ブログに記事を書くのは随分と久しぶりです。
最近は簡易さもあって、どうしてもfacebookページを多用してしまいます。
たまにはということで、恒例のゼミ旅行記事です。
今年は隔年で鎌倉の年、さてどうなることでしょうか。

1日目

いつもは団体で福島から向かうのですが、今年は東京駅にて集合。
教員自ら数分遅刻してしまい、東海道線に乗ったら途中で運転見合わせになるなど、のっけから波乱万丈の展開。

初日は中華街で懇親会をする関係もあり、横浜にて宿泊。
ホテルに大きな荷物を預けたのち、各自で昼食をとってから、いざ鎌倉へ。
いつもの通り、北鎌倉の円覚寺からスタート。
前回は風入れの時期に一緒に来られなかったので、後日に小人数でオプションツアーを組みました。
今回も中世文書の数々と、特別公開の舎利殿を堪能してきました。

20171103bg (1)

今年は快晴に恵まれたのですが、まだ3時だというのに日が陰ってきた印象。
そこで足を速め、建長寺へと向かいました。

20171103bg (6)

2年前のオプショナルツアーのときに建長寺奥の半僧房に初めて行って面白かったので、今年はみんなで行くことにしました。

20171103bg (2)

20171103bg (5)

たどり着いた頃には暗くなりかけていましたが、富士山のかたちを拝むことができました(わかるかな…)。
みんなで記念撮影。

20171103bg (3)

20171103bg (7)

鶴岡八幡宮に着いたときには、あたりはすっかり暗くなっていました。

20171103bg (4)

参拝の後、きれいに整備された段葛を歩いて鎌倉駅へ。
夜は横浜中華街で懇親会。
以前から食べてみたかった名物の焼きそばを堪能して大満足。
それにしても、例年にも増してドイヒーな宴会でした(笑)。
明日はみんなちゃんと起きられるのでしょうか?

2日目

全員しっかりと早起きして、先にお世話になる旅館へ荷物を預けに。
この日は称名寺、金沢文庫からスタートです。

20171104bg (1)

金沢文庫の西岡学芸課長には常設展から特別展「唐物-中世鎌倉文化を彩る海の恩恵-」まで、懇切丁寧に解説いただきました。ご多忙のところ快くご対応下さり、厚く御礼申し上げます。

20171104bg (15)

昼食ののち、午後は朝比奈切通しを散策。
今までの3回は人とすれ違うことすら稀でしたが、好天の休日のためか、同じように散策する人が少なくありませんでした。
コース自体はそんなにたいへんではないし、けっこうおもしろかったでしょ?

20171104bg (6)

20171104bg (5)

20171104bg (14)

20171104bg (4)

20171104bg (3)

20171104bg (2)

20171104bg (7)

20171104bg (13)

鎌倉駅まで戻り、次はその場での多数決で銭洗弁天へ。
欲まみれの族たちの願いははたしてかなうのでしょうか?(笑)

20171104bg (8)

20171104bg (9)

20171104bg (10)

この日は、学生たっての希望で旅館での宿泊。
去年の熊本の宿で大部屋で寝て、一緒に風呂に入ったのがよほど楽しかったようです。
夕食も絶品の牛すき鍋を堪能しました(・ω・)

20171104bg (11)

20171104bg (12)

第3日

健康的な旅館の朝食をとってからスタート。
いい雰囲気のていねいな接待の宿で、歴史好きには好印象でした。
今後はきっと、鎌倉に来るたびにお世話になると思います。

20171105bg (1)

鎌倉駅で大きな荷物を預け、結婚式と七五三で混雑する昼間の鶴岡八幡宮から、近くの鎌倉国宝館へ。

20171105bg (2)

20171105bg (3)

美術の学芸員さんに、仏像を中心に解説いただきました。学生たちも楽しかったようです。
こちらも特別展「鎌倉公方 足利基氏―新たなる東国の王とゆかりの寺社―」が開催されていました。
何年か前のブラタモリで、先輩の高橋慎一朗さんが紹介されていた浄光明寺敷地絵図も展示されていて、得した気分になりました。

この3日間はずっと晴天に恵まれましたが、日の落ちるのがだんだん早くなってきた気がしたので、昼食を遅らせ、先に大仏に行くことにしました。
これまで4回の鎌倉ゼミ旅行でも、ここまでなかったというくらい、雲一つない快晴のもとで、いい集合写真が撮れました。

20171105bg (4)

20171105bg (8)

