約半年間にわたって構想し、準備を重ねてきたシンポジウム「ふくしまの未来へつなぐ、伝える」が無事開催の運びとなりました。

ふくしま_A4_表

ふくしま_A4_裏

思えば昨年12月、愛媛での全国史料ネット研究交流集会で、史料ネットと県ネットがそれぞれ活動しながら連携を模索している岡山の話をうかがいました。3月の郡山集会での静岡、三重の報告と同じく、行政主導型のネットという、従来の大学主導型とは異なる新しい取り組みを、個人的にはかなりの衝撃を以て受け止めました。そして、本来ならば震災・原発事故災害という未曽有の経験をしたところが他に先駆けてやらなければならないのに、どうしてできないのか、旧態依然として変わることのない福島のことが、一県民として恥ずかしく、情けなく思えてなりませんでした。

同じ愛媛集会で、県の文化財担当が現場教員からの人事異動でまかなわれていて、発掘などの現場経験のある教員が高齢化して後継者問題が深刻であるという宮崎の話は、内実は違うのかもしれませんが、福島とよく似た話だと感じました。
ここまで来ると、福島県という組織全体の文化財行政に対する姿勢や構造的矛盾を解消しない限り、どんなに時間をかけても、何を言っても変わらないし、根本的な解決は図れないのかもしれません。
それでも、何もしないでいるよりは何かしらアクションを起こそう、そんな思いを抱きながら福島に帰ってきたことを覚えています。

もう一つ、普段から顔を合わせる機会の多い福島県博、まほろん、富岡町の関係者がとりくんでいる活動の話は、研究者としていつも教示をいただいているばかりでなく、歴史や文化に関心を寄せる一市民としても刺激的で、知的好奇心に満ち溢れていて、誤解を恐れずに言えば純粋に面白いなと思って聞かせていただいています。
そうした話を関係者だけの中にとどめておくのはあまりにももったいない、こんな刺激的で興味深い話は少しでも多くの方に聞いてもらいたい、だったら一堂に会して紹介してもらえたら、行政の文化財担当者や一般市民など、もっとたくさんの方たちに届くのではないか、そういう思いもありました。

そしてせっかくなら、話や映像だけでなく、実物のモノを持ってきて見せてもらえたら、もっとわかりやすく親しみやすくなるだろうし、こういうものが大事なんだということもダイレクトに伝わり、何より学芸員の皆さんの熱い思いを直接感じ取っていただけるだろう、僭越ながらそんな思いで、関係機関にはわがままなお願いをして、快くご協力いただきました。

シンポジウムの名称は「ふくしま再生と歴史・文化遺産2017」とかでもよかったのですが、全幅の信頼を寄せている本間宏さんから、明るく前向きな感じにした方が人は集まりやすいですよというアドヴァイスを頂戴し、思い付きでメインタイトルは「ふくしまの未来へつなぐ、伝える」とし、サブタイトルに「歴史・文化・震災遺産の保全と活用の今」としました。
正直言えば、昨年10月の富岡町と福大のシンポジウム「ふるさとを想う まもる つなぐ」にインスパイアされたところもありましたけれど(笑)。

本来ならば考古学の遺物・遺産や美術品、動植物などの自然史資料も、地域を語る上では外せないところですが、今回は民俗芸能の記録保存と維持再生に尽力されている懸田弘訓先生に基調講演をお願いし、震災遺産、富岡町、無形民俗文化財(伝統工芸の製作技術)の各分野からご報告をお願いしました。
あとで誰かから指摘されて気づいたのですが、今回は期せずして5名中3名が民俗学の専門家でした。結果的にはそれもよかったのかもしれません。

いつものことながら、学生たちには「勉強だからね」といって(笑)力を貸してもらいました。
今回は時期的に就活と重なったこともあり、いつもほどではありませんでしたが、それでも準備段階を含めれば20名以上は関わってくれたでしょうか。有難いことです。

20170617シンポジウム@郡山bg (12)

20170617シンポジウム@郡山bg (4)

余談ながら、シンポジウムには卒業生・修了生も4人ほど、一般参加で来てくれました。
こうやって社会に出て活躍する卒業生たちが、歴史学を学んだことを忘れずに顔を出してくれることは本当に嬉しいですし、ささやかながらも明るい希望がもてる瞬間でもあります。

