9月26日(土)~10月6日(火)まで、今度は福島大学うつくしまふくしま未来支援センターにて、震災遺産展が開催されます。
あわせてシンポジウムも開催します。

ふくしま震災遺産保全プロジェクト アウトリーチ事業「震災遺産を考えるⅡ」
福島大学セッション「震災遺産とふくしまの記憶」

主催 ふくしま震災遺産保全プロジェクト実行委員会、福島大学
共催 福島大学資料研究所
後援 ふくしま歴史資料保存ネットワーク、福島民報社、福島民友新聞社

会 期 平成27年9月26日(土)~10月6日(火) 9:30~16:30 入場無料
      ※初日は10:30~のオープニングセレモニー終了後に開場
会 場 福島大学うつくしまふくしま未来支援センター3階・4階

関連事業
○オープニングセレモニー
  9月26日 10:30~
  中井勝己福島大学学長、中田スウラ福島大学うつくしまふくしま未来支援センター長、赤坂憲雄福島県立博物館長

○展示解説会(各30分)
  ①10月3日(土) 13:30~,15:00~ ②10月6日(火) 12:30~,14:00~

○シンポジウム「ふくしまの震災関連資料の保全と活用」

日 時 2015年9月26日(土) 13:00~16:30
会 場 福島大学 M4教室 入場無料、事前申し込み不要
内 容 司会進行 阿部浩一(福島大学)
     講演1 高橋満(福島県立博物館)「ガレキから「我歴」へ
            -ふくしま震災遺産保全プロジェクトの活動-」
     講演2 白井哲哉(筑波大学)「双葉町と筑波大学による震災資料保全の取り組み
            -何が残されているのか―」
     講演3 鈴木典夫(福島大学)「避難所の記録が後世に活かされるために
            -福島大学避難所48日間-」

開催趣旨
 福島大学では、ふくしま震災遺産保全プロジェクト実行委員会のアウトリーチ事業である「震災遺産を考えるⅡ」展を、9月26日(土)~10月6日(火)の11日間にわたり、福島大学うつくしまふくしま未来支援センターを会場に開催する運びとなりました。それを記念して、開催初日の9月26日にシンポジウムを開催することにいたします。
 シンポジウムでは、震災の歴史を後世に伝えるさまざまな資料について理解を深め、その保全・活用の意義について考えるため、3名の方にご登壇いただきます。
 福島県立博物館の高橋満氏は、先の実行委員会の中心メンバーとして、旧警戒区域での震災遺産の保全活動および展示での普及活動に取り組まれてきました。現場での体験を通じて考えた「震災遺産」とはいかなるものか、そしてそれらを保全することの意義と課題についてお話しいただきます。
 筑波大学の白井哲哉氏は、2013年に双葉町役場が埼玉県加須市からいわき市に移転するにあたり、役場内に残された震災関連の資料や、併設されていた避難所の資料保全と整理に関わってこられました。最近では双葉町内での避難所の現状記録にも乗り出されており、こうした震災関連資料を保全することの意義についてお話しいただきます。
 福島大学の鈴木典夫氏は、東日本大震災後に福島大学内において学生ボランティアとともに避難所を立ち上げ、多くの避難者を受け入れてきました。その活動の紹介を中心としながらも、保全された避難所資料についても適宜ご紹介いただき、大学にとっての震災関連資料のもつ意味についてもお話しいただきます。
 以上の3名のご報告をいただいたのち、ふくしまの震災関連資料の保全と活用の意義について議論を深めていければと考えております。多くの皆様のご来場をお待ちしております。

震災遺産を考えるⅡ福島セッション 震災遺産とふくしまの記憶 (1)

震災遺産を考えるⅡ福島セッション 震災遺産とふくしまの記憶 (2)
2015年1月に引き続き、懇話会第2回を郡山市で開催しました。
この種の集まりはいつも福島市で開くのですが、人と人の輪を結びつけていくためには、ただ待っているのではなく、自分から県内各地に出かけていく必要があると感じていました。

でも、実行に移すことはそう簡単ではありません。
少なくとも地元で協力してくれる方を見つけることができなければ、実現は不可能です。
今回は、郡山市で歴史資料の保全と活用を検討する委員会にお声掛けいただき、Kさんというたいへん熱心な職員さんと出会えたことが支えとなりました。
さらにいえば、いくつもの偶然が重なり、条件とタイミングがうまくあったことが、実現の可能性を急速に高めてくれました。

懇話会 ふくしま再生と歴史・文化遺産2015Ⅱ 1(表)

懇話会 ふくしま再生と歴史・文化遺産2015Ⅱ 2(裏)

前日の4日、午後から展示の準備です。
バンの荷台にいっぱいに積まれた資料と展示用資材を荷下ろしし、壁面に使う展示用ボードを運び入れます。
会議室を展示室に転用するため、不要な備品類も片付けます。

20150904震災遺産展準備 (1)

20150904震災遺産展準備 (8)

使用予定の3部屋のうち、午後から使えるのが1部屋だけなので、そこから準備を始めます。
展示用ボードを組み立て、長机を重ね、布を敷いて、展示品を飾っていきます。
学生たちは看板作り?に精を上げました。

20150904震災遺産展準備 (5)

20150904震災遺産展準備 (4)

20150904震災遺産展準備 (6)

