2013.07.30 いわき再訪
大学は授業期間が終了し、しばらくは正規試験期間となります。
本来ならば時間の余裕ができてくるはずなのですが、学内の仕事がなんだかんだとあって、まだしばらくは自分の時間がもてそうにありません…。

さて、気がつけばブログの更新も滞っていました。
日曜日は仙台で、小林清治先生の著作集の編集委員会と、恒例の研究会でした。

20130728仙台にて

小生の怠慢もあって、編集委員会をなかなか開催できずにいたのですが、メンバー諸氏の協力のおかげで、やっとかたちが見えてきたような気がします。

月曜日は、このところ恒例のいわき行きでした(今年度だけで何回目だろう?)。
今回は福島県立博物館の榎さんと内山さんに来ていただき、レスキューする資料を一緒に見ていただきました。
いつものように中身の詳細は公表できませんが、県博、そして地元関係者のさらなる支援が得られることになり、心強い限りです。

20130729いわきにて-01

帰りがけに、3・11で津波の被害を受けたある地区を案内していただきました。
この地区では復興計画が策定され、高台のところに新しい住宅地が建設される予定のようです。
しかし、津波被害の爪痕が残る沿岸部の光景を目の当たりにすると、何も言葉がでなくなってしまいます。
あれからもう2年と4か月、復興はほとんど何も進んでいないことを実感させられます。

20130729いわきにて-02

20130729いわきにて-03

20130729いわきにて-04

いつも一緒に活動している茨城大院のY君が以前この地区をまわったときに、個人で管理する祠の保全を呼びかける立て看板を見かけたそうです。
先祖代々の地を離れるにあたり、その方が立て看板に託された思いというのはいかばかりのものだったのでしょうか。
「心の復興」と文化・歴史の保全のもつ意味、そしてその重みを私たちは真摯に受け止めて活動しなければならない、そんな思いを新たにしたひと時でした。

さて、事前調査は順調に終わったので、BQさんにいわき駅まで送っていただきました。
高速バスに乗って帰る前に、久しぶりに寄って買ってきました。

20130730いわきにて-05

旧平藩主安藤家御用達という、大平楼の献上粕てい羅です(・ω・)
初めていわきに行ったときに、今は卒業したNさんのおすすめで、お土産に買って帰りました。
昨年、かみさんと白水阿弥陀堂を見に行った帰りにも買ったから、たぶん3回目かな。
これも歴史資料保全活動の合間のちょっとした楽しみです。
前期の授業もまもなく終わり、正規試験期間に入ろうとしています。
そこで今日は、古文書学実習についてご紹介します。

本学類は前身の行政社会学部以来、フィールドワークや実習を重視してきました。
古文書学実習は、博物館学芸員に求められる素養の一つとして、古文書の取り扱い方を学んでもらおうと、学芸員資格の取得を希望する学生を主たる対象に長年開講されてきました。

これまでは、学内に古文書が所蔵されていないということで、長らく学外機関の協力のもとで行われてきました。

そんな中、震災以前から学内の有志が取り組んできた貴重資料調査の過程で、まとまった量の古文書が見つかりました。

そこで、今年度はこの古文書の保全と記録整理を実習のテーマとすることにしました。
宮城ネットでの歴史資料保全活動の経験が豊富な徳竹先生にお手伝いいただけるのも有難いことです。

20130703古文書学実習-06

まずは現状記録と保全を進めるということで、簡単なスケッチをとったあと、まとまったかたちでデジタル撮影し、整理番号を付けながら、中性紙封筒に入れて文書箱に詰めます。

20130703古文書学実習-02

学生は呑み込みが早く、アドヴァイスをもとに自分で考えながら工夫して作業に取り組んでいます。

20130703古文書学実習-01

こういう技術と経験が、歴史資料保全活動の現場でも大いに役立つんですね。
最初の頃に比べても各段と腕を上げているのがよくわかります。

あとは、くずし字をすらすらと読めるようになるといいんですけど、一朝一夕にはいかないもので、それなりの修行が必要ですかね…(笑)。
でも、見たことがある字にだんだん気づくようになってきたみたいで、少しでも読めたりすると、やはり嬉しいみたいです。