20170617シンポジウム@郡山bg (1)

シンポジウム開催に先立ち、会場設営や展示準備が行われました。

20170617シンポジウム@郡山bg (5)

20170617シンポジウム@郡山bg (9)

20170617シンポジウム@郡山bg (10)

20170617シンポジウム@郡山bg (3)

20170617シンポジウム@郡山bg (11)

準備が早めに終わったので、福島県博・富岡町・まほろんの学芸員さんたちに開場前の特別解説をお願いしました。
学生の皆さんにとっては、これこそまさに現場でしか学べない貴重な経験、そしてぜいたくな時間なのですから、手伝ってくれたことへのご褒美の一つだと思ってください。

20170617シンポジウム@郡山bg (2)

20170617シンポジウム@郡山bg (8)

20170617シンポジウム@郡山bg (7)

どのくらい来ていただけるのか、まったく予想もできなかったのですが、始まってみるとかなりの座席が埋まっていて、追加で椅子を出すような状態でした。
会場である郡山市の品川市長には、公務でご多忙のところ、来賓としてご挨拶を賜ることができました。心より感謝申し上げます。

20170617シンポジウム@郡山bg (18)

不手際もあって報告者、参加者の皆様にはご迷惑をおかけしましたが、懸田弘訓先生の基調講演と4本の個別報告の終了後の展示解説と研究発表、体験コーナーの時間も盛況でした。

20170617シンポジウム@郡山bg (16)

20170617シンポジウム@郡山bg (15)

20170617シンポジウム@郡山bg (17)

意見交流の時間はだいぶ予定時間を超過しましたが、司会の本間宏さんに手際よくさばいていただきながら、大事な論点を的確に抽出していただけたので、これまでの達成や共通の問題意識、また今後の課題や指針もかなり鮮明になったと思います。

20170617シンポジウム@郡山bg (14)

なお、おそらくはもっと発言の機会がほしかったという方も多数おいでだと思いますので、よろしければぜひ事務局までメールにてご意見・ご感想をお寄せください。

 ふくしま史料ネット事務局 shiryo-net※ipc.fukushima-u.ac.jp 
   ※=@に変更してください

今回のシンポジウムは、「ふくしまの未来へつなぐ、伝える」ためにどのような取り組みがなされているのか、どんなことが必要なのかを、原発事故災害の被災地の事例を中心にともに考え、かたちは違えども、その成果をそれぞれの地域に持ち帰っていただき、福島県内での歴史・文化・震災遺産の保全と活用に関わる活動の普及につなげていきたい、そういう意図がありました。
その目論見がうまくいったかどうかはわかりませんが、ご講演いただいた懸田弘訓先生、ご報告いただいた内山大介さん、門馬健さん、大山孝正さんの、それぞれの活動にかける熱い思いは十二分に伝わったものと思います。
また、福島県立博物館の高橋満さん、(公財)福島県文化振興財団の國井秀紀さんの展示解説は、ともすれば難しさ、とっつきにくさを感じさせてしまう活動の内容と意義を親しみやすく、わかりやすく伝えるものであったと思います。
裏方として支えてくださった方々を含め、関係者各位にはこの場を借りて感謝申し上げます。

「ふくしまの未来へつなぐ、伝える」活動は、原発事故災害の被災地だけではなく、福島県内のどこであっても取り組まなければならない課題です。決して他人事ではありません。
地域の歴史・文化は自分たちの手で護り伝える、それを行政や専門機関、地域の大学が支えていくという、当たり前のようでいて実現の難しいことが、福島県では震災・原発事故災害を機に当たり前の文化として定着していった、後世の人々にそんなふうに評価してもらえるようになるために、これからも連携と発信・共有を続けていきたいと思います。

すでに次のシンポジウムでやりたいことは、頭の中でイメージが膨らみつつあります。
それを実現するためには、また多くの関係者のご理解とご協力が必要です。
そんな意味も含めて、変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。
今回はいつもの専門演習ではなく、2年生のゼミの話です。

