 震災遺産とふくしまの記憶 (1)

震災遺産を考えるⅡ福島セッション 震災遺産とふくしまの記憶 (2)
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/156-e0d92c1d