博物館実習(古文書選択)の授業では、地域をまるごと博物館に見立て、学生の目で歴史・文化遺産を再発見・再評価し、報告会で地元住民を初めとする市民とその成果を共有する活動に取り組んでいます。
2015年度は初めて、国見町貝田地区で「貝田宿まるごと博物館&まるっと見学ツアー」を実施し、幸いにも大勢の方に足をお運びいただくことができました。
今年度は同じ国見町内の小坂宿にスポットをあてて、夏ごろから学生たちとともに、フィールドワークや資料調査を進めてきました。

1月29日、約10か月にわたる座学とフィールドワークの成果が試される本番を迎えることになりました。
場所は旧小坂小学校、現在は小坂ふれあい館となっている施設です。

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (45)

前日の会場設営などの準備の様子です。
各グループで作成したレジュメを綴じ、ボードを組み立てて、できあがったポスターも掲示します。

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (1)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (2)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (3)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (4)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (5)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (6)

午後からは、現地見学会の予行練習として地区内をまわり、本番さながらに注意点を確認しながら、説明内容について確認と修正をはかりました。

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (7)

絶好の青空で、雪景色も眩しく映えます。

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (8)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (9)

明日も同じような好天を期待しつつ…。


さて、本番当日です。
天気もまずまずといったところ。
お客様をお迎えする準備ができる間もなく、受付前から徐々に参加者がお越しになられました。
関係者を含めてですが、80名ほどの参加者がありました。ありがたいことです。

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (20)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (10)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (11)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (13)


今回は4つのグループに分かれて調査・研究を進めてきました。
①小屋館グループは、小坂地区にある12代当主伊達成宗の墓と、その隠居所と伝えられる小屋館に注目し、地元でもあまり知られていない戦国初期の伊達氏の史跡がもつ歴史的意義について、成宗と尚宗の父子が対立する明応の乱に注目しながら考察しました。教育委員会関係者の案内で旧跡を踏査し、自分たちなりに感じ取ったことも報告に生かしていました。

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (12)

②小坂宿と羽州街道グループは、桑折で奥州街道から分岐する羽州街道の最初の宿場町である小坂宿の景観の変遷と特徴を、江戸時代の村絵図や明治の地籍図、昭和の写真から追いました。さらに羽州街道の難所として知られる小坂峠の様相を、ゆかりの人物や通路開拓の歴史から紐解きました。秋と冬の2回、自分たちで踏査した成果も盛り込まれていました。

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (14)

③小坂地区の古文書グループは、2012年3月の被災資料調査の過程で初めて所在確認された江戸時代の高札と、戊辰戦争前後に人馬や宿の手配を命じた先触3点を紹介し、その内容を検討しました。高札は、国境の地にあった小坂で統制された人や物資の様子が具体的にわかる貴重な史料です。先触からは、羽州街道で山形方面と結ばれていた小坂宿の重要性が伝わってきます。

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (15)

④小坂地区の寺社と信仰グループは、宿を見渡す高台に位置し、住民の信仰の核となってきた松蔵寺の歴史を、言い伝えを軸とした郷土史研究の成果に学びながら整理しました。そして、今では下火になってしまったものの、長い歴史を有していた地蔵堂にまつわる信仰と祭礼の様子を、古写真をお借りして説明しました。地元の方には懐かしい行事と風景だったのではないでしょうか。

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (16)

ある意味で期待していた通り、地元の皆様からはさまざまなご教示を賜ることができました。
予期せぬさまざまな質問に臨機応変にどう答えられるか、学生たちにはいい経験になったと思います。
最後に全員で前に立ち、参加者から講評をいただきました。
一同御礼申し上げます。

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (17)

終了後には河北新報さんとふくしまFMさんから取材を受けました。
ふくしまFMさんは、学生たちにインタビューしてくださいました。
これまた初めてのいい経験になったのではないでしょうか。

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (18)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (46)