行政政策学類では、1年次に教養演習、2年次に法学・地域と行政・社会と文化の3専攻に分かれ、専攻入門科目という演習で学びます。
わたしはこれまで、実習等のノルマで手いっぱいで、1・2年次の演習を担当することはなかったのですが、今年度は初めて2年次の専攻入門科目を担当することになりました。
しかも、後期は徳竹先生という、歴史教員がペアを組む初めての試みです。

半年間のわたしの担当分では、戦国大名伊達氏の分国法『塵芥集』を読んでみることにしました。
せっかくなら身近にある伊達氏ゆかりの地に学生たちを連れていきたいと、地元の文化財担当者にお願いして見学に出かけることにしました。
地元の研究者を紹介するいい機会でもあるので、初めての大学院生であるAちゃんも連れていくことにしました。

朝9時前に福島駅を出発し、まずは桑折西山城へ。
昨日の雨で天気が心配されましたが、幸い曇りで、何とかもってくれそうです。
ご案内は桑折町の井沼さんです。

大手口から大手門跡を経て、本丸へ。

20170514西山・梁川bg (1)

ここで伊達盆地を眼下に眺めながら、伊達氏の歴史桑折西山城について、井沼さんの説明を受けました。

20170514西山・梁川bg (2)

せっかくなので学生たちの集合写真を。

20170514西山・梁川bg (3)

続いて大手門跡に戻り、そこから戊辰戦争時に築かれた台場を見学。

20170514西山・梁川bg (4)

さらに中館・西館へ。
土塁と堀からなる中世の城とはいっても、学生たちにはなかなかイメージしてもらえないだろうなとは思っていましたが、ここでようやく、中館の西館の間につくられた深い堀が登場。といっても、稙宗の時代ではなく、戦国末期にあらたに増築されたものだそうですが…。

土塁を堀底まで降りて、堀底から高くそびえたつ土塁を眺め、さらに反対側の土塁によじ登るのは、城攻めにあたる戦国武士さながら?の経験でした。

20170514西山・梁川bg (5)

20170514西山・梁川bg (6)

さらに進むと、枡形状の虎口へ。
ここもいったん下りてみて、今度は城の外から攻め寄せる戦国武士の気分で?虎口を攻め上ってみました。

20170514西山・梁川bg (7)

20170514西山・梁川bg (8)

20170514西山・梁川bg (9)

西山城から下山し、昼食は「うぶかの郷」にて。
さんざん山歩きした後なので、昼食がさらに美味しく感じられたことでしょう。

20170514西山・梁川bg (10)

20170514西山・梁川bg (11)

続いて伊達郡役所で関連展示を見学し、みんなで記念写真。

20170514西山・梁川bg (12)

今度は一路梁川城へ。ご案内は伊達市の今野さんです。
昨年度まで発掘の行わわれていた小学校跡地にて説明を受けました。

20170514西山・梁川bg (13)

その後、近世になって築かれた大きな土塁や水堀を見学。
途中から案内役が城マニアの井沼さんに代わっていましたが…(笑)。

20170514西山・梁川bg (14)

20170514西山・梁川bg (15)

20170514西山・梁川bg (16)

時間があったので、保原の歴史資料館を見学。
最後は亀岡家住宅の前で集合写真を撮って終了しました。

20170514西山・梁川bg (18)

多くの学生たちにとって、おそらくは初めて見たであろう中世の城跡はどんなふうに感じられたでしょうか。
石垣の近世城郭に比べると、城と言われてもピンとこないかも知れませんが、土塁や堀がよく残っていて、虎口や馬出しなどの特徴や理由がわかってくると、だんだん面白くなってくるものです。
何にせよ、せっかくの日曜日を使っての見学でしたから、大いに楽しんでもらえたのなら幸いです。
井沼さん、今野さん、お世話になりまして有難うございました。またの機会によろしくお願い致します。
3度目となった、春恒例の日帰りゼミ旅行ですが、例年なら5月に行くはずのところ、諸事情により早くも4月に行くことになりました。
今回は、初回と同じ岩手県平泉、言わずと知れた世界文化遺産、奥州藤原氏の浄土文化のまちです。
隔年にしようか、毎年好きなところにしようか迷っていたのですが、圧倒的賛成多数で決まりました(笑)。

