今年もふくしま史料ネット主催の夏期集中作業が福島大学で行われました。
2012年の第1回目が盛況に終わった後、われわれがきちんと継続できなかったことが最大の要因だと思いますが、時の流れとともに、被災地への関心やボランティア熱が冷め、すっかり下火になってしまっていることもあるのでしょう、本来の目的である「普段は参加できない方に、ふくしまの今を知っていただくためにも作業をお手伝いしてほしい」という思いは、なかなか届いていないのが実情です。
それはおそらく福島だけではなく、被災地の多くが抱えている共通の悩みではないでしょうか。
現実には学生たちに頼らざるを得ないものの、それに甘えることなく、少しでも経験者、協力者を増やす努力を続けなければいけないと思っています。

そんな中、2012年、2014年と毎回来てくださっている方や、昨年に引き続いて今年もいの一番に申し込んでくださった方、新しく始めたFacebookページの呼びかけを見て参加してくださった方もいて、本当にありがたいです。
いつも手伝ってくれる学生・院生たちにも感謝です。

第1日

この日は17名。
卒業生が3人来てくれて、半ば同窓会みたいになりました。

この日から、東日本大震災で津波被害を受けた古文書類の記録整理作業に入りました。
実は2012年5月の茨城ネットとの共同作業で、福大組がいわきでクリーニングや目録作成をした資料群なのです。
(詳しくは行政政策学類ブログ ガンバロウ福大! 行政の「結」の該当記事をご覧ください)
不思議な縁で、今度は福大で再会することになりました。

20150822夏期集中作業(10)

今日はほぼ全員で記録撮影に集中し、保存科学の専門の方にカビのひどい状態の資料の処置をお願いしました。

20150822夏期集中作業 (1)

20150822夏期集中作業 (2)

20150822夏期集中作業 (3)

20150822夏期集中作業 (11)

資料は封筒にハガキや電報が何百枚単位で束ねられており、1枚ごとに封筒に入れ替えていてはきりがないため、番号カードを併用することにしました。
学生に手伝ってもらい、急遽印刷した番号カードをカットしてもらいました。

20150822夏期集中作業 (4)

昼食はいつもの見晴らしのよい5階で、仲良くお弁当をいただきました。

20150822夏期集中作業 (5)

午後は埃の残った資料をクリーニングし、カビの有無について状態を一通りチェックしていただきました。
撮影も快調に進みます。
小休憩では卒業生のIくんの差し入れとわたしの用意したお菓子です。

20150822夏期集中作業 (8)

20150822夏期集中作業 (6)

20150822夏期集中作業 (9)

予定通り4時半には終了し、Kさんの差し入れの桃をお土産として分けっこしました。
みんな大喜びでした。いつもお気遣いいただき、有難うございます。

20150822夏期集中作業 (7)

第2日

この日は部分参加も含めて21名でした。
小雨が混じる、8月にしてはかなり寒い朝でした。
今度は2年前の徳竹ゼミ卒業生のAちゃんが来てくれました。
差し入れをありがとう。みんなで美味しくいただきました。

20150823夏期集中作業 (5)

昨日と同様に、全員で数百枚単位のハガキの束や書簡類の撮影に専念しました。
Facebookの呼びかけを見て初めて参加してくださった方も、1日中作業に専念してくださいました。おつかれさまでした。

午後から学生たちの数も増え、これまで最大の7台を駆使しての撮影です。あらためて見ると圧巻です。

20150823夏期集中作業 (4)

休憩時間にはMくんの函館土産も加わって、ちょっと贅沢な感じになりました。

20150823夏期集中作業 (6)

予定通り4時半に片付けを含めて終了しました。

昨年も同じで、始まる前は参加者が集まってくれるのか、不安ばかりが頭をよぎっていましたが、終わってみると、やはりやっただけのかいがありました。
学外から参加いただいた方々と旧交を温めることができましたし、新しい出会いもありました。
今年は学生・院生だけでなく、卒業生たちにもずいぶんと助けられました。
思うように外部からの参加者を集めることはこれからも難しいかもしれませんが、来年以降も粘り強く続けていくつもりです。

2日間にわたり参加していただいた皆様、心よりお礼申し上げます。
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/154-85d2c2f8