2015.03.26 2014年度卒業式
福島大学は例年、3月25日が卒業式です。
今年もその季節がやってきました。

当日は朝から来年度の委員の引き継ぎ。
「三大激務職」と言われるのが教務、入試、学生生活ですが、教務委員に次いで今度は学生生活委員になりました。
教務委員の時と同じように、4月早々からガイダンスが始まります。
ノルマ数の関係上、よほどのことがなければ1年生のゼミを持つことのない自分が、初めて合宿ガイダンスにも参加することになりました。
普段は3・4年のゼミ生としかつきあうことがないので、半ば興味津々、半ば不安だらけといったところです。
でも、覚悟は決めました(笑)。

学位記授与式では代表が受け取り、個々の学生たちは別会場で学位記(いわゆる卒業証書)を受け取りに来るので、教員有志がボランティアで手渡しします。

DSCF8119_convert_20150325223527.jpg

1時間ほどで終了し、今度はゼミ生たちとの集合写真です。
ゼミ生が多くなり、実習室では手狭になってしまったので、今年から隣の演習室にしました。
3年生たちが集まり、会場設営に尽力してくれました。

DSCF8103_convert_20150325224828.jpg

DSCF8114_convert_20150325224955.jpg

DSCF8147-2_convert_20150325233547.jpg

考古学・文化史・地域史の歴史系3ゼミ全員で(若干欠けましたが)記念撮影です。

IMG_6983_convert_20150325225110.jpg

その後、学生たちに心ばかりの記念品を渡しました。
今年は試しに「文化史ゼミ版 卒業アルバム」を作ってみました。
編集しながら、2年間のたくさんの楽しかった思い出が一つ一つ鮮明に思い出されました。



学生たちからは思いがけず、お礼の品をいただいてしまいました。
2年間の教育の成果(?)でしょうか、教員が喜ぶ「つぼ」を心得た、出来の良い卒業生たちです(・ω・)
4月からはこのトートバッグをもって学生生活委員会に出ることにします(笑)。

DSCF8157_convert_20150325225644.jpg
(ちなみに右はビーズクッション)

DSCF8164_convert_20150325225923.jpg

こんな気遣いまでしてもらいました。本当にかわいい子たちです。ありがとうございます。

DSCF8167_convert_20150325234105.jpg

研究室にくれた記念品です。ゼミ生が増えてもへっちゃらです。

DSCF8158_convert_20150325230501.jpg

DSCF8159_convert_20150325230611.jpg

DSCF8161_convert_20150325230714.jpg

午後からは福島駅前に場所を移して卒業パーティーです。

DSCF8170_convert_20150325234314.jpg

今回は思いがけず、ビンゴゲームの賞品選びと贈呈役を仰せつかりました。
4年のゼミを担当する教員の中から選ばれたそうですが、今考えると、学生生活委員の「予兆」だったのかも…。

3ゼミ合同で集合写真を撮ったら、あとは適当に…。

DSCF8199_convert_20150325234448.jpg

今年の卒業生たちは、東日本大震災と原発事故による混乱の中で入学してきた学生たちです。
いろいろな不安や迷い、葛藤を抱えていたことでしょうが、それでもこの4年間、福島県とともにあゆむ本学だからこそできた多くの学びと経験を積み重ねてきました。
それらがやがては社会に出てからの自信となって、彼ら・彼女らをさらに大きく成長させてくれることでしょう。

今までの卒業生たちと同じく、これからも変わらず、末永く仲良くつきあっていきましょう。
あらためてご卒業おめでとうございます。

2014年度卒業生用-page-001_original_convert_20150326100022

追伸:26日付『福島民報』に、2年間ともに学んできた、地域史ゼミの宍戸くんの記事が掲載されました。
今度は南相馬で会いましょう!いずれは一緒に歴史資料保全活動に取り組んでいきたいですね。
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/122-0e7b941e