3度目となった、春恒例の日帰りゼミ旅行ですが、例年なら5月に行くはずのところ、諸事情により早くも4月に行くことになりました。
今回は、初回と同じ岩手県平泉、言わずと知れた世界文化遺産、奥州藤原氏の浄土文化のまちです。
隔年にしようか、毎年好きなところにしようか迷っていたのですが、圧倒的賛成多数で決まりました(笑)。

2年前の平泉はあいにくの小雨模様でしたが、次第に晴れ間が見え、結局はいい天気に恵まれました。
今回は、数日前から雨の予報、近づくにつれて曇り、当日は曇りのち晴れの予報となっていましたが、どうなるでしょうか…。

予定通り平泉駅で集合し、まずは毛越寺へ。
団体さんの来ない空いているうちに、手っ取り早く集合写真。

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (1)

平泉はちょうど桜の季節だったんですね。しかも街の至る所に咲いています。
福島は半分くらい葉桜になりかけている感じなので、偶然とはいえ、いい時期に来られて、とてもラッキーでした。

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (2)

今年も祈願で鐘をたたく青年が一人。
煩悩にまみれた彼は一心不乱に何を祈願したんでしょう。

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (3)

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (4)

観自在王院跡でも桜を楽しみつつ、平泉文化遺産センターへ。
こちらも桜に魅了され(何をしに行った?)、思わず集合写真を。
もちろん、展示でしっかり予習させていただきました。

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (5)

文化史ゼミの旅行の真骨頂は、とにかく歩きまわること(笑)。
新しい仲間たちも、このゼミ旅行でその洗礼を受けることになりました。

中尊寺の前まで歩いて、各々分かれて昼食へ。
結局は教員、男子、女子の3グループに分かれたみたいですが、学生同士は仲良く楽しくやってたみたいです。
教員はプチ贅沢に前沢牛付きの昼食(・ω・)

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (6)

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (7)

予定通りの時間に再び中尊寺前で集合し、いざ金色堂へ。
団体写真を撮ってもらい(もちろん有料)、あとはしばらく自由散策。
それにしても、相変わらずおみくじの好きな学生たちです。

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (8)

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (9)

高館で景色を堪能したのち、無量光院跡で、福大考古学OBの島原さんと待ち合わせ。

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (10)

ここからは無量光院跡、平泉館(柳の御所)跡をご案内いただきました。
発掘成果に基づく丁寧なご説明をいただき、ありがとうございました。

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (11)

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (12)

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (13)

後輩たちということで、いろいろなアドヴァイスや苦心談もお話しいただきましたが、実はこういう社会人の先輩たちのお話しこそが、生きた学びなんです。
これは公○員講座のようなところでは絶対に学べません。自分独りでどれだけ努力したって、座学では得られない学びです。
こういう話に真摯に耳を傾けて、自分が社会に出るとはどういうことなのか、どういう目的をもって社会に出ようとするのか、今まなんでいることとどう結び付けていくのか、自分なりの受け止め方で活かしてもらいたいと思います。
それはもしかすると、社会人になってからわかることなのかもしれないけれど…。

柳の御所資料館で島原さんとお別れし、どこでgo▽△le mapという文明の利器を使い誤ったのか、めちゃくちゃ遠回りをしてしまい、ぎりぎりセーフで平泉駅で電車に乗れました。
一ノ関駅で解散し、有志で食事へ。
目ぼしいお店はなぜかどこも貸し切り状態で、何とか入れたお店で、食事だけのつもりが結局懇親会に(笑)。
でも、新しい仲間たちととっても濃い(笑)、楽しい交流の時間になってよかったです。
地元のB級グルメらしき一ノ関ハラミも美味しかったです。

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (15)

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (16)

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (17)

新しい仲間たちにとっては戸惑う場面も少なくなかったかもしれません。
でも、4年生たちの親しみやすさとやさしさ、そしてユーモアに和む場面も多かったと思います。
とりあえずスタートの仲間づくりの第一歩は上々の滑り出しだったので、教員の役割は、今回の旅で新たに生まれた伝説を後世に語り継いでいくことでしょうか(笑)。