20130703古文書学実習-05

20130703古文書学実習-04

前期でひとまず封筒・箱詰めが終わりそうな目処がついたので、後期は1点ごとの記録撮影に入ろうかと考えています。
さらに被災資料を預かって記録作業を進めることも検討しています。
福島は今ひとつぱっとしない天気です。雨も続いています。
どうもまだ梅雨明けしていなかったみたいですね…(^_^;
東京はとっくに梅雨明けしてガンガンに暑いので、感覚のズレに面食らいます。

今日は浪江町のご出身で「なみえ復興大学」を立ち上げられた原田さんとお目にかかり、意見交換しました。
気づいたら2時間も熱く語り合ってしまいましたが(笑)、また新しい方との出会いと「つながり」のできた、有意義なひとときでした。
「なみえ復興大学」については、いずれこのブログでもご紹介します。

さて、本題です。
以前からそれとなくアピールしてきましたが、昨日は市内の古民家をお借りしてゼミを行いました。
福大広しといえども、古民家でゼミを開く“おしゃれ”なところは我が文化史くらいでしょう(・ω・)

舞台は市内瀬上の嶋貫本家です。
阿武隈急行の「福島学院前」から徒歩5分程にある大きなお屋敷です。

20130719嶋貫家-01

20130719嶋貫家-02

20130719嶋貫家-03

当ブログでもご紹介した、ふくしまの古民家を守る会の第1回目の会場となったことで、私も初めてその存在を知りました。
地域の歴史と文化を語る立派な建築物がこんな身近なところにあるのだから、学生たちにも古民家に親しんでもらい、理解を深めてもらおうと企画しました。

家伝によれば、上杉家家臣から江戸時代に帰農し、金貸業や酒蔵業などを営み、大地主となっていったそうです。
現在の建物は11代目の現当主が復元・改修したもので、見学はもちろんのこと、各種催し物などにも利用されているとのことです。

ゼミの始まる前に、建物の中を見学させていただきました。
古民家そのものの見事さばかりでなく、展示された衣装や調度品の素晴らしさに圧倒されます。
特に女子学生たちは、口々に「すごーい」と感動しきりでした。

20130719嶋貫家-04

20130719嶋貫家-05

2階には甲冑などが飾られており、ご厚意で火縄銃を持たせてもらいました。
百聞は一見に如かず、持った時の重さはかなりのものがあります。
ところで、嬉しそうに他人に銃口を向けるのはやめましょうね(笑)。

20130719嶋貫家-06

20130719嶋貫家-07

20130719嶋貫家-08

20130719嶋貫家-09

当家の歴史と栄華を伝える数々の所蔵品です。

20130719嶋貫家-10

20130719嶋貫家-11

20130719嶋貫家-14

こんな珍しいものもありました。

20130719嶋貫家-12

こちらはご当主だけが入れた執務室で、特別なお客様が招かれたそうです。

20130719嶋貫家-13

さて、そんな夢のひとときもあっという間。本来の目的のゼミです。
今日は卒論構想発表が3本と、けっこうタフでした。
でも、風通しがよくてとても涼しく、快適な環境でゼミができました。

20130719嶋貫家-15

20130719嶋貫家-16

皆さん、おつかれさまでした。また古民家ゼミをやりましょうね。
嶋貫本家へは、今度は古文書の記録調査でもお邪魔したいと思っています。

20130719嶋貫家-17

帰りに美しい礼状を頂戴し、これまた感謝感激の一日でした。
次回の「古文書講読」の時間に皆で読みましょうね(笑)。

20130719嶋貫家-18
2013.07.17 1冊の重み
昨日、菊地先生のもとにまとめて送られてきた分厚い報告書が、手元に届きました。
「語ろう!文化財レスキュー 被災文化財等救援委員会 公開討論会報告書」です。