夕方から残りの部屋も使えるようになったため、展示準備を拡大していきました。

20150904震災遺産展準備 (3)

県博の学芸員さんのお仕事ぶりは、側で見ていて、とても面白いし、勉強になります。
きちんとしたレイアウトに沿って展示を作りつつも、よりよいものにするために、その場で意見をぶつけながら臨機応変に組み直していく。
学生たちはお手伝いに一所懸命で、周りを見ている余裕はなかったかもしれないけど(←自分がサボっていたわけではな…?)、いい経験、勉強になったと思います。

7時頃にほぼ完成し、あとは翌朝の微調整ということで、おつかれさまの記念撮影。

20150904震災遺産展準備 (2)

ボランティア参加の学生たちに、せめてもの感謝の気持ちです(先に車で帰ったYちゃん、ごめんね。今度埋め合わせするから)。

20150904夕食

当日は朝10時までに集合。
今度は懇話会の準備です。

20150905懇話会&震災遺産展示会 (1)

先の懇話会でも使用したポスターや、文化庁長官感謝状、和島誠一賞の盾を見ていただくために、今日も展示パネルを組みました。

20150905懇話会&震災遺産展示会 (2)

20150905懇話会&震災遺産展示会 (3)

10時半からはいよいよ展示会の開場。
学生たちに交代で展示会の受付、懇話会の受付や記録撮影などのお手伝いをお願いしました。

20150905懇話会&震災遺産展示会 (8)

お昼ご飯は、門馬さんのテンションがあがりまくりのコレ(笑)。
とても美味しかったです。ごちそうさまでした。

20150905懇話会&震災遺産展示会 (14)

20150905懇話会&震災遺産展示会 (15)

13時からはいよいよ本番。
来賓として、品川萬里郡山市長にご挨拶いただきました。
公務でお忙しいということで、早々にお帰りになられるのかと思いきや、「いや、聴いていきます」と。
途中、震災遺産展をご覧になられましたが、終了間際までご臨席いただくことができました。
本当に歴史がお好きで、造詣も深くていらっしゃる、しかも気さくな感じの市長さんでしたので、われわれにとっては心強い味方になっていただけそうです。

20150905懇話会&震災遺産展示会 (9)

基調講演は徳竹先生。
郡山の近代を、双六に込められた「歴史意識」の問題から紐解き、ご自身の経験から「個人でもできる資料調査」の実践例をお話しいただきました。たいへん好評でした。

20150905懇話会&震災遺産展示会 (10)

続いて門馬さんに、富岡町の歴史・文化等保全プロジェクトチームの活動の経緯と課題についてお話しいただきました。
当事者たちの悩み・苦しみを皆で共有し、ともに歩みを進めていくという懇話会の趣旨は、参加者の皆さんのもとに届きましたでしょうか。

20150905懇話会&震災遺産展示会 (12)

お二人のお話しの後、司会の私からいくつか補足説明と提案をさせていただき、意見交換会に入りました。
シンポジウムではよく、報告者が前で討論しているのをフロアは聞くだけ、ということがあります。
でも、懇話会ですから、一般参加の皆さんにイイタイコトを言っていただかないと意味がありません。
そういう意図を汲んでくださったのか、こちらから指名することなく、フロアの方からたくさんのご意見をお寄せいただけたことが一番よかったと思います。

20150905懇話会&震災遺産展示会 (11)

20150905懇話会&震災遺産展示会 (13)

品川郡山市長さんも何度も挙手して発言していただき、歴史に対する思い入れの深さに感じ入りました。
市長さんがごく自然に市民と一緒になって議論に参加する、こんな懇話会って、なかなかないんじゃないでしょうか。
その意味でも、皆さんのおかげをもって成功したといってよいのではないかと思います。
もちろん、その真価が問われるのは、これからのふくしま史料ネットの活動如何にかかっていることも十分自覚しています。

終了後は慌ただしく部屋の後片付け。
震災遺産展は予定より開場時間を延長していて、終るとすぐに片付けに。
財団職員さんもお手伝いしてくださったおかげで、2時間かからずに終了しました。

20150905懇話会&震災遺産展示会 (4)

20150905懇話会&震災遺産展示会 (5)

嬉しかったのは、学生たちが言われなくても自分から仕事を見つけて積極的に取りくんでいたこと。
自分のところの学生ながら、本当に感心しました。
郡山市のKさんが「自分も学生時代にこんなことがしてみたかった…」と、しみじみと仰っていましたが、その意味でも、学生たちは貴重な機会に恵まれたのだなと思います。

20150905懇話会&震災遺産展示会 (6)

最後は記念撮影。本当におつかれさまでした。

20150905懇話会&震災遺産展示会 (7)

〆は腹ペコ学生を慰労すべく、昨日と同じお店で(笑)。わたしは別のメニューにしました。

20150905懇話会&震災遺産展示会 (16)

翌朝は4時起きで、そのままのテンション?でいわきに行き、双葉町の被災資料整理をお手伝いしてきました。
白井さん、吉野さん、参加された皆様、おつかれさまでした。

あらためて、多くの方々に支えられて実現した企画だと、感謝の念にたえません。
第3回は、いまからだと2016年になりそうですが、実現に向けてがんばります。
福島の関係者の皆様には、ご理解とご支援をよろしくお願いいたします。
ご提案があれば、ぜひご相談ください。
そして学生のみんな、またよろしくね(笑)。