午後からはいよいよ博物館の「展示見学」にあたる、古文書展示と巡検ツアーです。
30名ほどの参加者があったため、先に古文書を見る一行と、先に地区内をまわる一行の二手に分かれていただきました。
学生たちも二手に分かれ、午前の報告でご紹介した歴史・文化遺産や歴史的景観を案内していきます。

古文書の展示では、初めて見る地元の古文書に強い関心をお持ちいただいたようで、見学者の間で話がもりあがっていました。
2016年度小坂地区まるごと博物館blog (19)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (40)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (41)

続いて外に出て、地区内の歴史・文化遺産を辿っていきます。

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (22)

最初は会場のすぐ近くにある地蔵堂です。
2016年度小坂地区まるごと博物館blog (21)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (43)

宿場町は街道を中軸として両側に屋敷地が広がり、間口が狭く奥行きの広い短冊形地割を特徴としています。
小坂宿でも江戸時代の村絵図や明治時代の地籍図のほか、震災後の調査で所在確認された幕末の家屋敷図でも確認でき、その地割が今日でも利用されています。
そうした景観の名残りを随所に感じつつ、要所で説明を加えながら、旧羽州街道の坂道を登っていきます。

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (23)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (24)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (25)

途中から道を入り、600mほど進んだ先に、松音寺の故地と伝えられ、伊達成宗の墓や小屋館の見えるあたりに到着します。
説明ののち、霊山方面を見渡せる周辺の景観をご覧いただきましたが、いかがだったでしょうか。

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (27)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (29)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (44)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (26)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (28)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (30)

再び旧宿場町に戻り、今回は遠いのでコースに入れることのできなかった小坂峠について説明したのち、最後の松蔵寺に向かいます。

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (37)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (31)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (32)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (33)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (34)

松蔵寺からは、小坂地区のまちなみを展望することもできます。
江戸時代に寺子屋があったころ、ご住職が子どもたちの帰りをやさしく見守っていた光景が感じられるというMくんの説明は、なかなかよかったのではないでしょうか。

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (35)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (36)

約1時間半に及んだ見学ツアーも終了です。ご参加いただきまして、ありがとうございました。

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (38)

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (39)

参加者の皆さんがお帰りになられた後、片付けと反省会、講評ののち、記念撮影をして終了です。
達成感を得られたのでしょうか、はたまた安心したのか、みんないい笑顔です。

2016年度小坂地区まるごと博物館blog (42)

今回も教育委員会を初めとする国見町職員の方々のご支援があって、何とか無事終了までこぎつけることができました。
いつものことながら、暖かくきめ細かな心遣いとご指導に、心より感謝申し上げます。
学生たちがいつか社会人となった時に、今回の経験がどこかできっと役立つことを信じて、また来年度も新たな試みを始めていきたいと思っていますので、関係者の皆様にはこれからもよろしくお願いいたします。

9月20~22日にかけて、奥会津の金山町での民具整理実習に出かけてきました。
金山町でそのままになっている民具の整理のことで、町長が直々にお見えになって相談を受けたのが2015年春のことでした。
1年余をかけて準備し、ここにようやく実現の運びとなりました。
これまでの経緯はコチラをご覧ください。

第1日

金山町から送迎バスに来ていただき、大学を出発したのが10時すぎ。
途中、サービスエリアで早めの昼食を取り、金山町の民具保管場所に着いたのが、予定の1時半ちょうどでした。

20160920金山町民具実習blog (1)

県博の民俗学専攻の学芸員である内山先生、大里先生にご指導いただきます。ありがとうございます。
顔合わせののち、まずはお掃除、そして会場設営から。

20160920金山町民具実習blog (3)

20160920金山町民具実習blog (5)

20160920金山町民具実習blog (4)

今回整理することにした資料は、かつて歴史民俗資料館に展示されていた、未整理の民具類です。
数年前、みちの駅の新設に伴い、歴史民俗資料館は大幅に縮小され、展示品は別の収蔵施設に移されました。
8月に県博学芸員、教育委員会と打ち合わせおよび下見に来た際に、この資料群を実習で取り上げようということになりました。
以前に内山先生のご指導を受け、茨城ネットとともにいわき市内の個人宅の民具資料を整理した経験に基づき、作業の流れを組み立て、グループ分けと役割分担をしました。

