11月に引き続き、2週にわたって南相馬市にお邪魔してきました。
久しぶりの資料レスキューです。

初回は17日、県教委のTさんと一緒に参加しました。
あいにくの曇り空でしたが、「晴男」を自称するTさんと、比較的天気には強いと思っている自分のコンビだったせいか、山道で雪にあわなかったのが幸いでした。

南相馬市立博物館で学芸員さんたちと合流し、現場に向かいました。
戦前は養蚕業で繁栄し、昭和30年代からは酪農に転業したお宅です。
しかし、3・11で警戒区域に指定されたことにより、かわいがっていた牛たちも殺処分されたと、おばあちゃんが語ってくださいました。悲しくつらい話でした…。

昼食をとるのにお借りした部屋には、時のとまったカレンダーがかかっていました。
東日本大震災の復興はまだ終わっていないことをあらためて自覚させられます。

DSCF6994_convert_20150225112546.jpg

今回の資料レスキューは、家屋の一部と蔵を解体することにともない、博物館で大量の資料の寄贈をうけることになったことから、調査と資料の受け取りにお邪魔しました。

1つめは農機具類の保管されていた蔵で、板戸にチョークで、農機具の購入年次が書き残されていました。
学芸員さん曰く、この地区での農機具の普及時期を知る手がかりになるそうです。

DSCF6901_convert_20150225111129.jpg

2つめは主屋です。
最上階が丸ごとお蚕様用のスペースとなっていました。

DSCF7336_convert_20150225111427.jpg

天井裏には、棟上げの際に奉納された立派な矢羽根があり、博物館によって回収されました。
こんなに立派なものが見られるのは珍しいそうです。
棟上げの時の写真も拝見しましたが、歴史的価値の高い建物であることがよくわかります。

DSCF6981_convert_20150225111652.jpg

DSCF7040_convert_20150225112726.jpg

そして板倉です。
棚には書類や手紙、書籍・雑誌類が束ねて整理され、奥まで何重にもぎっしり詰められていました。
御当主が几帳面な方だったんですね。

DSCF7261_convert_20150225112819.jpg

博物館が用意した20箱の文書箱では到底足りなかったため、入る分だけを回収し、続きは1週間後としました。

文書箱の確保が危ぶまれたため、福大での古文書整理にボランティアでよく来てくださる業者さんにお願いし、史料ネットとして文書箱を100箱発注しました。
かなり無理をお願いしたのに、快くご対応くださったMさん、本当に助かりました。ありがとうございましたm(__)m

そして1週間後の24日。
「晴れ男」Tさんの面目躍如といった感じの好天です。
今回は福島県博から2名、まほろんから1名の専門家が来てくださいました。
これぞ史料ネット!って雰囲気で、俄然気合いが入ります(^_−)−☆

隣では予定より解体が早く始まっていたため、時間との勝負です。

DSCF7256_convert_20150225112939.jpg

大まかに現状を記録したあとは、とにかく箱詰めしていきます。
強力な助っ人の手で作業は順調に進みました。

そして終盤戦。
階段の下からはダメ押しとばかりに、大量の文書の入った大きな箱がいくつも…(≧∇≦)
重要書類ということで特にきちんとしまわれていたんでしょうね。
歴史研究者にとってはまさに「お宝発見」みたいな瞬間です。

DSCF7355_convert_20150225113219.jpg

そして壁面には、随所に墨書があるのが発見されました。
いまのご当主のひいおじいさまの手によるものだそうです。
明治・大正期の世相が書かれるなどしていて、なかなか面白かったです。