20130717報告書

背表紙には「東北地方太平洋沖地震被災文化財等救援委員会 公開討論会報告書」とあります。
表紙にみえるように、1月23日、2月4日、2月22日の3回にわたって開催され、私もすべての回に出席し、魂のこもった数々の報告と熱弁に聞き入りました。
最終日には、自ら登壇を願い出て、拙いながらも討論に参加させてもらいました。

被災文化財等について考える会

この報告書は、多くの専門分野や地域を越えた方々が一堂に会し、技術、応急措置、保管環境、活動記録、人材育成、体制づくりなどのセッションに分かれて、自らの経験や知恵、教訓、地域の文化財等に対する思いなどを語ったものとして、文化財レスキューにとって画期的意義を有するものだと思います。
できることならば、関係者だけにわたる報告書にとどめず、一般の方でも手に入るようなかたちでの出版化をご検討いただきたいものです。

報告書を手にした瞬間、感慨にふけるのは遠い先のことだと分かっていながらも、この2年余りのことが自然と思い出されてきました。

福大に着任した頃は、こんなふうになるとはもちろん予想だにしませんでした。
ふくしま史料ネットが立ち上がった時、私は恥ずかしながら、活動の趣旨や大切さをほとんど何もわかっていませんでした。
本間宏さん、神戸の奥村弘さん、新潟の矢田俊文さんの話を聞きながら、おぼろげながらも震災時に何が必要なのかを事前に学んでいたことが、結果的によかったのだと思います。

このブログで、いずれ活動記録の写真をUPしていきますが、本当にいろいろなことがありました。
これは最初の須賀川での写真です。2011年4月のことです。
いつもは記録係をやっているので、自分が写っている珍しい写真です。
そういえば、このときは初めて買った作業着を着て安全靴を履き、ひたすら肉体労働に徹しました(苦笑)。

20110421須賀川にて

歴史資料保全活動のこともそうですが、よほどのことがなければ率先して前に出ることのない自分が、自らシンポジウムを企画し、公開討論会で登壇を志願して発言するなどといった、まったくもって柄にもないことをするようになるとは、これまた思いもよりませんでした。

でも、それは「ふくしま」にいる人間だからこそ前に出て言わなければいけない、外に発信しなければならない、という使命感に背中を押されてのことでした。
そして、情報の発信が不得手で、遠慮がちになかなか声をあげようとしない「ふくしま」の人たちに代わって、外から「ふくしま」にやってきた人間がやらなければいけないことだと思いました。

自分でもかわったな、と思います。
福島にお招きした五味文彦先生から「あなたも福島に来てかわったじゃない」と言われたので、客観的に見てもきっとそうなのでしょう(笑)。

そして公開討論会第2日の前日、福島市で開いたシンポジウム「ふくしま再生と歴史・文化遺産」についても、関係者の協力を得て、今年中には何とか上梓したいと思っています。
先の報告書の充実度には及ばないかもしれませんが、「ふくしま」の被災経験、そして県内各地で花開きつつある新たな取り組みを通して、歴史・文化遺産の貴さを私たちなりに訴えかけていけるものになればと思っています。
今日は伊達市での資料調査にお誘いいただき、貴重な古文書類を拝見してきました。
今後、保全を進める必要が出てくると思われますが、詳細についてはまたの機会に。

さて、これからご紹介するのは、「ふくしまの古民家を守る会」です。

20120712古民家集い①

福島市周辺だけでも、実は相当数の古民家や歴史的建造物がありますが、残念ながらあまり知られていません。
古民家はただ保全しておくだけではだめで、使われないでいると劣化が進んでしまうのだそうです。
維持管理が難しい上に、東日本大震災で被災したことで再建を断念し、やむなく解体されるケースも少なからずあったとのことです。

こうした現状を憂いて立ち上がった有志が、古民家の所蔵者と連携して、古民家を保全し活用するための勉強会を始めました。

私は古民家については全くの専門外、素人ですが、ふくしまの文化財保全に関わるものとして、分野を超えた幅広い人たちがつながるきっかけづくりができないか、そして古文書の保全を呼びかける活動の一環として何かできることはないかと思い、参加しています。