最初は何をしていいかわからず、機材トラブルもあって戸惑う姿もみられましたが、1つ2つとこなしているうちに、だんだんと要領をつかんできたようです。
作業が進むにつれて、グループ内での連携・協力でも固さが取れ、自然と力を貸しあうようになっていったように見受けられました。
何より、もともと展示品だったこともあり、バラエティ豊かないい資料が次々と運ばれ、楽しく作業できるようになったのが大きかったのでしょう。
初日が終わるころには、作業も手慣れていい感じになってきました。

20160920金山町民具実習blog (6)

20160920金山町民具実習blog (7)

20160920金山町民具実習blog (8)

終了後は、2日間お世話になる民宿へ。
学生たちがどんな食事をどんなふうに楽しんだかは知りませんが、大人たちは町長さん、教育長さん、文化財調査員などとの懇親会に出かけました。
目の前の川で釣ったというアユが肉厚で絶品でした(^o^)

20160920金山町民具実習blog (9)

20160920金山町民具実習blog (10)

地元の皆さんとの会話が盛り上がるにつれ、金山町が豊かな歴史・文化遺産の秘められたまちであることがわかってきました。
これから本格的な調査が進んでいけば、多様な分野でかなり面白い成果が上がっていくはずです。
今後が楽しみになりました。

第2日

作業前に、昨夜の懇親会で話題になった磨崖仏を見学。
これまで見たことのあるものの中では小さめでしたが、歴史の奥深さを感じさせてくれる史跡でした。

20160921金山町民具実習blog (1)

作業はグループのメンバーを入れ替えてスタート。
役割分担を変えると、最初はぎこちなくてうまくいかないのは仕方ないようですね…。
会津に実家のある4年生がわざわざ来てくれて、3年生とともに作業を手伝ってくれました。
昨日に比べても、チームワークは少しずつ高まってきているように思います。

20160921金山町民具実習blog (4)

20160921金山町民具実習blog (14)

それにしても、今更ながら民具資料の多彩さには驚かされます。
なかなか見ることのできない資料を間近でふれることができて、学生たちには本当にいい勉強になったはずです。

20160921金山町民具実習blog (7)

20160921金山町民具実習blog (10)

20160921金山町民具実習blog (11)

20160921金山町民具実習blog (12)

20160921金山町民具実習blog (13)

お昼は会津名物のソースかつ丼でした。
カリッと揚がっていて、たいへん美味でした)^o^(
名物の赤かぼちゃもごちそうになりました。これまた美味しかったです。

20160921金山町民具実習blog (9)

20160921金山町民具実習blog (8)

午後からは地元の皆さんをお招きし、民具についてご存じのことを教えていただきました。
10名もの方にお集まりいただきました。感謝申し上げます。
こちらの段取りが悪くて、もっとうまくできたのではないかと反省していますが、貴重なお話を聞かせていただくことができました。

20160921金山町民具実習blog (6)

20160921金山町民具実習blog (5)

結局、2日間で約40点の記録調査にとどまりました。
一つ一つの作業にけっこう時間がかかり、思ったほど進みませんでした。
でも、見方を変えれば、来年度以降の楽しみを残しておいたともいえます。
ぜひ来年度も調査を実施し、対象の幅を広げていくことで、できれば9月の博物館実習の風物詩にしていきたいものです。
内山先生、大里先生、教育委員会はじめ役場の皆様、文化財調査員の皆様、そしてお集まりいただいた地元の皆様、ありがとうございました。

20160921金山町民具実習blog (2)

20160921金山町民具実習blog (3)