江ノ電に乗り、七里ヶ浜から鎌倉高校前あたりの海沿いを走る光景を満喫しながら、江ノ島へ。
ここで遅い昼食。でも、ピーク時を過ぎたはずなのに、どこのお店も混んでいました。
多くの学生は名物のしらす丼を食べたのではないかと思います。
かくいうわたしも生しらす入りの丼を食べました。

20171105bg (12)

20171105bg (10)

江ノ島神社で合流し、毎回恒例の神頼みの光景(笑)。
すでにリア充の人はさておき、煩悩まみれの者たちに幸せな出会いはくるのでしょうか(笑)。
でも、うちのゼミ生はみんないい子たちなので、それぞれのかたちの幸せがかなうことを願っています。
あとはいつも通りのおみくじで一喜一憂の大騒ぎ(笑)。

20171105bg (11)

20171105bg (14)

20171105bg (15)

今回は帰りの時間もあるので、時間短縮のために初めてエスカーを利用。
いつも通りに反対側の岩屋を見学し、船に乗って帰ろうとしたら、台風の影響で通行止めでした…(T_T)

20171105bg (16)

20171105bg (17)

帰りは楽するつもりが、思ってもみなかった展開で、さすがに疲れ気味。
ならばソフトクリームをごちそうしようと、混んでいるお店を外したら、今度は売っているお店が見つからず。
ようやく最後に見つけたお店で注文したら、たくさん買った御礼なのか、最後の自分のは出血大サービスでした(笑)。
手の大きさと比べると、そのおまけぶりがわかるかと思います。

20171105bg (18)

帰りの江ノ電で舟をこぎながら(笑)、鎌倉駅で思い思いのお土産を買って解散。
もう1泊していく仲間たちと別れ、福島に帰りました。

毎回同じようでいて、メンバーが違えばまた違った思い出ができます。
今年は旅館に泊まったり、みんなで半僧坊や銭洗弁天に行ったりと、また新しい展開もありました。
そして何より、同じゼミ世代でありながら鎌倉に行った時期の異なるもの同士の間で、共通の話題もできたことでしょう。
「自分たちの時はこんなだった」「いや、今回はこうでした」、そんな楽しい会話が繰り広げられることと思います。
そしてわたしにとっては、今の世代とも新たな鎌倉での思い出を作れたことが何よりの喜びです。

最後になりましたが、お世話になった関係者の皆様には、この場を借りて御礼申し上げます。
facebookをやっていないため、全文が表示されない方向けのご案内です。

ふくしま歴史資料保存ネットワーク事務局です。
茨城ネットの白井哲哉さんからの情報提供で、当ネットも協力する、双葉町資料整理のご案内です。
以下、転送文にてご案内いたしますので、ぜひご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。
参加申し込み等、詳細は下記をご覧ください。当ネット事務局にご連絡いただいてもかまいません。
なお、前日9月2日(土)には同じいわき市内にて、国文学資料館主催のシンポジウム「地域歴史資料救出の先へ」も開催されます。

~~以下、転送文~~

双葉町教育委員会では、筑波大学との共催、ふくしま史料ネット、茨城史料ネットの御協力により、双葉町の帰還困難区域内から救出・保全してきた古文書の整理作業を実施しています。
つきましては第5回目の作業を下記により実施します。今後も定期的に実施予定です。福島の被災地で歴史資料の保存活用に御関心のある方々の御参加をお待ちしています。

1 主  催  双葉町教育委員会

2 共  催 筑波大学図書館情報メディア系

3 協  力 ふくしま歴史資料保存ネットワーク(ふくしま史料ネット)
       茨城文化財・歴史資料救済・保全ネットワーク(茨城史料ネット)

4 日  時 平成29年9月3日(日) 9時30分作業開始 16時30分終了
         ※半日程度の参加も歓迎します。

5 場  所 ふたぱーく(旧東邦銀行植田支店錦出張所)
        住所:福島県いわき市錦町作鞍80-5
         ※JR勿来駅から車で8分   ※駐車場が10台程度あります
         ※参加者の状況により、時刻を決めて勿来駅等への送迎を検討します。

6 整理対象 福島県双葉町の帰還困難区域内にある個人宅で救出・保全された古文書

7 作業内容(予定)
       古文書のクリーニング、保存容器への古文書の収納、目録データの記述写真撮影、その他

8 持 ち 物 特にありません。作業に必要なものは主催者側で用意します。
       ただし、汚れても良い服装で御参加ください。
       飲料水等は用意しますが、食事は各自で御用意ください。

