金曜日の授業は30日で終わりです。
1限の文化史の教室に向かったときにはそこそこの天気でしたが、終わって教室を出てみると、目の前は突然の銀世界に…しばし呆然。
しかも、いつの間にか積もっている…。
夜まで雪が止むことはありませんでした。





4年生は木曜日から卒論提出の受付が始まりましたが、5人から提出したとの連絡がありました。
あとの3人も大学に顔を見せて、最後の仕上げにかかっていたので、月曜日の締切には余裕をもって提出できそうです。
あとはアクシデントのないことだけを祈ります。

3年生は自由研究報告。
何となくですが、今まで頼っていた4年生が抜けた分、自分たちがしっかり質問して、議論をリードしていかなければという気概が感じられるようになりました。
きっと自覚が出てきたんでしょうね。嬉しいです。
もうすぐかわいい後輩たちもたくさん来てくれるしね(・ω・)

休み時間には思いがけず、Yちゃんお手製のデザート(≧∇≦)





ヨーグルト入りの爽やかな酸味がまぢ美味しかったです。ごちそうさまでした(^o^)/

学生たちは学期末試験を終えると、4月まで授業はありませんが、今どきは公務員試験対策講座などがあり、何かと多忙なようです。

教員はというと、これまためちゃくちゃ忙しい。
この時期特有のマル秘業務(笑)ばかりではありません。
年度末のせいもあってか、書類だ、会議だ、発表だ、原稿だと、催促と予定伺いのメールが容赦なく(笑)次々と入ってきます。
2・3月だけでも3本の報告と1本の講演があり、大きな会議への出席も予定されています…(>_<)
もちろん、歴史資料保全活動や史料調査もやりたいし…。
いつものことですが、スケジュールとにらめっこです。

でも、機会を与えていただき、ありがたいことでもあるので、がんばります。
できないことは断りますけど(笑)、他でもない、福島県の歴史資料保全活動を知っていただく貴重な機会でもあるので…。
誰も振り返ってくれず、声もかけてもらえなかった以前に比べれば、贅沢な悩みです(笑)。

1週間後の2月7日には考古学・文化史・地域史3ゼミ合同の卒論・修論発表会があります。
朝から夜まで自分のゼミの発表なので、かなりハードだし、他のゼミの発表が聴けないのも残念ですが…。
でも、卒業生たちも来てくれるし、慰労会には伊藤喜良先生も来てくださる予定なので、楽しみです(・ω・)

そういえば、去年の卒論発表会は大雪part1でしたね…。
1週間後に大雪part2で、危うく大学に閉じ込められそうになりました。
先生方とロデオ状態のタクシーに乗って帰ったっけ…(笑)。
あれからもう1年。時の経つのは本当に早いです。
火曜日に正規外で3年生の自由研究の発表があった後、どうしても心配で残っていた4年生若干名の卒論指導をしました。
いずれも何とか道筋がついたので、これでやっと一安心です…。

さて、28日水曜日の古文書学実習では、ついに大型撮影機が始動しました!

fc2blog_20141212112938fb0.jpg

というのは、お預かりしている被災資料を近々所蔵者にお返しすることになったそうで、残していた掛け軸などの大型の資料を撮影する必要が出てきたからです。

とはいうものの、最初はどう撮影してよいか、けっこうとまどいました。
撮影しようとすると全体が上手く入らなかったり、撮影台の脚やハンドルが写りこんでしまったり…。

するとMちゃんが「そういえばこの前、Kくんが写ったんだから、2m近いものまで写るはずだよ」と。
(ちなみに前回と今回の写真)

fc2blog_2014121122204629a.jpg



確かに大きさとしては余裕で収まります。
そこで前回と同じ向きに変えてみると…見事に全体が収まりました!めでたしめでたし。

IMG_6928_convert_20150130182351.jpg

ところがいざ始まってみると、今度は位置合わせがけっこう難しい。
撮影台はかなり重いため固定し、撮影する資料自体をフレームの真ん中にうまく収まるように少しずつ動かしていきます。
この誘導が、フレームを覗いて位置を決める人と、資料を動かす人たちの意思疎通がうまくいかないと、案外難しいんでんすね。



でも何度もやっていると、コツをつかんだみたいです。
気がつくと、作業の効率化をはかるため、掛け軸を撮影する人と片付ける人が分業するなど、だんだん考えて行動するようになっていました。