夜は全員で交流会。
気がついたらいつの間にか12時になっていましたが(笑)、いろいろな話ができて、みんなのパーソナリティーも垣間見れた気がします。
自分の思っていることを話していいんだって安心できる雰囲気づくりから始まって、実習で協力し合っていかなければならない仲間どうし、まだまだ長い付き合いになるだろうから、無理なく自然に親睦を深めていってもらえたら嬉しいです。

最終日

初日の交流会で話題になった、地元の古刹を見学。
突然の無理なお願いにもかかわらず、貴重な文化遺産を拝見させていただき、有難うございました。
ついで、旧玉梨小学校で栗城弥平氏蒐集の弥平民具を見学。
どこからともなく「これと同じものがありましたよね」「地元の呼び名が書いてありますよ」との声が聞こえてきました。
少しは勉強の成果が出てきたんでしょうか。
これだけの民具コレクションと、実際に道具を使っている場面の写真(既に新潟大でデジタルアーカイブ化したそうです)という貴重な資料群があるわけですから、ここに地域の人たちの記憶の継承が加われば、すごく面白いものになるはずです。
町にはぜひ本腰を入れて、調査と保存・継承、そして展示による普及に乗り出していただけるよう、期待してやみません。

私のたってのリクエストで(笑)、玉梨とうふ茶屋でおからドーナツをいただき、お土産を買って帰路につきました。

合宿形式の民具記録整理という初めての試みでしたが、学生たちには貴重な学びの場になったと思います。
1年半かけて準備段階からお骨折りいただいた金山町教育委員会をはじめ、関係者の皆様にはこの場を借りて、あらためて御礼申し上げます。
われわれ福島県の歴史・文化遺産に関わる者たちにとっては、金山町にはたくさんの秘められた魅力ある歴史・文化遺産があることを教えていただいたことが、最大の成果であったと思います。
福島県でも最も高齢化の進む金山町ではありますが、地元の皆さんは本当にお元気ですので、まだまだたくさんのことを教えていただければ幸いです。
昨年度の博物館実習では、国見町貝田地区をフィールドに、地域の歴史・文化遺産に新たな光をあて、その成果を「貝田宿まるごと博物館」と見学ツアーとしてまとめました(前編 後編)。
今年度は国見町小坂地区をフィールドに設定し、履修生たちと郷土史研究の成果をざっと学んだのち、現地を訪問しました。

前日の猛暑とはうってかわり、外歩きにとっては好都合の穏やかな曇り空。
郷土史研究会の笠松さんのご案内で、まずは小坂地区の地形を確認し、江戸時代の絵図を見ながら羽州街道を歩きました。

20160808小坂地区フィールドワーク_(8)_convert_20160808233207

20160808小坂地区フィールドワーク_(23)_convert_20160808233655

旧小学校を横目に左に入ると、旧小坂宿が見えてきます。
震災の翌年に被災状況を調査するために訪問して以来、幾度も訪れた場所でもあります。
江戸時代の宿場町の歴史を感じさせる古い建造物があまりないのが残念ですが、町割などにかつての名残りがあります。
少しは往時の風景を感じ取ってもらえたでしょうか。

20160808小坂地区フィールドワーク_(41)_convert_20160808233934

20160808小坂地区フィールドワーク_(46)_convert_20160808234145

旧宿場町から先に進むと、小坂峠越えの旧道の登り口が見えてきます。

20160808小坂地区フィールドワーク_(65)_convert_20160808234532

江戸時代の元々の道(産坂)と近代に開削された道(慶応新道)がありますが、今回は少し傾斜が楽な後者を選びました。
元気な子どもたちだと15分で駆け登るそうですが、われわれは大人なので(笑)30分かけて休みながら登りました。
とはいっても山道なのでそれなりの傾斜はありますし、けっこう汗だくになってたいへんでしたが…。

20160808小坂地区フィールドワーク_(85)_convert_20160808235052

20160808小坂地区フィールドワーク_(108)_convert_20160808235431

苦労して登っただけに、いつも以上に峠からの眺めは素晴らしいものでした。

20160808小坂地区フィールドワーク_(124)_convert_20160809002428

普段は閉鎖している峠の茶屋をお借りして、皆で少し早い昼食の弁当をいただきました。
一緒に出していただいた、国見町産の桃とプラムの美味しかったことといったら(・ω・)

