センター試験が終わったもつかの間、翌週末の土曜日にはかねてから依頼されていた講演の仕事、日曜日は恒例の仙台での研究会でした。

信夫学習センターでの講演では、「信夫郡をめぐる旧道と人々」と題するお話をさせていただきました。
私の拙い話に、看板倒れ、羊頭狗肉といった非難の嵐にならないかと心配でしたが、聴講者の皆さんには熱心に聴いていただけましたし、関係者の方々にも終始お気遣いいただいて、気持ちよく講師をつとめさせていただくことができました。

さて、本題です。
1月は実習の駆け込みラッシュのようになっていますが(笑)、今回は、宮城や岩手の水損資料レスキューでも多大な実績をあげた、東京文書救援隊をお招きしての実習です。

東京文書救援隊の木部徹さんとは、私がまほろんで行った講演に来て下さったことでご縁ができました。
木部さんご自身、郡山のご出身だそうです。
かねてから実習の講師としてお招きしたかったのですが、今回ようやく実現に至りました。
当日は助手として島田さんにもお越しいただきました。

20140123実習 水損資料01

20140123実習 水損資料04

作業の手順は、①泥やカビの除去、②水洗い、③乾燥、に大別されます。

20140123実習 水損資料02

①泥やカビの除去については、これまでもいわきや米沢のボランティアで、学生ともども経験してきましたが、この装置は、作業者に害が及ばないよう工夫してつくったものだそうです。

20140123実習 水損資料03

物によっては、建物の解体にともなって、資料にアスベストが付着することもあるそうです。
中が見えるようアクリル板で上部を仕切られた作業台の背側には、空気清浄機が設置されています。
空気清浄機が吸気することで気流が発生し、作業者が粉塵を吸い込まなくて済むような仕組みになっています。
もちろん、排気はきれいになって放出されますので、安全な作業環境が保たれます。

刷毛は製図用のものを用いているそうです。

20140123実習 水損資料10

紙の質にもよりますが、クリーニングクロスでこするように吹いても大丈夫なものは、この段階でしっかり付着物をおとします。

20140123実習 水損資料13

②水洗いは、まず2枚のネット(網戸用だそうです)に挟みます。
その際、折れ目などが強い場合は、霧吹きで湿らせて延ばすようにするとよいそうです。

20140123実習 水損資料05

20140123実習 水損資料12

20140123実習 水損資料09

プラスチックボードの台にのせて水につけ、なじんだところで刷毛で泥を落とします。

20140123実習 水損資料23

20140123実習 水損資料07

20140123実習 水損資料25

網を外して作業をやってみると、泥が落ちていくのがはっきりわかります。
これを両面行います。

③乾燥ですが、まずは水をよく切った後、吸水シート(犬猫ペット用!)に挟み、上から押さえつけて、できるだけ水分を取ります。

20140123実習 水損資料18

20140123実習 水損資料11

次に網を外し、順番に不織布と交換します。

20140123実習 水損資料24

20140123実習 水損資料19

20140123実習 水損資料17

そして、段ボールと濾紙(コーヒーを入れる時に使うのと同じものだそうです!)で、不織布に挟んだ資料を上下で挟みます。

20140123実習 水損資料26

20140123実習 水損資料06

これを重ねあわせ、プレス板と重しをのせて、扇風機で横から一気に風を通します。

20140123実習 水損資料15

20140123実習 水損資料16

このとき、段ボールの断面の隙間を風が通ることで、蒸気となった水分を一気にとばし、乾燥にかかる時間を短縮するのだそうです。

学生も全員、作業を一通り体験してもらいました。
洋紙と和紙での感覚の違い、力の入れ具合など、やってみて初めてわかることも多々あります。

今回の話を聞いて興味をもってくださった職員の方たちも、途中から参加してくださいました。
少しは学生気分を味わっていただけたでしょうか?(笑)
泥がみるみる落ちてきれいになっていくのが、新鮮な驚きだったようです。