2年前の平泉はあいにくの小雨模様でしたが、次第に晴れ間が見え、結局はいい天気に恵まれました。
今回は、数日前から雨の予報、近づくにつれて曇り、当日は曇りのち晴れの予報となっていましたが、どうなるでしょうか…。

予定通り平泉駅で集合し、まずは毛越寺へ。
団体さんの来ない空いているうちに、手っ取り早く集合写真。

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (1)

平泉はちょうど桜の季節だったんですね。しかも街の至る所に咲いています。
福島は半分くらい葉桜になりかけている感じなので、偶然とはいえ、いい時期に来られて、とてもラッキーでした。

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (2)

今年も祈願で鐘をたたく青年が一人。
煩悩にまみれた彼は一心不乱に何を祈願したんでしょう。

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (3)

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (4)

観自在王院跡でも桜を楽しみつつ、平泉文化遺産センターへ。
こちらも桜に魅了され(何をしに行った?)、思わず集合写真を。
もちろん、展示でしっかり予習させていただきました。

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (5)

文化史ゼミの旅行の真骨頂は、とにかく歩きまわること(笑)。
新しい仲間たちも、このゼミ旅行でその洗礼を受けることになりました。

中尊寺の前まで歩いて、各々分かれて昼食へ。
結局は教員、男子、女子の3グループに分かれたみたいですが、学生同士は仲良く楽しくやってたみたいです。
教員はプチ贅沢に前沢牛付きの昼食(・ω・)

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (6)

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (7)

予定通りの時間に再び中尊寺前で集合し、いざ金色堂へ。
団体写真を撮ってもらい(もちろん有料)、あとはしばらく自由散策。
それにしても、相変わらずおみくじの好きな学生たちです。

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (8)

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (9)

高館で景色を堪能したのち、無量光院跡で、福大考古学OBの島原さんと待ち合わせ。

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (10)

ここからは無量光院跡、平泉館(柳の御所)跡をご案内いただきました。
発掘成果に基づく丁寧なご説明をいただき、ありがとうございました。

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (11)

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (12)

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (13)

後輩たちということで、いろいろなアドヴァイスや苦心談もお話しいただきましたが、実はこういう社会人の先輩たちのお話しこそが、生きた学びなんです。
これは公○員講座のようなところでは絶対に学べません。自分独りでどれだけ努力したって、座学では得られない学びです。
こういう話に真摯に耳を傾けて、自分が社会に出るとはどういうことなのか、どういう目的をもって社会に出ようとするのか、今まなんでいることとどう結び付けていくのか、自分なりの受け止め方で活かしてもらいたいと思います。
それはもしかすると、社会人になってからわかることなのかもしれないけれど…。

柳の御所資料館で島原さんとお別れし、どこでgo▽△le mapという文明の利器を使い誤ったのか、めちゃくちゃ遠回りをしてしまい、ぎりぎりセーフで平泉駅で電車に乗れました。
一ノ関駅で解散し、有志で食事へ。
目ぼしいお店はなぜかどこも貸し切り状態で、何とか入れたお店で、食事だけのつもりが結局懇親会に(笑)。
でも、新しい仲間たちととっても濃い(笑)、楽しい交流の時間になってよかったです。
地元のB級グルメらしき一ノ関ハラミも美味しかったです。

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (15)

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (16)

20170421文化史ゼミ旅行@平泉bg (17)

新しい仲間たちにとっては戸惑う場面も少なくなかったかもしれません。
でも、4年生たちの親しみやすさとやさしさ、そしてユーモアに和む場面も多かったと思います。
とりあえずスタートの仲間づくりの第一歩は上々の滑り出しだったので、教員の役割は、今回の旅で新たに生まれた伝説を後世に語り継いでいくことでしょうか(笑)。
もう先週の話になりかけていますが、3連休の日祝という、よく考えてみたら聴講者にも関係者にも迷惑な日程で、全5回のうち最後の4・5回をつとめてきました。

IMG_1773.jpg

特に祝日の午前中はいい天気で、白河に優に10回以上は足を運んでいるのに、初めて(!?)小峰城跡を散策してきました。
東日本大震災の爪痕はまだまだ残っており、いたいたしいものがあります。