20160808小坂地区フィールドワーク_(134)_convert_20160809005433

20160808小坂地区フィールドワーク_(138)_convert_20160809005724

20160808小坂地区フィールドワーク_(130)_convert_20160809010029

せっかく峠まで登ったので、宮城県側にある萬蔵稲荷を参拝。

20160808小坂地区フィールドワーク_(148)_convert_20160809011706

市街地に戻り、伊達成宗墓所を見学しに行ったところで、突然の雨に見舞われました。

20160808小坂地区フィールドワーク_(175)_convert_20160809011946

松蔵寺では、ご住職から寺の歴史や自らの戦争体験のお話を聞かせていただきました。

20160808小坂地区フィールドワーク_(183)_convert_20160809012220

その後、4年前の調査で新たに歴史資料の見つかった2軒のお宅を訪問し、あらためて拝見させていただきました。

今後は学生たちの意見などを踏まえつつ、地域の歴史・文化遺産の再評価と魅力の再発見につなげていく調査と成果報告会ができればと思っています。
お世話になった国見町役場の職員の皆様、郷土史研究会の笠松さん、ありがとうございました。
この場を借りてお礼申し上げます。
土曜日に山形県朝日町エコミュージアムの見学実習に行ってきました。
今年で4回目になります。

2013年度 2014年度 2015年度

福島駅西口からバスで約2時間で到着。
昨年度と同様に、まずはNPO法人朝日町エコミュージアム協会理事長の長岡先生の講義を受けました。
質疑応答の時間がけっこうあったのですが、学生たちが積極的にたくさん質問してくれたので、あっという間でした。

20160716朝日町エコミュージアムbg (1)

コアセンターのあるフロアには、民具が展示してありました。
廃校の校舎に保管されていた未整理の民具を活用しようということで始まったそうです。
われわれも夏に会津で民具整理をやることにしていますが、どこも同じような事情を抱えているんですね…。

20160716朝日町エコミュージアムbg (2)

さて、今年の昼食は初めてasahi自然観でいただきました。
これまた初めての、ダチョウのたたきのついた定食でした。

20160716朝日町エコミュージアムbg (3)

20160716朝日町エコミュージアムbg (4)

午後の見学は、近くの空気神社からスタート。
去年はなかった?のぼりが出迎えてくれて、参道もきれいになっていました。

20160716朝日町エコミュージアムbg (5)

20160716朝日町エコミュージアムbg (6)

いつも通り?長岡先生に参拝のやり方を教わって一緒にやったのち、自分の姿を本殿に映しながら記念撮影。

20160716朝日町エコミュージアムbg (7)

20160716朝日町エコミュージアムbg (8)

20160716朝日町エコミュージアムbg (9)

今年度は建造物を中心に見学するサテライトをセレクト。
初めての若宮寺では、立派な彫刻の施された鐘楼を見学しました。

20160716朝日町エコミュージアムbg (10)

20160716朝日町エコミュージアムbg (11)

20160716朝日町エコミュージアムbg (12)

旧三中分校は、今年は外からだけの見学。

20160716朝日町エコミュージアムbg (13)

新宿(あらじゅく)地区の養蚕住宅や旧警備所を歩いて見学したのち、最近始まった、古民家を活用しての昔話語りを体験しました。

20160716朝日町エコミュージアムbg (14)

20160716朝日町エコミュージアムbg (15)

学生たちにとっては、本でしか読んだことのなかったエコミュージアムの現場に実際に訪れてみたことで、得られたものも種々あったのではないかと思います。
学生たちがいい質問をいくつもしてくれたおかげで、理事長さんから思いがけず多くの有益なお話をうかがうこともできました。