20140123実習 水損資料20

20140123実習 水損資料21

詳しいレスキュー方法や、必要となる資材の購入方法などについては、東京文書救援隊のHPで紹介されていますので、ぜひご覧ください。
木部さんがおっしゃっていたように、作業そのものは比較的短時間で一通りできるようになります。
木部さん、島田さん、東京からわざわざご指導に来てくださり、有難うございました。

20140123実習 水損資料22

昨今は震災だけでなく、夏の集中豪雨による河川の氾濫などによって、歴史資料が水損する危険性は、残念ながら年々高まっていると言わざるをえません。
そうした万一への備えとして、まさに防災訓練のように、常日頃から多くの人たちが技術と経験を積み、共有しておくことが大切です。

今後とも実習だけでなく、機会を捉えて学内外の多くの方々に体験していただけるようなかたちをつくっていければと考えています。
まとまってお知らせです。

①行政ブログに記事を掲載

 福島大学行政政策学類有志ブログ ガンバロウ福大!行政の「結」に、昨年10月の文化財等レスキューに関する記事を掲載していただきました。
 詳しくはこちらをご覧ください。

②河北新報に『ふくしま再生と歴史・文化遺産』の紹介(予定)

 記者さんからご連絡をいただきました。1月27日(月)の朝刊の「東北の本棚」に掲載予定とのことです。
 読める地域は限られているかもしれませんが、機会のある方はぜひご一読ください。

昨日は古文書学実習の授業で、東京文書救援隊の方々を講師にお招きし、水損資料のレスキューについてご指導いただきました。
記事については、多忙な週末を乗り越えたら掲載したいと思っています。
この土日の週末は、センター試験の監督のお仕事でした。
金谷川駅も、なかなか粋なはからいをするものです。





駅員さんたちは「合格はちまき」をして受験生を出迎えていました。

センター試験で学生たちは学内に入れませんので、福島県歴史資料館にお願いして古文書学実習を受けさせました。

このように、古文書学実習では、例年1月頃に博物館等にお邪魔して、学芸員の方に古文書を用いてのご指導をお願いしています。

その一環として、先週の金曜日、実習では2年ぶりに仙台市博物館を訪れました。
私は研究会で定期的にお邪魔しているのですが、学生を引率するとなると、一応先生らしく(?)ちょっとええかっこしいになってしまいます(笑)。
今回はゼミに進学予定の2年次生のうち3名が参加してくれました。
徳竹先生も現地集合で参加してくださいました。

仙台市博では、いつものように学芸員の佐々木徹さんにお世話になりました。
本物の古文書を出していただき、細部に至る取扱い上の注意や、内容の解説などをしていただきました。

20140117仙台市博物館01

20140117仙台市博物館02

20140117仙台市博物館03

20140117仙台市博物館04

中世文書をガラスケース越しではなく、直接目に触れることができるだけでも貴重な経験ですし、佐々木学芸員が専門的なお話をわかりやすく説明してくださるので、学生にはたいへん勉強になります。

昼食は館内のレストランでとり、午後は展示見学です。

20140117仙台市博物館05

ちょうど今、常設展に片倉小十郎景綱の新出文書(⇒昨年12月に白石市で行われたシンポジウムでも紹介されました)や、伊達輝宗日記などが展示されています。
また、恒例となった「かたちでわかる古文書入門」展も開催されていて、これまた学生には勉強になります。

