今日(正確には昨日の10日)は古文書学実習の一環で、博物館での古文書見学でした。

昨年お邪魔した仙台市博物館(前回の記事はコチラ)が休館中なこともあり、今回は米沢市の上杉博物館にお願いしました。
一昨年、上杉家文書のシンポジウムのときにお邪魔して以来、2回目です。

今回は、前回に引き続き徳竹先生と、この1年間、古文書講読の授業に出席し、学生と一緒に熱心にくずし字の読み方を学んでおられた、政治思想史の小島先生も参加されました。

福島駅を出発したときは小雪がちらつきつつも晴天だったのですが、山形県に入ると銀世界に。
2年前は雪深かった記憶があって重装備で出かけましたが、雪は積もっているものの、ちらつく程度だったのでラッキーでした。



DSCF6277_convert_20150111004031.jpg

午前中は学芸員の角屋さんの解説で、所蔵されている古文書をじっくり拝見させていただきました。
いまさらながら、古文書の世界は奥深くて面白いです(^ ^)
学生たちも熱心に説明に聴き入り、文書で読める字を見つけては喜んでいました。
小島先生が一番熱心にご覧になっていた気がしますが…(笑)。

DSCF6274_convert_20150111003756.jpg

DSCF6272_convert_20150111003910.jpg

昼食は隣接する上杉城址苑へ。
各自で好きなものを注文。
私はというと、せっかくなのでこれ(≧∇≦)
ブログを意識していないかといったら嘘になります(笑)。



午後からは常設展の見学。
学生が「洛中洛外図屏風」に描かれたカマキリを見つけて、一部でかなり盛り上がりました。

そんなことをしていたら、2時から学芸員さんのギャラリートーク。
上杉鷹山などの資料を使っての、なかなか興味深いお話でした。

終了後に展示を一通り見学していると、あるコーナーで学生たちがみんなで盛り上がっていました。
足軽気分で、銃で的を撃つ体験コーナーでした。
「こいつらしょうもねー」と思いつつ(笑)、Sくんの堂に入ったかのようなかまえが妙に可笑しかったです。

DSCF6280_convert_20150111010431.jpg

最後に、かねたん、かげっちたちと記念撮影。
上杉博物館の皆様、たいへんお世話になりました。
またの機会によろしくお願いいたします。

DSCF6283_convert_20150111004244.jpg

DSCF6284_convert_20150111004353.jpg

帰りはかなり雪が強くなってきました。
行きと比べると、全然違う光景です。

DSCF6287_convert_20150111004545.jpg

思い思いに土産を手にし、福島への帰路に。



帰りに金谷川に寄ったら、キャンパスにもうっすらと積雪が。
福島でもわずかながら雪が降ったんですね。





来週のセンター試験では雪が降らないことを祈るばかりです。
そのセンター試験の裏で、学生たちは学外での古文書学実習に出かけます。
しっかり勉強してくるようにね。
TrackBackURL
→http://fukudaihistoryabe.blog.fc2.com/tb.php/103-498345be