20170320小峰城跡bg (4)

20170320小峰城跡bg (2)

20170320小峰城跡bg (1)

20170320小峰城跡bg (3)

この白河サテライト講座、依頼されるまでその存在すら知らなかったというていたらくでしたが、もう十数年続いているのだそうです。
聴講者有志と懇談する機会があったのですが、中には初回からずっと参加されている方もおられるそうです。
毎年さまざまな分野の教員が講師として登壇しているようですが、テーマに関係なく、何でも意欲的に受講されている方が少なくないとのことで、その学習意欲の高さに驚かされます。
白河は大学教育へのニーズが高いということは事前に聞いていましたが、あらためて生涯学習への関心の高さと熱心さに敬服する思いでした。

1回目は中世で地元の結城白河(白川)氏を取り上げ、研究によってどこまで明らかにされているかをお話しさせていただきました。
2・3回目は人間発達の小松先生にご担当いただき、4・5回目をお引き受けしました。
当初の依頼では「歴史とまちづくり」がテーマでしたので、4回目で歴史資料保全活動、5回目では、国見町での経験と実践についてお話しさせていただきました。

IMG_1774.jpg

初回の反応を見ていて、やっぱりオーソドックスな戦国の話がよかったかなといささか後悔していました。
しかし、熱心に聴いてくださった様子や、こちらの期待以上の受け止め方をしてくださったことがアンケートから伝わり、結果的にはやってみてよかったと、胸をなでおろしました。
さらには、授業準備をする中で、自分なりに頭の中を整理し、これから先を進んでいくための自分の立ち位置を確認することができました。
かえっていい勉強の機会を与えていただいたなと、感謝しています。

4・5回目はスライドをふんだんに用意したのですが、いつもよく使っている、相馬市内の一時保管場所での「バケツリレーでの搬入」の写真に登場する学生の一人が、奇遇にも市の担当者の一人となっていました。
その当時、博物館実習を履修していたのですが、自ら参加を申し出てくれました。
行政政策学類のブログにも、当時の様子が書かれています。
彼女はどんな思いで小生の話を聞いてくれたんでしょうか。

奇しくも昨日は卒業式でした。
こうやってゼミ生、縁あって関わった卒業生たちが福島県内の随所で活躍していくことへの期待感とともに、そうした人材育成に関わっていくものとしての責任の重さも痛感しています。
2017.03.25 2016年度卒業式
金曜日の福島は、朝から雪が吹雪いたり、かと思うと眩しいくらいの春の陽気になったりと、変化のめまぐるしい一日でした。

20170324卒業式bg (3)

そんな中、福島大学の卒業式があり、我がゼミもやや予定外(予想外)な事態もありつつ、6回目の卒業生を無事に送り出すことができました。

20170324卒業式bg (2)

20170324卒業式bg (1)

振り返ってみると、1回目は一番の贅沢者(笑)。

2回目は、放っておいてもこれだけしっかり卒論を書いてくれるのが福大生なんだと、指導教員に誤った認識(笑)を植えつけた子たち。

3回目は、実はそうでないのが大半であるという当たり前の現実を前にして、指導が至らなかったことを今でも悔やみ、申し訳なく思っている子たち。

4回目は、妙に子どもっぽくて、おしゃべりで、不思議なくらい仲よくて、今に至る学生たちとの距離感や、卒論指導のかたちを一緒に作ってきた子たち。

5回目は、頼りなくて、涙もろくて、心配ばかりかけさせて、だから卒業した今でも心配な、でも人間的に一番深く付き合ったであろう子たち。

そして6回目。
それぞれがしっかりしている、わりとできる子たちというイメージがあって、でも実はそれぞれ、そうでもなかったという(笑)子たちなのかな。
どこか抜けてたり、甘かったり、ずれてたり、いざというときに頼りなかったり、とか。
でも、そんな人間臭さもコミコミで、やっぱり今年も大切で大好きな卒業生たちとして送り出すことができました。

2016年度ゼミ仲間としての証とともに、あらためて卒業おめでとう。

20170324卒業式bg (4)