見学後、天気がよかったのと、「写真を撮りたい!」という声をうけて、予定を変更して青葉城の本丸に行ってみました。

20140117仙台市博物館10

仙台市史編さん室長の菅野正道さんに「探検マップ」を頂戴し、博物館の建物の裏手にある伊達政宗像にご挨拶しつつ、登城しました。

20140117仙台市博物館06

楽しみにしていた伊達政宗騎馬像は、時間帯もあってか、もろに逆光だったため、うまく記念写真が撮れませんでした。

20140117仙台市博物館07

20140117仙台市博物館09

でも、学生たちは思い思いに写真撮影に興じていましたから、きっとご満悦のことでしょう。

いつも思うのですが、本当に楽しそうな学生たちの笑顔を見ているときが、実は教師冥利に尽きる瞬間なのかもしれません。
縁あって出会い、ゼミでともに学ぶことになった学生たちとの楽しい思い出の1ページがまた増えました。
2013年の年末も、最後まで慌ただしい日々が続き、気がつけば新年を迎えていました。

パソコンをつけまいとささやかな抵抗をした(笑)正月休みもあっけなく終わり、新年早々、進学予定者との顔合わせがあったり、卒業研究の個別面談(とっても心配…)をしたりと、否応なしに現実に引き戻されています…(T_T)
そんな中、嬉しいこともいろいろあって、その一つが徳竹先生からの長野産りんごのお土産です。



秋の芋煮会で見事な包丁さばきを披露したWさんにも手伝ってもらい、ゼミ生一同でご馳走になりました。



土曜日には『ふくしま再生と歴史・文化遺産』を持参して、国見町でご協力いただいた方々にお礼の挨拶に行ってきました。
どなたにもたいへん喜んでいただき、読んでくださるとおっしゃっていただけたのが、何より嬉しかったです。

さて、いつになったら本題に入るのかと言われそうなので、よもやま話はこの辺りで。

世は成人の日らしき祝日、恒例行事となっている、山形ネットの集中作業に参加させていただきました。
10月にも参加したんですが、あの頃はブログを書く余裕が全くなかったんですよね…。

今回は徳竹教養演習の1年生が5人も参加してくれて、うちのゼミ生2人と教員2名のあわせて9名でお邪魔しました。
福島ではさほどでない積雪も、山を越えて山形に入ると全然違います。
新幹線の車窓から銀世界を撮ってみました。



今回の作業は「陸前高田への旅支度」と題されていて、山形ネットが預かってクリーニングしていた資料が里帰りすることになり、その準備をお手伝いしました。

作業は概ね、通し番号札の挟まれた資料(図書、学術雑誌など)と入力データを照合した上での箱詰め、箱詰めされた資料の梱包、および手書きの目録のデータ入力の3つに分かれて行われました。









ちなみに、既に終わっていたデータ入力は、九州の宮崎ネットの支援によるものだそうです。
山形ネットの取り組みは、被災地への後方支援の先駆的な試みとして高く評価されていますが、こういうところにも資料ネットどうしの協力関係のモデルが示されています。

徳竹先生は福大生とともにデータ入力作業を指導し、私は米沢女子短大生や福大生とペアを組んで、資料の照合と箱詰めをお手伝いしました。





これらの資料は主に、陸前高田市出身の博物学者、鳥羽源蔵に関するものです(詳しくはこちらを参考にしてください)。

私が今回主に担当したのは考古学や動物学関係の学術雑誌の照合作業でしたが、資料はそれ以外にも魚類、植物関係など、とにかく膨大で多岐にわたり、博物学者の名にふさわしいものです。
中にはお孫さんのもの?とおぼしき教科書類や「小学〇年生」のような子ども向け雑誌も交じっていたりして、微笑ましい一面も。
ちょっとしたものでも大事に蒐集する博物学者のあらわれといってよいのかはわかりませんが、コレクションの幅広さと物持ちのよさには驚嘆するばかりです。

学生たちも、山形ネットの皆さんの親切な指導のもと、それぞれの持ち場で黙々と作業に励んでいました。
午前と午後で作業を交替したため、いろいろ貴重な経験ができたものと思います。





今度は山形市内でも、1月25日(土)・26日(日)、2月15日(土)・16日(日)の4日間で集中作業があるそうです。
関心のある方はぜひどうぞ。
私も学生を引率して参加できればと思っています。