初会合が5月の連休中に福島市内の瀬上で、2回目の今回は、昨日金曜日に国見町で開催されました。

20120712古民家集い②

20120712古民家集い③

古民家活用の事例紹介や意見交換ののち、3本の報告がありました。
不肖、私も「古民家の保全と歴史資料調査」と題して、15分ほどお話しさせていただきました。

会場には、福島市内の建築文化を伝える古民家や建物を紹介するパネルも展示されていました。
その中には何と、この3月まで隣の隣の研究室でお仕事されていたS先生のお宅も紹介されていました(笑)。
今回は残念ながらS先生にお目にかかることができませんでしたが、次の機会を楽しみにしています。

午後からは近隣の洋館の見学会があったのですが、私は大学に舞い戻り、ゼミでした。
今週と来週は、4年生の卒論構想発表です。
特に来週は、1回目の会合の舞台となった古民家を借りてゼミをやることにしています。
既に2回目の古民家ゼミの場所も決めています(笑)。

これを機に、古民家めぐりもゼミの恒例行事にしたいなと思っています。
だって、うちはこれでも「文化史」ゼミですからね(笑)。
梅雨明けとともに、福島盆地の厳しい夏がやってきました。
本格的な時期を迎えると、しゃれにならないくらいの猛暑になります。

そんな中、木曜日に資料レスキューのお手伝いをしてきました。

今回はいつもの授業を現場実習に振り替えて(笑)、博物館実習を履修している学生たちにも参加してもらいました。

前回同様、写真でのダイジェスト版です。

20130711双葉レスキュー①

20130711双葉レスキュー②

20130711双葉レスキュー③

20130711双葉レスキュー④

今回は曇天だったとはいえ、労働すると汗だくだくです。

20130711双葉レスキュー⑤

作業終了後に、資料を搬入した場所を見学させていただきました。

20130711双葉レスキュー⑥

気がつくと、何人もの大人たちが活動記録用に学生たちの写真を撮っています。
まるで運動会の時に、我が子を必死になって撮影する保護者たちのようでした(笑)。

がんばったご褒美として、福島県立美術館から招待券をいただきました。

20130711双葉レスキュー⑦

贈呈役の伊藤学芸課長には、後期に「博物館経営論」をご担当いただきます。よろしくお願いいたします。
ちなみに招待券は「若冲が来てくれました」展です。
7月27日からだそうです。皆さんもぜひ足を運んでみてください。

そして恒例の記念(証拠?)写真です。
今回はバランスよく写っていますね(笑)。みんないい笑顔です。

20130711記念写真①

毎度のことですが、皆様おつかれさまでした。
帰りにコンビニで買って食べたアイスが美味しかったね。

さて、福大公用車グループは帰りがけに発掘現場を見学させていただきました。
菊地先生の「考古学」臨時野外講義の始まりです(笑)。

20130711発掘現場①


20130711発掘現場②

学生の皆さん、またよろしくお願いします。
次回の出動でも、FUREの宣伝をかねて、“めばえちゃん”とともにがんばってきます(笑)。

めばえちゃん
2013.07.09 いわきにて
このところ週末にブログ記事を書いていたのですが、忙しくて書けませんでした。
今週もネタがたくさんある予定なのですが、いつ書けることやら…。

関係ないけど、日曜日はプライベートで、またここでした。

ショボーンとキティちゃん

ある方と名刺交換をしてきました。
私がご挨拶している方はどなたでしょう?