時の経過とともに、エコミュージアムをめぐる状況も変わりつつあるようです。
いずこも「活用」の名のもとに、観光資源化の波は押し寄せてきています。
それでもうまく変化を乗り越えながら継続してこられた理由の一つは、地域の歴史・文化・自然遺産を自分たちで発見し、調べ、大切にし、継承したいという信念に何ら変わりがないこと、そして膨大な研究成果の蓄積を行政側もきちんと受け止め、評価していることにあると受け止めました。
それこそが、住民の主体性と行政の支援がバランスよく機能しなければ長続きしない、という言葉につながってくるのでしょう。

どこの地域でもこんな活動が盛んであったら、歴史資料保全活動もどんなにうまくいくことだろう…と羨ましく思いつつ、たくさんの刺激と勇気をいただいて帰路につきました。

20160716朝日町エコミュージアムbg (17)
昨日は、着任以来の恒例行事となっている、福島県立博物館の見学実習に行ってきました。
目下、企画展「大須賀清光の屏風絵と番付」の開催中です。

20160604福島県博blog (1)

道路がすいていたこともあり、思いがけず1時間近く早く到着。
天気もよかったので、先に鶴ヶ城を散歩しました。
小中学生でしょうか、団体もたくさん来ていました。
震災と原発事故で減少した観光客(特に修学旅行)も、回復してきているのであれば喜ばしいことです。
天守閣をバックに記念撮影しているので、われわれも同様に。

20160604福島県博blog (4)

予定時刻となったので、博物館へ。
午前中は、着任以来ずっとお世話になっている高橋充学芸員のご案内で、企画展を見学。
屏風絵などが多いため、展示されている作品の数は決して多くはありませんが、城下絵図ということもあって、一つ一つをじっくり見ていると、あっという間に時間が経ってしまいます。

昼食を挟み、バックヤードの見学と説明を受けることに。

まずは内山学芸員より、第1収蔵庫で民俗資料についてご説明いただきました。
3日前に福大に講義に来ていただいたので、授業内容も記憶に新しいところです。
その際にお話しいただいた資料の実物も見せていただけました。
モノ自体も大切だけれど、それに付随する種々の情報も同等に大切であることを、あらためて教えられます。
それはまさにいま、県博が中心になって取り組んでいる「震災遺産」の展示でも生かされている研究手法なんですね。

20160604福島県博blog (7)

20160604福島県博blog (3)

続いて高橋満学芸員より、県博が中心になって取り組んでいる震災遺産と、第2収蔵庫の考古資料の収蔵と管理などについてご説明いただきました。
現在は白河の「まほろん」で「震災遺産と文化財」展が好評開催中ですが、それ以外にもまだまだたくさんの震災資料が県博で保管されています。
日常的にごくありふれたモノでありながら、なぜそれが震災遺産とされたのか、その意味をていねいに説明していただきました。
今では震災遺産も手作りの箱で梱包した上で収蔵・輸送するようになったそうで、残念ながら中身は見られませんでしたが、バックヤードに所狭しと並んでいる様子がわかります。

20160604福島県博blog (9)

20160604福島県博blog (6)

最後は7月に講義に来ていただく相田学芸員に、自然史資料(化石・鉱物)についてご説明いただきました。
博物館の収蔵庫の機能と意味、人文系資料と自然系の標本の根本的な違い、博物館が標本を収集する意義まで、一つひとつ懇切丁寧にお話しいただきました。
そのあと、化石や鉱物の標本を手に取って見せていただき、時間一杯まで収蔵庫内を自由に見学させていただきました。
また博物館資料論の講義でよろしくお願いいたします。

20160604福島県博blog (8)

20160604福島県博blog (5)

予定を少しオーバーしましたが、今年度もおかげさまで充実した見学実習となりました。
ご対応いただいた福島県立博物館の皆様には心より感謝申し上げます。
実習生の皆さんには、博物館の機能と社会的役割、学芸員の専門家としての仕事や社会貢献など、見学実習だからこそ学ぶことのできた貴重な経験の数々を、ぜひ今後の学びに生かしてもらいたいと思います。

20160604福島県博blog (2)