早いものでもう5月半ば。
世間様でいうGWも、たまった原稿の執筆ですべて消えてしまいました…。それでもまだ、たんまり残っています…。
今週はいろいろありました。週末にもいろいろあるので、追って記事を書きます。

ちなみに、ブログを更新する余裕もネタもなく放っておいたんですが、ゼミ生のKくんは毎日チェックしているんだそうです(笑)。
ごめんね、ちっとも更新しなくて。
周囲のゼミ生は大笑いしていましたが、案外いいところのある奴です。

fc2blog_201411220024567de.jpg
(↑?)

連休を挟んだこともあり、ようやく2回目の古文書学実習です。
4年生が大勢指導に駆けつけてくれました。ありがたいことです。
3年生もだいぶ慣れてきたようです。

DSCF9014_convert_20150513225241.jpg

DSCF9033_convert_20150513225548.jpg

DSCF9043_convert_20150513225512.jpg

今日から3年生にも、パソコンでの目録作りを体験してもらいました。
院生と4年生がしっかりついて、一緒に知恵を絞ってくずし字の解読にとりくんでくれました。
柳田先生にも来ていただき、いつもながら丁寧に指導していただきました。感謝申し上げます。

DSCF9027_convert_20150513225316.jpg

人数も増えてきたので、もう少し大勢で撮影できるよう、撮影台を新たに作ることにしました。
ホワイトボードに中性紙封筒を加工して貼り付けたものです。

DSCF9049_convert_20150513225639.jpg

DSCF9054_convert_20150513225902.jpg

DSCF9056_convert_20150513225757.jpg

固着した史料を乖離させるための木のヘラも、何と扇子の骨を解体したものなんです。アイデアマンですね…。

DSCF9030_convert_20150513230654.jpg

科目等履修生で古文書の授業に参加し、実習にも古文書整理のボランティアで来てくださるKさんが「先生、いやあ本当に面白いですね。有難うございます。」と、喜んでお帰りになられました。
こちらがお礼を言わなければならないところ、かえって恐縮です。
でも、やってみれば面白いし、歴史資料を護る大切さも実感してもらえます。
ぜひ多くの学生、社会人の方々にも体験していただきたいと思います。
今月は27日(水)と29日(金)にやります。
よろしければご参加ください。
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/127-a19246ea