DSCF7359_convert_20150225113533.jpg

板蔵のあちこちに書き記されていたので、墨書の現状記録をとりました。

DSCF7380_convert_20150225113410.jpg

蔵は近々解体されるようですが、ご先祖様のお気持ちも考えて、墨書がある部材はできるだけ残していただきたいと、所蔵者にお願いしてきました。

最終的に100箱を超えたそうで、文書箱が調達できてよかったです。
最後に手分けして博物館に収納しました。

DSCF7322_convert_20150225113024.jpg

DSCF7458_convert_20150225113710.jpg

何とか救出はできましたが、今後はクリーニング、さらに記録、そして活用に至るまでには気の遠くなる時間と労力を要します。
博物館単独では到底無理でしょうから、ふくしま史料ネットとしても、多くの皆様のお力をお借りしながら何とか支援していきたいと考えています。

久しぶりの本格的な史料レスキューでしたが、所蔵者との交流、思いがけない資料の発見、仲間と一緒に汗をかいての共同作業など、歴史資料保全の現場ならではの醍醐味を味わえた1日でもありました。

福島県内での本当の意味での歴史資料保全活動は、ようやく緒についたといってもよいのかもしれません。
先人たちの思いを未来につなげていく活動を、仲間たちとともに変わらず続けていきたいと思います。
2月23日、国見町が福島県内では白河市に次ぐ「歴史的風致維持向上計画」の認定を国から受けました。

 福島民報  福島民友

企画情報課歴史まちづくり推進室の皆様の並々ならぬ熱意と、他人には到底計り知れない努力の賜物と拝察します。
1年目で認定を受けるなどという離れ業を見事にやってのけるなんて、普通ならできません。
有言実行、それを見事に成し遂げたことに、心から敬意を表し、祝福したいと思います。

いわゆる「歴史まちづくり計画」の認定によって国から予算が付き、国見町でもこれからさまざまな事業が実現していくことになります。
ただ、その真価が問われるのはこれからです。
採択された後の方が実は大変だというのは、白河市でのフィールドワーク等でも耳にしたところです。

この1年、もっと言えば震災直後の歴史資料保全活動から、国見町は我々歴史系ゼミの学問と研究にとっての大切なパートナーでした。
来年度からはまた新しいかたちで、国見町の「まちづくり」に何かしら関わっていけないかと考えています。
これからも変わらず、よき学びのパートナーとしてよろしくお願いいたします。

DSCF3683_convert_20150225104836.jpg

DSCF3673_convert_20150225105802.jpg

DSCF3645_convert_20150225105945.jpg
20日は11月の前回に引き続き、2回目のお手伝いでした。
今回は行政政策学類の4年生3名、3年生7名に加え、文化史・地域史両ゼミに進学予定の2年生が8名、さらに人間発達文化学類の3年生2名、そして徳竹先生をメインに自分も含め22名でした。
茨城大のOGの方も見え、職員さんも含め約30名で作業にあたりました。

DSCF7163_convert_20150222115615.jpg

DSCF7202_convert_20150222121257.jpg

DSCF7173_convert_20150222121102.jpg

DSCF7142_convert_20150222123520.jpg

今回も、資料群ごとにデジタル撮影し、資料名と点数、形状などを大まかに一覧表に書き入れ、封筒に詰める作業を分担して行いました。

DSCF7107_convert_20150222120805.jpg

DSCF7196_convert_20150222121216.jpg

DSCF7077_convert_20150222122909.jpg

DSCF7103_convert_20150222120708.jpg

資料はたいてい、関連しているもので一括されているのですが、封書の中に別の封書が入っていて、その中にさらに封書が入っている「マトリョシカ」状態(笑)のものがいくつもありました。

何はともあれ、当時のご当主が几帳面に書簡や書類をきちんと分類・整理して保管してくださり、さらに所蔵者が廃棄せずに富岡町に託したおかげで、これだけたくさんの資料が残ったわけです。