時間はかなりかかりそうですが、なかなか楽しい作業になりそうです。

一方、いつも通りの撮影や目録作りも淡々と進んでいきました。





日程は未定ですが、2・3月も継続して活動していきたいと思っています。
決まり次第公表しますので、ぜひご参加ください。
やってみたらかなり楽しいはずですよ。

最後にこの日の差し入れです。

25日の日曜日、かねてから準備・構想してきた懇談会の日を迎えました。

当日朝、金谷川の学生たちは徳竹先生の公用車と院生の清水くんの車で荷物を運んでくれました。
菊地・阿部・徳竹・黒沢の4教員の院生・ゼミ生16名が手伝いに来てくれました。

早速、会場準備です。
受付準備、レジュメ綴じとチラシの折り込み、実演用のデジカメ等の設置、パソコンやビデオのセッティング、ボードの準備と活動写真の掲示など、役割分担で一斉に準備に取りかかります。

fc2blog_20150127063018672.jpg

DSCN0468_convert_20150128211858.jpg

DSCN2329_convert_20150128212332.jpg

DSCN0469_convert_20150128211926.jpg

DSCN0472_convert_20150128211956.jpg

DSCN2330_convert_20150128211221.jpg

11時過ぎにはほぼ準備も完了し、早めの昼食です。
今回も「かーちゃんの力 ふるさと農園」の美味しいお弁当をお願いしました。
なかなかゴージャスでしたよ(・ω・)



報告者と司会で昼食を取りながら打ち合わせをしていると、いよいよ開始時間が迫ってきました。
会場を見渡すと、前の数列はともかく(笑)、後方まで席がけっこう埋まっていて、予想以上の好スタートです。

報告の中身については何らかのかたちで公にしたいと思いますが…
いつも行動を共にすることの多い考古学の菊地先生が実はこんなことを考えていたんだというお話を聞けたのは逆に新鮮で面白かったです。
今回、一番お招きしたかった民俗の懸田先生は、涙と笑いをさそう名調子で聴き手をぐいぐいと引きつけていました。流石です。
理工の黒沢先生とは震災以来のお付き合いですが、植物標本資料の保全の問題も歴史資料の保全とどこかしら相通じる課題を抱えていることがわかりました。
うちの大学は、口では「文理融合」と言いながら名ばかりで、ほとんど何もしていないとしか思えないので、これからも黒沢さんとともに我々でいろいろなことをやっていきたいですね。

DSCN2352_convert_20150128212358.jpg

休憩時間には、学生たちの古文書の記録撮影の実演を見学していただきました。
一緒に体験していただけるとよかったのですが、どうだったでしょうか…。
あとで学生たちに聞いたら、「専門的なすごい機材を使うのかと思っていたら、普通のデジカメなんですね」「思ったより簡単にできるんですね」「やってみると楽しいです」といった声が寄せられたそうです。
とりあえず、こちらの意図は伝わったみたいで、一安心しました。

DSCN0600_convert_20150128214320.jpg

ディスカッションは、司会の本間さんにうまくリードしてもらいながら、フロアからも貴重なご質問・ご意見を賜ることができました。
余裕をもって時間を設定したつもりでも、始まってみるとあっという間で、なかなか時間が足りませんね…。

DSCN0628_convert_20150128214441.jpg

この懇話会は、報告者が議論するよりはむしろ参加者に発言していただき、さまざまな声に耳を傾け、皆が共通認識に立って思いを共有し、裾野を広げ、横につながっていくことが何よりの目的です。
その願いを実現するためにやるべきことはまだまだたくさんあります。

今回は幸い、多くの皆様にお集まりいただくことができました。
この懇話会が実現できたのは、いつもよき理解者、助言者としてともに力になってくださる仲間たち、そしてかわいい学生たちのおかげです。
学生・院生のみんな、本当にありがとう。また手伝ってね(笑)。

DSCF6292_convert_20150126235216.jpg

翌日には地元紙が早速記事にしてくださいました。これまた感謝申し上げます。
福島民友はあらためて懇話会全体を取り上げてくださるとのことです。

福島民報 福島民友

次回の懇話会は夏ごろに開催したいと思います。
県内各地の動向も見据えながら、数年以内に県内主要地区・都市で順に開催し、福島市でまとめのシンポジウムをやれればというイメージを描いています。
例えて言うなら、ミュージシャンが東京から全国ツアーをスタートさせて、東京に戻ってファイナル公演をするようなものでしょうか…?。そう考えるとちょっとかっこいいな…(笑)。
でも、せっかくなら福島の歴史資料保全活動に何らかの「風」を吹かせたいですね。

そのためには、県内各地の多くの仲間たちのお力添えが必要です。一人では何もできません。
引き続き、というよりも末永く、よろしくお願いいたします。
センター試験の緊張感と慌ただしさが過ぎ去ったのもつかの間。
今週もめまぐるしく忙しかったです…。

