今日は金山町教育委員会から3名の方が大学にお見えになりました。
金山町は福島県の南西部、お隣は新潟県という、奥会津の山間の町です。
公式キャラクターは「かぼまる」だそうです(・ω・)

話は遡ること3月、本学の初めての試みとして、研究・地域連携成果報告会がありました。
当時の学類長から「阿部さんはあまりないことをやっているから」と推薦いただき、歴史資料保全活動を中心に報告したのですが(⇒その時の模様はこちら)、そのときにご来場いただいた金山町の町長さんが歴史資料保全活動に関心をもってくださり、4月に大学にお見えになられて、大学と連携して町にある歴史資料の活用を検討したいというお申し出をいただきました。

今回はさらに具体的に、歴史民俗資料館建設の構想も含めたご相談をいただきました。

20150625金山町 (2)

博物館構想そのものについては、専門家の意見も取り入れながらよりよいものができるよう、パイプ役としても何かしらお役に立てればと考えています。
今日はむしろ、大学だからこそできることは何かを中心に、研究振興課、ふくしま未来学事務局それぞれの担当者にも来ていただいて、ざっくばらんに意見交換をさせていただきました。

福島大学は、文部科学省「地(知)の拠点事業(COC事業)」として「ふくしま未来学」の採択をうけています。
そこでは教育、学術研究、社会貢献の3つが柱なんだそうですが、今年度からは社会貢献の一環として、地域に赴いて地元の皆さんと交流し、地域の課題をともに考える日帰りバスツアー「みらいバス」を開始しています。

まずはこの企画を通じて、大学と町の交流をやってみてはどうかと考え、担当者から内容を紹介してもらいました。
先の話になりますが、何とか実現したら、また記事にします。
その前に、まずは自分の目で金山町を見に行くつもりです。

たまたまかもしれませんが、結ばれた縁を一つひとつ大切にして、いろいろな取りくみをしている仲間と連携し、大学の教員、職員、学生、そして地域の皆さんがともに交流して楽しめる、それでいてみんなで学びながら課題解決に取り組める、文字通り未来志向の活動に少しでも役立てられればと思っています。
それが歴史資料保全活動を支える仲間たちの輪へとつながっていけば、望外の喜びです。
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/138-68680384