9 そ の 他 今回の作業への参加者には、双葉町教育委員会から、参加にかかる交通費等の一部が支給されます。

10 参加申込  下記によりメールで御連絡ください。
      ※いただいたメールへの返信は、若干時間がかかることを御了承ください。
(1)宛  先:筑波大学図書館情報メディア系 白井哲哉
         アドレス:shirai.tetsuya.gm@u.tsukuba.ac.jp
(2)連絡内容:氏名、緊急連絡先、会場への到着方法(電車か車か)、その他(部分参加の旨、送迎希望など)
(3)申込〆切:設営の関係上、御参加の方は8月25日(金)までに御連絡ください。
         追って、当日の行程や緊急連絡先等をお知らせします。

11 問い合わせ先
       双葉町教育委員会 教育総務課(吉野)
       974-8212 福島県いわき市東田町2-19-4
       電話:0246-84-5210(教育委員会代表)

12 留意事項
(1)作業対象の古文書は、事前に放射線量の測定を行い基準値以下であることを確認しています。この点を御理解の上、作業への参加を御判断ください。
(2)特に経験を必要としない作業もあるので、初心者の方々も、どうぞお気軽に御参加ください。
昨日の土曜日、今年も博物館実習の授業の一環として、日本のエコミュージアムの先駆けでもある山形県朝日町を訪れました。

 第1回(2013年度) 第2回(2014年度) 第3回(2015年度)  第4回(2016年度)

いつもの通りに、大学の借上げバスで福島駅西口を出発し、約2時間で到着。
午前中はNPO法人朝日町エコミュージアム協会の長岡理事長の講義を受けました。

20170715朝日町エコミュージアムbg (1)

学生たちは熱心に講義を受けていたので気づかなかったようですが、外は突如として大雨に。
あとで聞いたところ、いわゆるゲリラ豪雨のように、周辺地域だけ15分くらいどっと降ったようです。
幸いなことに、質疑応答が終わって出発する頃にはすっかり青空となっていました。

午後のサテライト見学の前に昼食。
今年も初めてのところで、東京から移って来られたご夫婦が開いたKaRaKaRaさんにご用意いただきました。
ドライカレーが美味しくて、食後にはデザートもついて大満足でした(^o^)
さくらんぼは時期的にもう終っていたのですが、今では珍しくなったナポレオン品種が手に入ったんだそうです。

20170715朝日町エコミュージアムbg (2)

20170715朝日町エコミュージアムbg (4)

今年は定番スポットと寺社信仰を軸にサテライト見学を設定しました。
最初は椹平(くぬぎだいら)の棚田に向かう途中で下車し、能中地区の信仰の場である二渡神社へ。
ここは西五百川(いもがわ)三十三観音の第二十八番札所となっています(あれ、神社だけど…)。

20170715朝日町エコミュージアムbg (5)

そのまま歩いて、椹平(くぬぎだいら)の棚田へ。

20170715朝日町エコミュージアムbg (6)

いつ来てもいい眺めです。学生たちもそれぞれカメラを向けていました。

20170715朝日町エコミュージアムbg (7)

20170715朝日町エコミュージアムbg (20)

ここで収穫されるお米は棚田米としてブランド化されて流通しているそうです。

20170715朝日町エコミュージアムbg (8)

次は第三十番札所の夏草観音堂へ。

20170715朝日町エコミュージアムbg (9)

その奥にある佐竹家住宅も、外から少しだけ拝見させていただきました(見学には事前申し込みが必要)。

20170715朝日町エコミュージアムbg (10)

つづいて第一番札所の水口十一面観音堂へ。
ここも中まで入って拝観させていただきました。

20170715朝日町エコミュージアムbg (11)

この裏手には、戦国時代の水口館跡があります。
2013年に初めて来たときにご案内いただいたことを思い出して、皆で登ってみました。
たまたま地元で草刈りをしてくださっておかげで、草むらをかきわけずにすみました。
いずれは花を植えて、地元でも親しまれる公園としても整備したいのだそうです。

20170715朝日町エコミュージアムbg (12)

20170715朝日町エコミュージアムbg (13)

そして最後に、忘れてはならない空気神社へ。
来るたびに参道がきれいに整備されていて、今年は途中にベンチも新設されていました。

20170715朝日町エコミュージアムbg (14)

20170715朝日町エコミュージアムbg (21)

しばらくなくなっていた「参拝の方法」の説明版も復活したことから、皆で空気神社の正式な方法で参拝しました。
その後はいつも通り、自分の姿を映しながらの記念撮影ですが、ちょっと表面が曇ってたかな…。

