土曜日は昨年6月以来、久しぶりにいわきでの活動でした。

県博学芸員の内山さんにご指導いただき、茨城大の院生・学生さん、いわき市内の有志、地元の地区振興会の皆さんにご参加いただきました。
福大からは徳竹先生、学生3名が参加しました。

あいにくの空模様の中、午前中は残っていた被災民具のクリーニングから始めました。
民具の包み紙も古新聞などが再利用されているので保存します。
しわをのばし、埃を払い、中性紙の封筒と文書箱に収めていきます。

DSCF7665_convert_20150308004356.jpg

DSCF7590_convert_20150308004255.jpg

DSCF7667_convert_20150308004440.jpg

DSCF7664_convert_20150308004617.jpg

DSCF7603_convert_20150308004723.jpg

お昼は、このためにいわきに来ているといっても過言ではない(?)唐揚弁当が、残念ながらなくなってしまいました…(涙)
でも、新しいお弁当がこれまた美味しかったので、今度はこちらをお目当てにします(笑)。さすがBQさんセレクトです。

DSCF7604_convert_20150308004826.jpg

DSCF7605_convert_20150308004924.jpg

午後からは本格的に記録撮影に入りました。
まず、基本となる全体写真1枚を撮り、プリントアウトします。
データはパソコンで番号を付け直し、一括管理します。

DSCF7617_convert_20150308005449.jpg

DSCF7650_convert_20150308005223.jpg

前回、資料カードの作成にあたり、スケッチにかなりの時間を取ってしまったので、今回からは写真を台紙に貼り、法量などの情報を書き込むのに利用することにしました。

DSCF7631_convert_20150308005536.jpg

さらに部分撮影しながら、情報を資料カードに書き込んでいきます。
物によっては、大量の漆器が収納されていて、しかもなぜか家紋がバラバラだったりしたため、1つずつ部分撮影したりしていると、終わらせるのにかなりの時間を要しました。

DSCF7661_convert_20150308005630.jpg

休憩時間に、思い思いに持ち寄ったお菓子をいただいたのですが、これはいわきでは有名なものなのだそうです。
美味しかったです。ごちそうさまでした(^O^)

DSCF7662_convert_20150308005329.jpg

記録整理が終わるまでにはまだまだ時間と労力がかかりそうですが、次回は間が空かないよう、早いうちに実施したいと考えています。

民具資料の記録整理作業には、いつもの古文書とはまた違った面白さがあります。
内山さんのご指導と、理解ある地元の方々、意欲的な学生たちのおかげで、次につながるいい成果があげられました。
参加された皆様、おつかれさまでした。
またよろしくお願いいたします。

DSCF7682_convert_20150308005740.jpg

帰りのいわき駅では奇遇にも、先週の福島フォーラムでご一緒した吉野さんをはじめ、翌日に双葉町に調査に入る一行に出会いました。
自分は用事で参加できないのですが、いずれ何らかのかたちで協力したいと考えています。がんばってきてください。
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/120-581b5600