DSCF7051_convert_20150222122809.jpg

初めて参加した2年生も、上級生の指導もあって次第にコツをつかみ、一人で黙々と作業に取り組んでいました。
いつもながら、学生の飲み込みの早さには感服します。

DSCF7121_convert_20150222120937.jpg

この1年、史料と格闘してきた3年生は、くずし字の解読にも果敢に取り組んでいました。

DSCF7223_convert_20150222121354.jpg

辞書片手に悪戦苦闘した結果、「先生、読めたよ」との笑顔。
自分自身の努力と成長の証しです。
そしてこういう瞬間に出会えるのが教員としての喜びでもあります。

今回もおつかれさまでした。
新しい仲間を迎え、富岡町との連携はまだまだ続けていきます。

DSCF7238_convert_20150222121647.jpg
今日は富岡町の資料整理をお手伝いしてきましたが、昨日は古文書整理でした。
授業期間は終わりましたので、授業という形態ではなく、有志による資料整理として行いました。
とはいっても、一般の方のボランティア参加はなかなか見込めませんので、学生中心にならざるをえないのが現状です。

福島は朝から雪が降り積もり、集まりが悪いのではないかと心配しましたが、郡山市歴史資料館の柳田さんをはじめ、学外からもご参加いただきました。
いつものことながら感謝申し上げます。



卒論を終えた4年生も2人参加してくれました。どうもありがとう。



今回も掛け軸などの大型資料を中心に撮影を進めました。
前回は床に薄葉紙を敷いて撮影しましたが、今回は長机を利用してみました。
なかなかいい感じです。







並行して目録作成にも取り組みました。
おつかれさまでした。
差し入れは、新神戸駅の短い乗り換え時間で探してきたコレです。



2月は今日の富岡町の作業で終了し、3月にはできれば春の集中作業をやりたいと思っています。
追ってご案内しますので、よろしければご参加ください。
世間ではバ◯ン△イ×デー(笑)の日とその翌日、神戸で標記の催しがありました。
阪神・淡路大震災と歴史資料ネットワーク設立から20年の節目でもあり、東日本大震災で広がった全国的な協力関係を維持・発展させ、史料ネットの相互交流をはかろうというものです。



行きはいい天気でした。新幹線の車窓から富士山がきれいに見えました。



関ヶ原付近は銀世界で、徐行運転となりました。



会場となったのは三ノ宮の神戸国際会館です。



開始前に科研の会合があり、初日は1時から講演3本、各地の史料ネットから報告8本がありました。



初日は長い歴史のあるネット、災害発生前から活動に取り組む予防型ネットの報告で構成されていました。
学ぶべき豊かな成果に勇気づけられ、同じような課題や悩みに共感する報告でした。

ポスターセッションも充実していました。
ふくしま史料ネットは半ばやっつけ仕事になってしまいましたが、発足以後のあゆみを流れ図的にしてみました。





2日目も被災地を中心に5本、ユニークなネットづくりを試みている報告3本の充実した内容でした。

所用のため閉会直前に失礼しましたが、神戸宣言が採択されるなど、多くの成果を得て終了しました。

いろいろな悩み、課題を抱えつつも、多くのネットがその成果を誇らしげに語っているように思いました。
ある意味、眩しくすら見えました。
それに比べると、福島はがんばっている仲間たちがたくさんいることは確かだけれど、ようやく本来的な資料レスキューが本格化しているところですし、少なくとも自分自身には胸を張って誇らしげに語れる成果などないので、まだまだだなと感じずにはいられませんでした。

そんな中、昨日は南相馬で久しぶりに蔵での史料レスキューをお手伝いしてきました。
予想に反してあまりにも分量が多く、来週に持ち越しになりました。
埃まみれになりながらも、充実感に満ちた、心地よい疲れでもありました。
来週の作業が終わったらブログに書こうかと思っています。
その前に、明日は学生たちと富岡町の資料整理のお手伝いに行ってきます。

疲れたときは甘いもの、そしてかわいいものが体と心を癒してくれます(・ω・)
ありがたいことです。皆さんに感謝感謝。













昨日は世間的には祝日でしたが、国見町とともにこの1年間取り組んできた「地域特別研究」の最終報告会が開催されました。

DSCF6765_convert_20150211184435.jpg

DSCF6767_convert_20150211184521.jpg

今回は「国見まちづくりカフェ」と題し、町民の皆さんとお茶を飲みながら気軽に意見を出しあおうという趣旨の企画でした。
桜の聖母短期大学の学生さんたちが食育をテーマに、地域の特産品を使ったおやつやメニューを提案し、本学院生が国見町にある歴史的風致について報告しました。
前回はグループでの報告でしたが、今回は1人1人の報告であり、この1年間の学びの集大成ということにもなります。