火・水曜と2度目の卒論の相談会。
まだ心配な学生も若干いますが、多くは論文の構成や展開、自分なりの主張が見えてきたようなので、あとは背中をポンと押すだけというところまで、やっと辿り着きました。
それでもやはり来週末まではまだ気が抜けないんですけどね…。

さて、今日は月に1度の金曜日の実習ですが…。
自分はというと、日曜日の懇話会の準備でてんやわんやでした。

懇話会では、これまでの活動の様子を伝える写真を大きく引き延ばして展示します。
こういうときに学類の秘密兵器?が役に立ちます。



遅れてFUREに着くと、古文書撮影用の台の貼り替えが行われていました。
そういえば、だいぶ薄汚れていましたね…長いことおつかれさまでした。
いつも思いますが、これを考えついた人はアイデアマンですね…。











今日は、来年度からの新ゼミ生が3人も来てくれました。
早くゼミにとけこんでもらえると嬉しいな(^o^)

そんな楽しい様子を知ってか知らずか、別室では黙々と目録づくりです。おつかれさま。



今日は、ボランティアで参加してくださった方からお土産を頂戴しました。
博多明太子のおせんべいです。
ごちそうさまでした( ^ω^ )





拙者からは、名古屋土産です。
泣く子も黙る?名古屋コーチン使用バージョンです。
気のせいか、箱もキンキラキンです(笑)

何で名古屋かって? それは内緒(・ω・)
といって勿体ぶっても、誰も興味ないでしょうけどね。
その方のたまわく、名古屋だけに、「“Chicken” Wings Of Tomorrow」なんだそうです(笑)。





さて、日曜日はいよいよ懇話会です。
後援をお願いした福島民報も開催予告の記事を掲載してくださいました。
少しでも多くの方にお集まりいただき、実りある成果を得られればと期待しています。
よろしくお願いいたします。
15日に、郡山市博の柳田先生にお越しいただき、今年度の裏打ち実習を行いました。
(ちなみに、昨年度の記事はコチラ。去年の学生たちはみんな卒論の追い込みです)

昨年の12月、何人かに手伝ってもらい、裏打ちした文書を貼り付けて乾燥させるための特殊加工?の台を作っておきました。

DSCF6194_original_convert_20150115110600.jpg

DSCF6217_original_convert_20150115110807.jpg

前日には和紙を裁断し、裏打ち用の紙と、古文書のコピーを印刷するB4サイズを用意しました。



今回は4種類です。後北条氏に武田信玄、伊達政宗の文書もあります(笑)。









この古文書のコピーに虫くい穴をつくるのですが、こういうところに個性というか、性格が出ます。
このスルメイカみたいな模様の穴は何でしょう?(笑)



これはいったい…(笑)





さて、柳田先生をお迎えしての授業です。
まずは講義です。博物館資料論、博物館資料保存論にも通じる、ためになる内容でした。



講義ののち、2通りのやり方で裏打ちを実習しました。

20150115裏打ち実習+(58)_convert_20150119094722

20150115裏打ち実習+(99)_convert_20150119095352

20150115裏打ち実習+(115)_convert_20150119095150

20150115裏打ち実習+(113)_convert_20150119095047

ちなみに、先のスルメイカと変顔はこうなりました。
よくみたら文書が上下さかさまじゃん…(笑)

20150115裏打ち実習+(106)_convert_20150116024422

20150115裏打ち実習+(151)_convert_20150116024602

片づけをして終了です。
おかげさまで、今回も充実したいい実習になりました。
柳田先生、有難うございました。

20150115裏打ち実習+(193)_convert_20150119095818

20150115裏打ち実習+(194)_convert_20150119095919

夕方から降ってきた雨は、いつの間にか雪に変わっていました。風も強くてけっこう降りました。



前もって雪が降ったので、センター試験は天気に恵まれるといいな…と願っていたら、初日の午後からかなり強い雪になりました…(>_<)
でも、電車に影響がなかったみたいでよかったです。
2日目の朝の金谷川キャンパスです。



ところで、1時間目の理科①というのは、29年ぶりの科目なんだそうです。
29年前…だったら現役で共通一次を受けた時じゃん(笑)。
そういえば「理科総合」みたいな科目があったよな…。

ひょんなことから、休憩時間に同世代の先生たちとちょっとした昔話になりました。
共通一次試験は、現役の時は5教科7科目の1000点満点で、1浪の時から5教科5科目の800点満点になりました。
しかも1浪の時は、共通一次の結果が出る前に2次の出願があって、いわゆる「足切り」が続出したのと、東大・京大入試が前・後期に分かれたため、史上初のダブル合格者が出るという波乱含みの入試でした。
そういえば都立高校の入試も、学校群制度からグループ選抜に変わった2年目でしたし、今思うと、制度変更に振り回されていたんですね…。