20170715朝日町エコミュージアムbg (15)

最後は創遊館コアセンターで記念撮影。

20170715朝日町エコミュージアムbg (22)

それぞれがどんなことを学びえたのかは、今後の活動の中でだんだん明らかになってくることでしょうが、やはり座学だけではわからない、現地に行って話を聞いて、質問して、実際に歩いてみたからこそ感じ取れることが多々あったことと思います。
今年も国見町でのまるごと博物館づくりに向けて、今回の経験をいろいろなかたちで生かしてくれることを期待しています。
末筆ながら、いつもお世話になっている朝日町エコミュージアム協会の皆様、ありがとうございました。
facebookをやっていないため、全文が表示されない方向けのご案内です。

ふくしま歴史資料保存ネットワーク事務局です。
今年度も恒例の夏期集中作業を実施します。
普段はお忙しい方、ご都合の合わない方、遠方で来られない方にも、この機会に福島の歴史資料保全活動をご支援いただけましたら幸いです。
多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。

      記

日程 8月19日(土) 10:30~17:00
   8月20日(日) 10:00~16:30

場所 福島大学うつくしまふくしま未来支援センター(JR金谷川駅より徒歩約10分)
    できるだけ公共交通機関をご利用ください。
     福島→金谷川 9:37→9:47
     郡山→金谷川 9:25→10:00
    車で来られる場合は、入構無料化措置をとらせていただきます。

内容 被災歴史資料の記録整理作業(クリーニング、記録撮影、目録作成など)
    初めての方でも初歩からご説明します。経験者とグループで一緒に作業しますので、ご安心ください。

申し込み方法 下記の必要事項をご記入いただき、8月10日(木)までに当事務局(shiryo-net※ipc.fukushima-u.ac.jp ※=@)までメールでお申し込みください。
       ご連絡いただいた個人情報は、今回の目的以外には使用いたしません。
       まだの方は、これを機にふくしま史料ネットへのボランティア登録もよろしくお願いいたします。
        
その他
 ①ボランティア募集ですので、たいへん恐縮ですが、交通費・宿泊費等は自己負担をお願いいたします。交通・宿泊手段も自己手配でお願いいたします。
 ②2日間とも、昼食と飲料は当ネットにてご用意いたします。
 ③事前にボランティア保険にご加入いただくことをおすすめします。詳しくは各都道府県の社会福祉協議会にお問い合わせください。
 ④詳細につきましては後日、メール添付にて案内を送付いたします。
 ⑤事前のお問い合わせ等は、当ネット事務局までメールにてお願いいたします。

~~(以下、必要事項をご記入いただき、当ネット事務局までメールにてお申込みください)~~

ご芳名

参加予定日 19・20日両日 19日のみ 20日のみ

当日の緊急連絡先(携帯電話番号)

当日の交通手段 JR 自動車 その他(       )

JRの場合 金谷川駅での出迎え 要 不要   

連絡事項など(部分参加の場合は時間帯など、必要なことがあればご記入ください)
facebookをやっていないため、全文が表示されない方向けのご案内です。

富岡町と福島大学が2014年度から継続している資料整理作業を、ふくしま史料ネットでも支援しています。
今年度の最初、全体では9回目となる整理作業を、下記の通り8月10日(木)に実施します。ご案内とともに、多くの皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

実施日:8月10日(木) 10~16時頃

場 所:富岡町役場郡山支所
     ※昨年度までとは場所が異なりますので、ご注意ください。

申し込み:7月31日(月)までに、下記のいずれかにてお願いします。 ☞8月8日(火)まで受付期間を延長します。
     申し込み時には、お名前と当日の緊急連絡先(携帯電話)、車で来場される方はその旨もあわせてお知らせください。
 ①ふくしま史料ネットにメールにて
   shiryo-net※ipc.fukushima-u.ac.jp (※=@)
 ②富岡町役場教育総務課に電話またはFAXにて
   電話 0240-22-2626 FAX 0240-22-5059

諸連絡
 ・動きやすく、汚れても気にならない服装・靴でお願いします。
 ・昼食はご用意いたします。
 ・事前にボランティア保険にご加入いただくことをおすすめします。最寄りの社会福祉協議会などへお問い合わせください。
 ・部分参加、見学も可能ですので、事前にその旨をお申し出ください。
 ・作業内容は、史料の埃を払い、写真を撮影し、番号と名前を付けてパソコンに入力するというものです。初めてでも大丈夫なように、作業内容を説明し、適宜指導いたします。