いつもながらの美味しい弁当とともに、今回はお茶の友としてお菓子も振る舞われました。
地元の皆さんもきっと笑顔になって、いい雰囲気の中で意見交換ができることでしょう。

fc2blog_2015021119034996a.jpg

fc2blog_20150211190420651.jpg

会場には席一杯に住民の皆さんが集まってくださり、当日参加の方の席も次々と埋まっていきました。
国見町の皆さんの熱心さには頭が下がる思いです。
町職員の方々の熱意と努力が伝わったこともあるのでしょうが、町を何とかしたいという真剣な思いのあらわれと受け止めました。
よく見たら、3年生のゼミ生Mくんも来ていました。彼の熱心さにも感心するばかりです。

DSCF6792_convert_20150211184915.jpg

報告は福大が1人15分、桜の聖母が代表2人により30分の持ち時間で行われました。
阿津賀志防塁(国史跡)、鹿島神社の祭礼、国見石、光明寺集落と水利用、貝田集落と盆踊りの計5本が報告されました。

DSCF6844_convert_20150211184821.jpg

成績については菊地先生の管轄なのですが、個人的には町民の皆さんを前に報告の責任を果たしたので及第点は与えられるのではないかと思いました。

桜の聖母の練り上げられた報告ののち、4班に分かれて、報告内容をもとに意見交換が始まりました。
意見を書いたカードをもとに参加者全員が思ったことを話し、カードがボードに貼られていきました。

DSCF6895_convert_20150211184952.jpg

閉会の挨拶で、町の職員の方が「学生が参加してくれたおかげで、多くの住民が集まり、活発に意見を出し合ってくれた」と仰っていましたが、実際のところ、自分が参加したテーブルでも、院生の報告をもとにいろいろな感想や意見を出していただき、時間が足りなくなるほどでした。
当然のことですが、町職員が一人一人の住民の声に真摯に耳を傾け、意見を大事に尊重して吸い上げようとする姿勢にもたいへん好感が持てました。
こうした皆さんがいる限り、国見町はもっと魅力的な、いい町になるはずです。
そのお手伝いになるかはわかりませんが、来年度は別のかたちで国見町と関わることができないか、早速浮かんだアイデアを検討してみるつもりです。

院生の皆さん、1年間おつかれさまでした。
この授業の担当者の一人として関われたことは、福島大学の教員として貴重な経験となりました。

DSCF6896_convert_20150211185013.jpg

国見町の皆様には、院生ともども貴重な学びの場を与えてくださり、種々の便宜を図っていただいたことに心より感謝申し上げます。
これからも変わらずよろしくお願い致します。
そして国見町のOくん、今まで通り歴史資料所在調査で、そして来年度からは新たなかたちでも、末永くつきあっていきましょう。
昨年12月に初めて浪江町を訪れましたが(記事はコチラ)、今日(正確には昨日)は2回目です。

前回同様、二本松市の浪江町役場で通行許可証を受け取ります。
今回は県教委、福島県博のお二人と計4人で向かいます。
再び川俣町山木屋を経由して、浪江町に入りました。







県教委のTさんに「先生、測ってみます?」と言われ、助手席で空間線量を測ってみました。



密閉された車内であっても、あっという間に数値は上がっていきます。
最高値で4μSv/hを超えました。ということは、外の放射線量はもっと高いことになります。

検問を抜けると、やがて部分開通して間もない常磐自動車道が見えてきました。
そのせいか、前回に比べても車の通行量が増えた気がします。
空間線量は気にならない程度にまでかなり下がってきました。