同世代でないとわからない思い出話でした。しかも古文書学実習とは全然関係ない話で。
ゼミ生には生まれるずっと前のことで、当然わかるはずもありませんが、もしかしたらご両親ならわかるかもしれません…(笑)。
現にゼミ生に「うちの母親、先生と同じ年ですよ」と言われましたから…(>_<)
今日(正確には昨日の10日)は古文書学実習の一環で、博物館での古文書見学でした。

昨年お邪魔した仙台市博物館(前回の記事はコチラ)が休館中なこともあり、今回は米沢市の上杉博物館にお願いしました。
一昨年、上杉家文書のシンポジウムのときにお邪魔して以来、2回目です。

今回は、前回に引き続き徳竹先生と、この1年間、古文書講読の授業に出席し、学生と一緒に熱心にくずし字の読み方を学んでおられた、政治思想史の小島先生も参加されました。

福島駅を出発したときは小雪がちらつきつつも晴天だったのですが、山形県に入ると銀世界に。
2年前は雪深かった記憶があって重装備で出かけましたが、雪は積もっているものの、ちらつく程度だったのでラッキーでした。



DSCF6277_convert_20150111004031.jpg

午前中は学芸員の角屋さんの解説で、所蔵されている古文書をじっくり拝見させていただきました。
いまさらながら、古文書の世界は奥深くて面白いです(^ ^)
学生たちも熱心に説明に聴き入り、文書で読める字を見つけては喜んでいました。
小島先生が一番熱心にご覧になっていた気がしますが…(笑)。

DSCF6274_convert_20150111003756.jpg

DSCF6272_convert_20150111003910.jpg

昼食は隣接する上杉城址苑へ。
各自で好きなものを注文。
私はというと、せっかくなのでこれ(≧∇≦)
ブログを意識していないかといったら嘘になります(笑)。



午後からは常設展の見学。
学生が「洛中洛外図屏風」に描かれたカマキリを見つけて、一部でかなり盛り上がりました。

そんなことをしていたら、2時から学芸員さんのギャラリートーク。
上杉鷹山などの資料を使っての、なかなか興味深いお話でした。

終了後に展示を一通り見学していると、あるコーナーで学生たちがみんなで盛り上がっていました。
足軽気分で、銃で的を撃つ体験コーナーでした。
「こいつらしょうもねー」と思いつつ(笑)、Sくんの堂に入ったかのようなかまえが妙に可笑しかったです。

DSCF6280_convert_20150111010431.jpg

最後に、かねたん、かげっちたちと記念撮影。
上杉博物館の皆様、たいへんお世話になりました。
またの機会によろしくお願いいたします。

DSCF6283_convert_20150111004244.jpg

DSCF6284_convert_20150111004353.jpg

帰りはかなり雪が強くなってきました。
行きと比べると、全然違う光景です。

DSCF6287_convert_20150111004545.jpg

思い思いに土産を手にし、福島への帰路に。



帰りに金谷川に寄ったら、キャンパスにもうっすらと積雪が。
福島でもわずかながら雪が降ったんですね。





来週のセンター試験では雪が降らないことを祈るばかりです。
そのセンター試験の裏で、学生たちは学外での古文書学実習に出かけます。
しっかり勉強してくるようにね。
2015年になりました。
本年もよろしくお願いいたします。
今年はひつじ年、ついに年男です…(^_^;)
実習室で迎えてくれたのは…



北海道のかわいいキャラ、ジンギスカンのジンくんでした(≧∇≦)

日付は変わりましたが、昨日と今日は4年生の卒論事前指導でした。
けっこう疲れました…。新しい仲間にだいぶ助けられました。



肝心の卒論の進捗状況ですが…

うーむ…正直言って、現状はなかなか厳しいです…(ー ー;)

あと3週間余り、粘り強く取り組んで、大学4年間の学びの証となる卒論を書き上げてもらいたいものです。
みんな、がんばれ*\(^o^)/*

さて、今日から早くも古文書整理です。
年末まで手伝ってくれた4年生はいない…
と思ったら、なぜか1人いたことに、いま気づきました(笑)。





しばらくは現3年生だけですが、いずれ新3年生を迎えるまで、こちらもがんばります!

今月は23日金曜日17:00~、28日水曜日18:00~です。
ご参加いただける方、よろしくお願いいたします。