名刺交換

その生きざまを通して不撓不屈の精神を教えてくれた、そしてたくさんの元気と勇気を与えてくれた方です。
答えを知りたい方は、直接聞いてください(笑)。

またまた閑話休題。

日付かわって、昨日はいわき市で、資料レスキューの打ち合わせをしてきました。

セキュリティ等の関係もあり、以下の話は詳細をご紹介できないのが残念ですが、ふくしま史料ネットいわき本部長?のBQさん(仮名・笑)、茨城ネットの皆さんと教育委員会を訪問し、活動の趣旨を説明して協力をお願いしてきました。

こういう時に、福島大学うつくしまふくしま未来支援センター(FURE)歴史資料担当で作った活動紹介リーフレットが役に立ちます。
おかげさまで好評を博しているようです。

FURE歴史資料担当リーフレット

ちなみに、FUREはこんな感じです。開所式はもう少し先になるとのことです。

FURE

話かわって、お昼はきじ丼でした。もちろん、まいぅ~でした。

きじ丼

とりさしも美味しくいただきました(写真を撮り忘れてしまい、最後の一切れでスミマセン)。

とりさし

その後、地元の皆さんとの顔合わせと事前調査です。
到着する直前まで滝のような大雨に見舞われ、大いに心配されましたが、いつの間にか、焼けつくような暑さの快晴に転じました。

途中で訪れた神社にて、こんなものを見かけました。何だかわかりますか?

茅の輪

そう、茅の輪です。くぐり抜けることで身を清め、無病息災を祈願します。
モデル(事後承諾)は、いつもの茨城大院生(実は福島出身)の頼もしき若武者たちです。
彼らとは4月以降、下手をすると同僚より頻繁に会っているかも知れません(笑)。

茅の輪くぐり説明

茅の輪くぐり

こちらは途中の給油所で、人懐っこいワンちゃんと和むBQさんと茨城ネットの皆さんです。

ワンちゃんと和む風景

ワンちゃんは12歳だそうです。まだまだ元気で長生きしてほしいです。

人懐っこいワンちゃん(12歳)

当たり障りのない話に終始しましたが、先のような事情をご理解ください。

月末にもう一度、事前調査と打ち合わせをして、夏休み中に本格的な資料レスキューに入るつもりです。
またいずれ、当ブログにてご紹介します。
早いもので気がつけばもう7月。2013年も折り返しました。実習室の島根県応援カレンダーも、古墳ギャルのコフィーちゃんに変わりました(笑)。

研究室20130702

研究室もプチ模様替え?で気分転換です。

研究室ショボーン20130703①

最近お気に入りの「ショボーン」を飾ってみました。
集め出すときりがないので、訪問先で気に入ったものを選んで買っています。
ちなみに、最初の出会いは昨秋のゼミ旅行の函館山でした。
気になって仕方なくて、結局赤レンガ倉庫で買ってしまいました(笑)。

研究室ショボーン20130703②

閑話休題。

今日はプロジェクトの関係でお手伝いをお願いしている、石塚さんをご紹介します(お仕事中なので、横から失礼します)。

石塚さん20130704

石塚さんは行社・伊藤ゼミOBで、最近では学類教員による震災後の研究活動をまとめる仕事に従事されていました。

彼と初めて会ったのは、文化センターで歴史資料保全活動に関する講演を行った席でのことでした。
一般の聴講者にしては(失礼)あまりにも熱心に活動のことを聞いてくるので、誰なんだろうと思っていたら石塚さんでした(笑)。

私は今、昨年新設された東北大学災害科学国際研究所の共同プロジェクトに採用されて、学内外の研究者とともに、福島の歴史資料保全活動を推進するための研究活動を進めています。

既に県内自治体のアンケート調査を実施しましたが、それをもとに聞き取り調査をして、福島県の歴史資料・文化財の現状と課題を分析することを課題の一つとしています。
その基礎となる資料調査と情報収集などをお手伝いいただいています。
私がお願いしたいことを先回りしてやってくださるので、たいへん助かります。

ちなみに、趣味は料理、得意なものはペペロンチーノと麻婆豆腐(自己流)だそうです。
昼食にご自分でお弁当を作って持参されるくらいですから、本当に料理が好きで、お上手なんでしょうね。
秋にはぜひ芋煮会で、自慢の腕前をご披露いただきたいです。