浪江町役場に寄ったのち、町内の文化財調査です。



今回もセキュリティの関係上、調査場所や内容については差し控えますが、5ヶ所ほどまわってきました。
調査自体はなかなか面白かったです。

途中の風景は、瓦礫の撤去と除染の進みつつある場所もありましたが、津波に襲われたまま残された家屋と枯れ野原の広がる光景は、何度見てもやはり辛いものがあります。











そうした中で何より心強いのは、地域の文化財を護ろうとする地元の方々の熱意です。
自治体の職員さんもその願いに応えるべく、献身的に取り組んでいます。
だからこそ、我々も志を同じくする仲間として、少しでも力になりたいと思います。

帰りは南相馬廻りでした。



そういえば、2012年のGWに初めて小高を訪れたとき、道路の向こうに検問所が見え、まだ見ぬ浪江町に思いをはせたことを思い出しました。
あれから2年半余り経ち、浪江から小高に普通に車で走れることに、不思議な感慨を覚えました。
来週はその南相馬市に資料レスキューのお手伝いに行く予定です。
昨日は毎年恒例の、考古学・文化史・地域史の歴史系3ゼミ合同による卒論・修論発表会が開催されました。
卒論11本、修論2本を1日で終わらせるために、文化史は大会議室で、地域史と考古学は視聴覚室に分かれて行いました。
今回の文化史の卒論は古代2本、戦国・織豊期3本、近世3本の計8本、朝8:35~夕方17:50の長丁場です。
持ち時間は1人1時間、発表40分・質疑応答20分が目安です。

DSCF6466_convert_20150208140826.jpg

DSCF6436_convert_20150208141748.jpg

コーヒーカップが始まる前の本音を代弁しています(←嘘です・笑)。

DSCF6526_convert_20150208141022.jpg

幸いなことに卒業生が何人も来てくれて、ゼミ生たちとともに活発に質問し、コメントを寄せてくれました。

DSCF6429_convert_20150208141622.jpg

質問や意見が多いということは、それだけ関心をもってもらえたということ。
4年生たちもいい勉強をさせてもらったことと思います。
来年度に卒論を書く3年生にもいい刺激になったでしょう。
わざわざ来てくれた2年生の目にはどう映ったのでしょうか…(・・?)

午後からは徳竹先生はじめ地域史の院生・ゼミ生たちも合流し、空き時間には菊地先生と考古学の院生・ゼミ生たちも聴きに来てくれて、かなりの人数になりました。

DSCF6473_convert_20150208141139.jpg

8時間の耐久レースのような発表会も、奇跡的に?1度もうたた寝することなく(笑)、無事終了しました。
ブラックコーヒーのおかげか…いや、卒論の出来栄えのよさに目を見張り、自ずと覚醒させられたということにしておきましょう(笑)。
自分の学生時代に卒論発表会はありませんでしたが、学生たちとともにこういう緊張感をもって学問研究に真摯に向き合う機会があるのは、やはりいいなと思います。

DSCF6422_convert_20150208141535.jpg

その後は3ゼミ合同での慰労会です。
伊藤喜良先生にもお越しいただき、司会の考古学ゼミ生たちのしっかりとした仕切りもあって、楽しい宴となりました。
教員のコメントと閉会の挨拶の2回もスピーチをすることになったのは、ややネタ切れぎみでまいりましたが…(笑)。
それにしても、教員・OBを含めてとはいえ、40人の大所帯になると圧巻です。

DSCF6530_convert_20150208141219.jpg

さらに場所を変えて、伊藤先生、菊地先生たちと楽しい時を過ごしました。
美味しいお店だったので、機会を改めて再訪したいと思います。

とりあえず4年生の皆さん、卒論提出と発表会おつかれさまでした。
修論を書いた考古学の院生2人は、あとは再来週の最終試験をがんばってください*\(^o^)/*

今回は特に、昨年度の反省も踏まえつつ、相当の時間をかけて自分なりに卒論の事前指導に力を入れたつもりです。
大変だったけれど、やってよかったと思っています。
学生はどう思っているかわからないので、所詮は自己満足に過ぎないかもしれませんが…(^^;;

ここ数年、幸いにして多くのゼミ生たちが集まってくれるようになり、嬉しい反面、それに比例してますます負担も大きくのしかかってきます。
来年、再来年のことを思うと、今から戦々恐々です…。

でも、ゼミ生が多いことを理由に、一人一人を大事にせず手抜きをしたら、その時点で自分は「教員」を名乗る資格はないと思っています。
特に、我々歴史系ゼミにとっては、卒論こそが自らのアイデンティティーといっても過言ではありません。
大学・大学院でありながら、卒論・修論を軽んじるかのような発言を間接的に耳にすることも少なくない風潮の中、最後の砦になってでも、学問の府としての良識を守りぬかなければならないという思いを新たにしました(ちょっと大げさ?)。
歴史系3ゼミの教員が同じ思いで臨み、学生たちもその思いを汲み取ってしっかり応えてくれたからこその充実感を得られた、そんな昨日の発表会だったと思います。
4年生たちには自分の卒業論文に自信と誇りを持って、社会に出て活躍してもらいたいと願っています。
昨日は郡山市で会議(正確には現地視察)があったのですが、その前に、2月11日まで開催されている企画展を見てきました。
場所は郡山駅西口からすぐのBig-i(ビッグアイ)6階の郡山市民プラザです。

DSCF6390_convert_20150206123036.jpg

DSCF6389_convert_20150206123104.jpg

まず驚いたのは、配布されたカラー図録の出来栄えの素晴らしさ。

fc2blog_20150206123408774.jpg

fc2blog_20150206134932f0c.jpg

郡山市の企画展は毎年恒例で、考古学の発掘成果が中心らしく、図録の配布もいつものことだそうですが、初めて足を運んだこともあり、「入場無料の上に、こんな立派なものを頂戴していいんですか?」と思わず確認しそうになりました。

許可を得て、会場の様子を撮影させていただきました。
考古資料、近世史料などから、内陸部の郡山と沿岸部の富岡との意外な結びつき、交流の足跡が解き明かされていきます。

仁政で知られた小名浜代官蔭山外記が、同じ幕領ということで郡山と富岡の一部を治めていたことが、史料で紹介されていました。

DSCF6378_convert_20150206125852.jpg

昭和10年頃の富岡町の中央通りの写真だそうです。
今回の富岡町の資料レスキューで保全された古写真かも知れません。
こういう古写真も地域の記憶を語り継ぐ貴重な資料です。

DSCF6353_convert_20150206130002.jpg

これは算額です。実物をこんな間近で見られました。
江戸時代に数学が盛んだったことは知られていますが、問題が解けるとこうやって神社に奉納したんですね。
解法の説明が書いてあったんですが…途中で思考停止に陥りました(笑)。

DSCF6356_convert_20150206125930.jpg

富岡町では震災資料の保全も進められていますが、これは停電で止まり、津波を被った時計だそうです。
レスキューの様子がパネルで紹介されていました。

DSCF6380_convert_20150206130121.jpg

DSCF6381_convert_20150206130138.jpg

最後に、歴史資料保全活動の取り組みが紹介されていました。
富岡町の三瓶さん、門馬さんはじめ、職員の皆さんの献身的な活動の紹介に交じって、ふくしま史料ネット、福島大学生の活動もパネルで紹介いただきました。

DSCF6382_convert_20150206130210.jpg

DSCF6363_convert_20150206130459.jpg

さりげなく『ふくしま再生と歴史・文化遺産』まで置いていただき、ありがたいです。

DSCF6384_convert_20150206130524.jpg

この企画展については、すでにマスコミでも多く取り上げられています。

福島民報 福島民友 河北新報  朝日新聞

開催期間は残り少ないですが、 一人でも多くの皆さんに足を運んでいただけるよう願っています。